ニキビ跡がクレーターになってしまう人が、治すべき7つの悪習慣

ニキビ跡がクレーターになってしまう人が、治すべき7つの悪習慣

ニキビの跡がクレーターのようになってしまい、顔の表面がボコボコになってしまう人前に出るのが恥ずかしくなってしまいますよね。

ニキビ跡がクレーター状になってしまうということは、皮膚組織が死んでしまっている状態で、こうなってしまう再生がとても困難です。では、このような状態にならないためにはどうしたら良いのでしょうか。ニキビ跡がクレーター状になってしまうのには原因があります。そこで今日はニキビ跡がクレーターになってしまう人が、治すべき7つの悪習慣についてお伝えします。



 

ニキビ跡がクレーター状になってしまう人が
治すべき7つの悪習慣

 

ニキビを潰す癖をやめる


ついついやってしまいがちなのが、ニキビを潰すこと。どうしても、ぱんぱんに張ったニキビが格好悪くて、つい潰してしまうという人も多いのではないでしょうか。しかし、ニキビを潰すことほど悪いことはありません。

ニキビを潰すと色素が沈着して、黒ずみが残ってしまいますし、菌が入り込んで悪化したり、跡が消えなくなってしまったりすることがあります。ニキビができてしまったら、できるだけ触らずに治すようにしましょう。

 

過度な洗顔を控える


ニキビを治すためには、清潔にすることが大事です。そのために、何度も顔を洗ったり、過度にこすって洗顔してしまったりしていませんか?実は、過度な洗顔もクレーター状ニキビ跡の原因です。

第一の理由には、洗顔の際にニキビに物理的な刺激を与えてしまうことがあります。よく洗った方が良いのではないかと勘違いして、何度もこすってしまったり摩擦をしすぎたりすると、免疫反応によってさらに悪化してしまうことがあります。

第二の理由は、洗顔しすぎて必要な皮脂まで洗い流してしまい、逆にお肌の調子が悪くなるパターンです。どちらもニキビを気にするあまり、ついやってしまいがちなので、気をつけましょう。

 

ニキビをいじるのをやめる


同様に、洗顔時でなくともニキビをいじるのは言語道断です。清潔でない指でニキビをいじったりしてしまうと、もちろんそこからばい菌が入ってしまい、ニキビの悪化に繋がります。

ニキビが大きくなると跡も消えにくいですし、見た目も格好悪いですね。気になってしまうのはわかりますが、ニキビができてしまったら極力触ったりいじったりするのはやめて、優しい洗顔と清潔に保つことで自然に治るのを待ちましょう。

 

保湿を怠るのもマイナスです


クレーター状ニキビに一見関係なさそうな保湿ですが、実は重要です。特に大人のニキビには保湿が重要で、肌が乾燥してしまうと肌の生まれ変わりリズムが変わってしまいます。そのことが、クレーター状ニキビ跡の原因になるのです。

ですから、洗顔後はしっかり化粧水をつけ、十分に保湿しましょう。この地道なケアが、きれいなお肌に繋がるのです。

 

紫外線のケアを怠る


これからの季節、UVケアもニキビ跡を残さないために重要になってきます。紫外線を浴びすぎることはニキビの原因になりますし、既にあるニキビを悪化させることもあります。しっかりとUVケアをすることが大事です。

しかし、ケア用品を選ぶ際にも注意が必要です。ニキビが出ているときのUVケア用品は、できるだけ油分の少ないものを使うようにし、清潔に紫外線からお肌を守るようにしましょう。

 

栄養の偏った食べ物ばかり摂取するのはNG


甘いものやお菓子、お肉などが大好きな人は多いと思いますが、油分や糖分ばかり摂取していると、ニキビができやすくなってしまいます。ニキビのケアをしたければ、できるだけ過度な摂取を控えるようにしましょう。

また、ニキビをできにくくする食べ物もあります。ビタミンB2が含まれている食べ物を食べると、皮脂の過剰な分泌をおさえてニキビができにくくなります。また、ビタミンB6が含まれている食べ物を食べると、ニキビ跡の原因になるチロシナーゼという成分の活性化を抑えることができ、ニキビ跡が残りにくくなります。

ビタミンB2が多く含まれている食べ物はレバーやはつ、うなぎ、すじこなどで、ビタミンB6が多く含まれている食べ物はにんにく、まぐろ、かつお、レバーなどです。バランスよく食べるようにして、ニキビとニキビ跡を防ぎましょう。

 

清潔にしないのは論外です


最後に紹介するのは最も当たり前な原因、それは清潔にしないことです。例えば、メイクを落とさずにそのまま寝てしまったり、洗顔をしなかったりすると、清潔感が損なわれ、ニキビができやすくなりますし、既にできているニキビは治りにくくなり、ニキビ跡も残りやすくなります。

肌を清潔にしないことは、まったくもって良い結果を導きません。常に肌を清潔に保つようにして、ニキビ跡を残さないようにしましょう。

 

さて、ニキビ跡がクレーター状になってしまう人が治すべき7つの悪習慣をお伝えしました。身に覚えのある人もいたのではないでしょうか。クレーター状のニキビ跡が残ってしまうと、治すことが困難です。できてしまう前から防ぎ、きれいな肌を保ちましょう。

 

今日のまとめ

ニキビ跡がクレーター状になってしまう人が治すべき7つの悪習慣

ニキビを潰すのをやめる
過度な洗顔を控える
ニキビをいじるのをやめる
保湿を怠るのはNG
紫外線のケアを怠るのもNG
栄養の偏った食べ物ばかり摂取しない
清潔にしないのは論外です

1e3a846cb7248b2ac4977a2a536e3e7c