大人ニキビの原因と対策、今すぐ見直すべき7つの生活習慣

大人ニキビの原因と対策、今すぐ見直すべき7つの生活習慣

20代以降に出来るニキビは大人ニキビと言われ、思春期に出来るニキビと比べ、原因もつかみにくく、治りにくいうえに、跡になりやすいのが特徴です。また大人ニキビは再発しやすく、放っておくとそのままシミとなってしまう可能性があるため、きちんとケアをする必要があります。

思春期に出来るニキビは過剰な皮脂の分泌が原因とはっきりしていますが、大人ニキビが出来る原因はホルモンバランスの乱れやストレス、内臓疾患など様々です。

スキンケアを行っていてもできてしまう大人ニキビは、普段の生活習慣が原因かもしれません。大人ニキビに悩まないためにも原因をしっかり把握し、正しいケアをしながら予防しましょう。では今から大人ニキビができやすい生活習慣をお伝えしますので早速ご覧ください。



 

大人ニキビの原因と対策
今すぐ見直すべき7つの生活習慣

 

不規則な生活は今すぐやめよう


不規則な生活が体に与える影響は深刻です。

不規則な生活を続けていると自律神経が乱れ、ホルモンバランスの乱れを引き起こし、男性ホルモンが多く分泌されます。男性ホルモンが多く分泌されると皮脂の分泌量が増え、大人ニキビの原因となります。

毎朝定時に起きて、決まった時間に寝ることが大切ですが、深夜の業務がある人や不定期な勤務になってしまう人にとっては難しいかもしれません。どうしても不規則な生活になってしまう人は、決まった時間に食事をとることと同じ長さの睡眠時間をとることを心がけましょう。

これを毎日繰り返すことで、体をその生活リズムに慣らしていくようにしましょう。

 

睡眠不足は大きな要因です


大人ニキビの原因の一つに睡眠は大きく関わっています。

睡眠中に成長ホルモンという細胞の再生を促す物質が大量に分泌されていて、このホルモンが肌細胞を活発に作り出しています。睡眠不足になることで成長ホルモンの分泌が低下し、新陳代謝も低下してしまうため肌のターンオーバーが乱れてしまいます。

すると古い角質がうまくはがれ落ちずに毛穴の周辺に溜まり、出口を塞いでしまうため大人ニキビができてしまうのです。新しい肌細胞が活発に作られるのは夜10時〜午前2時と言われていますので、この時間に睡眠をとるように心がけましょう。

仕事などの関係で夜10時までになるのは難しい場合は、遅くても午前0時までには寝るようにすれば肌へのダメージを受けることはないようです。また質の良い睡眠のために就寝前は食事を控え、ハーブティーやホットミルクなどを飲み、リラックスした状態で眠りにつくようにしましょう。

 

偏った食事、していませんか?


毎日の食事の栄養バランスは、大人ニキビにとって非常に大事な要素です。

好き嫌いが多く同じ物ばかり食べていたり、インスタント食品や外食が多い、間食に甘いお菓子やスナック菓子を食べることが多いなど、偏った食事は肌に必要な栄養が行き渡らなくなってしまいます。

このような食事が続いてしまうと肌のバリア機能が低下し、乾燥肌や脂性肌になってしまい、大人ニキビができる原因を作ってしまいます。
また乱れた食生活は便秘を引き起こしてしまい、これが原因で大人ニキビができてしまうこともあります。

大人ニキビができる前に、まず食生活を見直してみましょう。脂質と糖質の多い食事は皮脂の分泌が盛んになるため、大人ニキビの原因になります。

細胞の再生を助けるビタミンB群や皮膚を正常に保つビタミンA、コラーゲンの生成に必要なビタミンCなどを積極的に食事に取り入れ、栄養バランスの良い食事を心がけましょう。

 

ストレスは溜め込まないこと!


