長続きするカップルを見習って恋愛をもっと楽しむ5つの方法

長続きするカップルを見習って恋愛をもっと楽しむ5つの方法
せっかく念願かなってお付き合いができたのですから、ずっと「大好き」という気持ちを保ち続けることができる、長続きするカップルになりたいものですよね。

といっても、単にだらだらと年月を重ねてしまうのはただの「腐れ縁」。長続きするカップルは、本人たちに自覚がなくても、ほんの些細な部分にも気を配りあっていますし、常に「楽しいこと」を見つけるのがとっても上手。時に喧嘩をしても、気持ちがすれ違ってもそれすら2人の仲を深めるためのスパイスにしてしまうのです。

そこで今回は、大好きな人と長くお付き合いを続けていたいと願っているあなたのために、長続きするカップルから学びたい、恋愛を今よりもっと楽しむために心がけ続けるべきポイントについてお伝えします。

どんなに仲良くなっても、礼儀をわきまえましょう

「親しき中にも礼儀あり」コレ、とっても大事です!大好きな人が恋人になってくれたからといっても、あなたの所有物になったわけではありませんよね。

なにかしてもらったら「ありがとう」。悪いことをしてしまったら「ごめんなさい」。長続きするカップルは、どんなに年月がたってもきちんと挨拶しあいますし、謝罪や感謝の言葉をきちんと伝えあいます。

いくら心で思っていたって、言葉と態度で表さなくては、相手には届かないのです。あなたを大切に思ってくれる人がいるというのは、当たり前なんかではありません。

長続きするカップルになりたいのなら、「言葉遣い」や「言って良いこと悪いこと」、相手に対する礼節の心は絶対に忘れてはいけません。

 

互いを尊重し、理解しようとする姿勢を持ちましょう

不思議なもので、付き合う前は興味を持って相手の話を聞いたり共感したりしていたのに、恋人になったとたん、手のひらを返したようにダメ出しをしてくる人って、実は男女問わず結構いるものなのです。

誰だって、自分のこだわりや好きなことなどを否定されるのは腹が立つものですよね。長続きするカップルは、どんなに一緒にいる時間が長くなっても、お互いの考えを尊重し、理解しようとする姿勢を保ち続けています。

たとえ互いの価値観が違っていたとしても、頭ごなしに否定するのではなく、きちんと腹を割って話し合うスタイルを崩すことはありません。

長続きするカップルを目指すなら、自分の考えと違うからといって、否定から入るのではなく、まずは相手と向き合い理解しあうように努めましょう。

 

2人で過ごす時間と同じように、1人で過ごす時間も大事にしましょう

例えば趣味や自分磨きなど、相手がいないからこそ費やせる時間というのはあるもの。長続きするカップルは、2人でいる時間と同じように、1人で過ごす時間も有意義に使っています。

適度な距離を保つことで、「相手に対する新鮮さを失わない」「心置きなくリラックスできる時間を作ることができる」「相手の存在を改めて大切だと思える」など、いろいろなメリットが期待できます。お互いに社会生活を送っていれば、否が応でも「離れている時間」はあるものです。

長続きするカップルの秘訣は、その時間をただ相手からの連絡を待ってじりじりと過ごすのではなく、めいっぱい活かすこと。人生を楽しむ人は、相手からも魅力的に映ります。きっとあなたのことを、「手放したくない!」と思うはずですよ。

 

互いの交友関係も大切にする、自立した人間になりましょう

どんなにラブラブでも、四六時中一緒にいればアラが見えてきたり、疲れてきたりします。また、2人がつきあっているからといって、それぞれの対人関係が変わるわけではありません。

「自分以外の異性の連絡先を消すよう強制する」「自分以外の異性と関わることを嫌がる」というのもよく聞く話ですが、これこそ愚の骨頂といえるでしょう。

さらに相手に依存するようになってしまっては、「重い」と思われて2人の間そのものに亀裂が入りかねませんよね。長続きするカップルはちゃんと自立していますし、自立しているからこそ、互いの交友関係に関しても「相手にとって必要なもの」と割り切って見守る余裕を持っています。

相手を不安にさせるような交友関係ならば、話し合いも必要ですが、長続きするカップルほど互いに線引きをきっちりし、相手に不快な思いをさせないよう配慮しながら、自分自身の人間関係も大切にしているのです。

 

あえてイベントごとに乗って、マンネリを打破しましょう

人間、大した変化のない日常を繰り返しているとたいていは飽きてきます。同じようなサイクル、同じようなデートでは、マンネリ化するのも時間の問題ですよね。

その点、長続きするカップルは、2人で過ごす時間にうまく「刺激」を取り入れています。イベントごともその1つ。クリスマスやバレンタインといったベタなイベントにあえて乗っかって楽しんでいますし、お互いの誕生日や記念日を大切にしています。

なにも当日に、大げさなことをする必要はありません。様々な事情で「当日」や「お金をかける」ことが無理なケースも多々あるでしょう。

ですが、2人の都合が合う時に、ちょっとプレゼントをしたり、いつもは行かないような場所に行ってみたりするだけでも十分楽しめます。無理なく「非日常感を取り込む」ことで、長続きするカップルになれますよ。

 

実は、長続きするカップルになるために特別なことをする必要はどこにもありません。「相手を尊重し」「なにかがあればちゃんと話し合い」「お互いの存在にきちんと向き合い」「1人の時間を有意義に過ごせる、自立した人間になる」……対人関係において大切な事柄が、そのまま2人の関係にも当てはまるだけのことなのです。

時にすれ違っても離れても喧嘩をしても、普段からめんどくさがらずにちゃんと話し合い、有言実行で約束をきちんと守ることができれば、長続きするカップルの秘訣はほぼ実行できているも同然です。

あとは、マンネリ化しないように、相手のことを思いやりつつ一緒にいる時間を心から楽しめれば、自然と2人の関係は長く続いていくことでしょう。

まとめ

長続きするカップルになるには

・ どんなに仲良くなっても、礼儀をわきまえましょう
・ 互いを尊重し、理解しようとする姿勢を持ちましょう
・ 2人で過ごす時間と同じように、1人で過ごす時間も大事にしましょう
・ 互いの交友関係も大切にする、自立した人間になりましょう
・ あえてイベントごとに乗って、マンネリを打破しましょう


連記事