ニキビの芯が気になる人が覚えておくべき7つの知識

ニキビの芯が気になる人が覚えておくべき7つの知識

ニキビには芯があるので知っていますか。ニキビの芯は別名「コメド」と呼ばれ、毛穴につまった脂肪が酸化し固くなった状態のものの事。新陳代謝が遅れたことにより角質層が厚くなってしまい、皮脂と古い角質が混じり合ってできたものです。

ニキビの芯はニキビの初期にできます。ですから、早めに治療すればニキビも悪化せず、ニキビ跡も残る可能性が少ないのです。しかし、当然ながら適切な治療が大切。そこで今日はニキビの芯が気になる人が覚えておくべき7つの知識についてお伝えします。



 

ニキビの芯が気になる人が
覚えておくべき7つの知識

 

白ニキビと赤ニキビの違い


表面に白く膿や芯がはっきりと出てきたニキビを白ニキビと言います。白ニキビは毛穴に皮脂が詰まった状態のものです。

これに対し、赤ニキビはニキビが進行して、赤く炎症を起こしている状態です。ニキビの膿や芯が表面に出ていないため、ニキビの芯を出そうとしてもニキビが悪化するだけなので、赤ニキビの状態のときにニキビを押し出すことは絶対にしないようにしましょう。

 

ニキビの芯出しをしていい場合


ニキビの芯出しをしていい状態とは、ニキビの膿や芯が表面に現れ、表面が白くなっている白ニキビのときと、詰まった皮脂が酸化して黒くなった状態の黒ニキビのときのみです。炎症を起こしている赤ニキビの状態では、決して潰してはいけません。

ニキビが気になるからといって、しょっちゅう触ったり引っ掻いたりしていては、雑菌が入りやすくなり肌を傷めるだけです。

 

早期治療が有効


すでにお伝えしましたが、ニキビの芯はニキビの初期段階にできます。ニキビが炎症を起こしていない状態かどうかを見極めてから、適切な方法で芯出しを行うことが大切です。

その方法については、自分で行う場合と医療機関で処置してもらう場合がありますが、いずれにしてもニキビが悪化しないうちに早期治療することが、ニキビ跡を残さないためにも有効です。

 

芯出しは爪で行わない


自分で芯出しをする場合、爪で押し出すようなことは絶対にしないでください。爪にはばい菌が多いので、直接触れると悪化させる恐れがあります。できれば綿棒などの道具を使うのがおすすめです。

お風呂上がりなど、皮膚が清潔な状態で柔らかくなっているときが芯出しのベストタイミングです。綿棒を使ってはさむようにやさしく押し出してみましょう。ただし、これはニキビの芯が比較的取りやすい状態のときに限ります。

 

面皰圧子を使う


綿棒でも難しいと感じる方は、面皰圧子というニキビ取り専用の器具を使って芯出ししてみるのも1つの手です。ただし、面皰圧子を使ってニキビの芯を取り出せるのは、ニキビの芯が表面に出ているときに限られます。

やり方としては、器具をニキビに押し当てる→ニキビを押し出す感じで動かす→白い芯が押し出されてくる→そうしたら、ピンセットで芯を取る→取り去った部分に軟膏を塗る、で終了です。

すべての作業に道具を使うので、衛生面では安心と言えるでしょう。道具を使うのは、雑菌が入らないという点でおすすめですが、無理は禁物です。

 

ニキビ芯を取り出しても安心とは言えない


ニキビ芯がなくなったからといって、ニキビ跡が絶対にできない、色素沈着しないとは言い切れません。

また、処置の仕方によってはニキビ菌の増殖につながることもあるので、より早く良い状態にしたいという方は、専門の医療機関に相談して治療するのが安心です。その場合もなるべく早めに受診することをおすすめします。より早い治療がより良い状態への回復につながります。

 

最終手段は皮膚科


皮膚科によっては、ニキビの芯を出す治療を行っているところもあります。レーザーを使ってニキビの芯を取り出すので、化膿する心配が少なく、ニキビ跡や色素沈着の可能性も低いことが特徴です。自分では手に負えないと感じたら、皮膚科で処置してもらうのがよいでしょう。

いきなり受診するのが不安な方は、まず電話で相談してみるのはいかがでしょうか。どんな治療を行うのかを理解して、十分に納得してから治療してもらうのが最善策です。

 

いかがでしたか。ニキビの芯出しは正しく行わないと、跡が残ったり後々炎症を起こしたりすることがあります。いくら気になっても、爪で引っ掻いたり押し出したりしてしまうことは避けましょう。後悔することになりかねません。大切なのは早めに処置すること。お肌の将来のためにも、正しい処置を行いましょう。

今日のまとめ

ニキビの芯についての知識

・白ニキビと赤ニキビの違い
・ニキビの芯出しをしても良い場合がある
・早期治療が有効
・芯出しは爪で行わない
・面皰圧子を使う方法がある
・ニキビ芯を取り出しても安心とは言えない
・最終手段は皮膚科

1e3a846cb7248b2ac4977a2a536e3e7c