大人ニキビにはストレスも大敵です。ストレスを感じると脳が危機感を覚え、危機から自分を守るためにホルモンを分泌します。

その中の男性ホルモンが皮脂の分泌を過剰し、肌の新陳代謝を崩すため毛穴の角質が厚くなり、毛穴が詰まりやすくなってしまいます。またストレスが溜まることで体内に活性酸素が発生し、免疫量を低下させます。

そうなることでニキビの原因であるアクネ菌を増殖してしまい、大人ニキビが化膿してしまうこともあります。なかなかストレスのない生活をすることは難しいですが、好きな音楽や映画を楽しんだり、友人と食事に行くなど自分に適した解消法でストレスを溜めないように気をつけましょう。

また肉体的な疲労もストレスの原因になりますので、休息をしっかりとって心と体を休めるようにしましょう。

 

喫煙や飲酒は控えめに。


喫煙や飲酒は大人ニキビを誘発・悪化させる要因と言われています。

特にタバコは大人ニキビにとって悪いことだらけです。

タバコの煙には有害物質が多く含まれていて、これが血管を収縮させて血行を阻害します。そのため細胞に運ばれる酸素が不足気味になり、肌の新陳代謝などに大きな影響を与えます。また肌の老化などの原因となる活性酸素も大量に発生させます。

他にもタバコは肌の健康に必要なビタミンを消費してしまいます。喫煙は大人ニキビの原因になるだけではなく、ガンや動脈硬化などの病気を引き起こす可能性があるため、禁煙を心がけましょう。

飲酒は適量なら問題はありません。適度な飲酒は血行を促進させ、新陳代謝を活発にしてくれますが、過度の飲酒はアルコールを分解するためにビタミンを消費します。

ビタミン不足は肌に悪影響を及ぼしますので、飲酒は適量を。そして毎日飲まないようにしましょう。

 

間違ったスキンケアを見直そう/strong>


大人ニキビを改善させるために、いくらケアをしても良くならない場合は、スキンケア方法が間違っているかもしれません。間違ったスキンケアの代表的なものが洗顔方法です。

大人ニキビの原因にもなる余分な皮脂を落とそうと1日に何度も洗顔してしまう人もいますが、洗いすぎは肌を守る皮脂まで洗い流してしまい、肌バリアを弱めてしまい、大人ニキビが出来やすい状態を作ってしまいます。またすすぎが不十分ですと、汚れや古い角質が残ってしまい、これも大人ニキビの原因となります。

他にも洗浄力の強すぎる洗顔料や油分の強いスキンケア商品なども、大人ニキビが出来やすくなる原因です。大人ニキビを改善・予防をするためには、正しい洗顔方法と自分にあったスキンケア商品で正しくケアしていくことが大切です。

 

掃除・洗濯!きれいな環境で過ごしましょう


大人ニキビの原因は生活環境の中にも潜んでいます。

掃除や洗濯が滞ってしまうと、身の回りのものに雑菌がついてしまい、大人ニキビが悪化してしまうことがあります。特に注意したいのが、寝具やタオルなどの肌に直接触れるものです。

これらを不衛生にしてしまうと皮膚をエサとする雑菌が繁殖してしまい、せっかくきれいにした肌にまた付着し、大人ニキビを悪化させます。

掃除をさぼってしまうとほこりが溜まってしまい、それが肌の余分な皮脂を混ざり合い、毛穴を塞ぐことで大人ニキビの原因になります。正しいケアをしても大人ニキビがなかなか改善されない場合は、これらの身の回りの物を清潔にしてみましょう。

女性の場合は、メイク用品も定期的に洗うことが大切です。

また洗濯機も洗濯槽の裏側にカビが生えやすいので、使用後は蓋を空けて乾燥させ、たまには専用のクリーナーでカビ退治をしておくことも必要です。

 

いかがででしょう。これらの生活習慣は大人ニキビを誘発・悪化させるだけではなく、美容や健康のためにも良くない習慣です。思春期の頃にニキビに悩まされなかった人でも、これらの習慣に当てはまるところがあれば大人ニキビが出来てしまう可能性があります。

大人ニキビが出来てしまったら、何が原因なのかを見極めるためにも自分の生活スタイルを振り返ってみましょう。また肌は内蔵の鏡と言われるように、内蔵系の不調も大人ニキビとして現れます。

これらの生活習慣に心当たりがないのに大人ニキビが出来てしまう人は、内臓疾患の可能性もありますので、医師の診察を受けるようにしましょう。生活習慣と肌の関係は、非常に密接です。

大人ニキビを治すためには、これらの生活習慣を改善し、自分にあったスキンケア商品を使うようにしましょう。

 

今日のまとめ

大人ニキビの原因になる

・不規則な生活は今すぐやめよう
・睡眠不足は大きな要因です
・偏った食事、していませんか?
・ストレスは溜め込まないこと!
・喫煙や飲酒は控えめに。
・間違ったスキンケアを見直そう
・掃除・洗濯!きれいな環境で過ごしましょう

1e3a846cb7248b2ac4977a2a536e3e7c