「性格悪い」と思われないために、気をつけるべきポイント

「性格悪い」と思われないために、気をつけるべきポイント
「性格悪い」というレッテルが貼られるのは、本当に性根が腐った我儘な人ばかりではありません。実際には性格が悪くなくても、日常のふとした癖のせいでイメージダウンを引き起こすことは結構頻繁にあるのです。

普段何気なくしている言動やたたずまいが周りからの評判に影響しているとしたら、恐ろしいですよね。もちろん「他人からどう思われようと気にしない」という考え方もありますが、長い人生味方は多ければ多いほど良いものです。ささいな失敗で敵を作るのは賢い生き方とは言えません。

そこで、「性格悪い」と思われがちな5つの特徴について解説します。ちょっとでも当てはまっているなと感じたら、今日からでも気をつけて改善しましょう。みんなからの反応が変わってくるのを実感できるはずです。では、気をつけるべきポイントを5つお伝えします。



 

「性格悪い」と思われないために、
気をつけるべきポイント

 

「性格悪い」と思われないために:1.挨拶をきちんとする


幼稚園や小学校ではきちんと挨拶をすることを徹底的に教えられますが、その理由は挨拶が基本的コミュニケーションの要だから。それなのに、これだけ丁寧に教えられても挨拶をしっかりできる大人はほとんどいません。

しかし、職場に限らず社会では挨拶のできない大人は社会人として認められないだけでなく、「いけ好かない奴だ」という評価までされてしまうことになります。このような評判を覆すためにも、まずははっきりとした声で明るく挨拶をできるようになりましょう。

 

「性格悪い」と思われないために:2.笑顔を見せること


笑顔がなく、いつも不機嫌そうな表情をしている人に近づきたいと思う人はいません。ニヒルな表情が魅力的な人だったら良いのかもしれませんが、その境地に近づくのはなかなか大変です。下手をすると「あいつ、格好つけているけれど空ぶっているな」と思われることもあります。

やはり、明るい笑顔を振りまくことのできる人はどこに行っても人気者になります。それに、いつも笑っていればネガティブなものから身を遠ざけ、良いものだけを引き寄せることができるのです。普段から鏡を相手に自然な笑顔の練習をしておくと良いでしょう。

 

「性格悪い」と思われないために:3.言葉遣いに注意を


挨拶、笑顔に続き「性格悪い」と思われないために気をつけたいポイントに、「言葉遣い」があります。日本では言葉に言霊が宿ると言われているように、言葉は対人関係においても絶大な働きをするのです。「何を言われたか」ではなく「どのように言われたか」に意識が集中することも少なくありません。

そのため、普段から口汚く話している人にはあまり良い印象を持たれず、「この人は性格悪いな」と感じられがちになってしまうでしょう。さらに教養のなさも感じられ、「お里が知れる」と思われることもあります。

逆に、丁寧な口のきき方を自然にできる人の好感度は高いです。生きるためのスキルとしては持っていて損がないものですので、今のうちに練習しておきましょう。

 

「性格悪い」と思われないために:4.人の悪口や愚痴を言わない


生きている以上、嫌な人に出会って不満を言いたくなるときもありますし、わーっと悪口を言えば気分がスッキリします。しかし、やりすぎると自分の心まで荒んできて、もっともっと鬱憤を晴らしたいという悪循環に陥ることはありませんか?

そう、悪口や愚痴も度を過ぎると自分にとって毒なのです。また、聞いている方は「この人は不満ばかり言って、性格が悪いんだな」と思ってしまうでしょう。

「性格悪い」レッテルを貼られないためにも、またもっとポジティブに生きるためにも、人の悪口や愚痴は避けてください。最初はつらいかもしれませんが、覚悟を決めてそうした感情を手放せば日々を心穏やかに過ごせるようになっていきます。

 

「性格悪い」と思われないために:5.自慢ばかりしない


努力が実を結び素晴らしい結果をもたらすと、ついつい人に自慢したくなるものです。しかし、自慢もある程度なら許容範囲なのですが、度を過ぎると「あの人は鼻持ちならない、自慢ばかりして性格が悪い」と思われてしまうことがあります。

成功すればだれでも嬉しいものですが、それは自分一人だけで成したものではないと理解しましょう。だれかの協力があってこその成功なのです。

さらに、自分の成功についてばかり話すのではなく相手の言うことも聞き、相手が困っていれば助けの手を差し伸べてあげてください。多少自慢はするにしても、それだけでだいぶ印象が変わってきます。

 

「性格悪い」と思われないための5つのポイント、いかがだったでしょうか。

挨拶をする、笑顔を見せる、言葉遣いに気をつけるなど社会生活においては常識とされているものは多いですが、完璧に実践できる人はなかなか少ないものです。しかし、これらがきちんとできないのでは社会人としての素質を疑われると同時に「性格が悪い」との評価も受けてしまいます。

また、人の悪口や自慢ばかりを言う人も好感度が高くありません。ネガティブな話しかせず、たまに良い話をしたと思ったら自慢だったという人には誰も近づきたくないのです。

心当たりがあるなら、今日からでも「性格悪い」習慣を変えていきましょう。周りからの評価が良くなるだけでなく、自分の心も軽やかになっていくのが実感できます。

 

まとめ

「性格悪い」と思われないために、今から気をつけたい5つのポイントとは?

・明るい挨拶で周りをハッピーに
・無愛想だと性格悪いと思われる
・言葉遣いを正して性格ブスを卒業!
・性格が良いと思われたいなら悪口や愚痴はNG
・自慢ばかりせず、謙虚な聞き役もすること

1e3a846cb7248b2ac4977a2a536e3e7c