仕事ができない自分を変える、ビジネスマインド構築術

仕事ができない自分を変える、ビジネスマインド構築術

仕事ができないという悩みは、誰しもが仕事を始めたときに抱く悩みです。人は仕事ができないという苦い経験を経て仕事ができるようになっていくのですが、この過程を乗り越えるまでが今後を左右していきます。

失敗をしなければ成長はしないといわれているように、仕事はできなくて当たり前なのです。はじめから仕事ができている人というのは、よほど高いビジネスマインドを持ち続けて行動し実践する人物でない限り見つけ出すのも難しいといえます。

仕事ができない自分をどのように変えていけば、仕事ができる自分になれるのでしょうか。自分自身も納得できるビジネスマインドを築き上げていけば怖いものはありません。ということで今回は仕事ができない自分を変えるコツをお伝えします。



 

仕事ができない自分を変える、
ビジネスマインド構築術

 

仕事ができないと落ち込む前に具体的にどんな仕事ができるようになりたいのか目標を立てる


仕事ができないと悩むとういことは、なにか自分自身に思い当たる節があるから悩んでいるのでしょう。では、具体的に仕事の「なに」ができないのでしょうか。この質問を投げかけると大半の方はすぐ言葉が出てこなくなります。

ポイントを絞ってこの仕事のココができないんだという自己分析ができていないため、総合的に仕事ができないと自分自身で枠組みを作ってしまっているのです。周りから仕事ができないと指摘された場合は特にこの傾向が強く現れます。

‭どの仕事がどれくらいできるようになれば良いのでしょうか。すると自分が何をすべきか自然と見えてくるのです。同じことを繰り返さないためにもまずは細かく目標を立てることから始めましょう。‬

 

仕事ができないからと開き直らず自分と向き合う姿勢を持つ


仕事ができない時、どのように克服していくかが課題になりますよね。ここでなぜ仕事ができないのかを考えることが必要となるでしょう。これは簡単にまとめてしまえば「やる気」の問題なのですが、この「やる気」で周りの人間関係も左右することに発展していきます。

大げさすぎて馬鹿馬鹿しいと思ったあなたは仕事ができないままでしょう。どうせ仕事ができないからとあぐらをかいている時間などありません。一度自分自身に問いかけてみてください。仕事ができないから仕事がつまらないし人間関係も面白くないのです。

仕事ができるようになるには気持ちの切り替えも必要です。仕事ができないからとりあえずできるようにしておきたいというのでは、周囲を納得させるだけの能力を発揮させることもできませんし、気持ちが態度に表れて中途半端なビジネスマインドがあなたの中で構築されてしまうでしょう。

 

仕事ができないならすべてメモをとり再度復習を繰り返す


仕事ができない理由は人それぞれですが、仕事ができない人ほどパニックにも陥りやすいものです。人の話を聞いていても自分なりの誤った解釈をしてしまう傾向があったり、仕事の優先順位が違っていたりなど仕事ができないと自分で納得していながらも自己判断をしてしまうという悪い習性を持っています。

新人の頃でしたらいくらでも聞けば教えてくれたのに、ある程度年数がすぎると周りに聞いてもなかなか教えてもらえる機会は大幅に減少していきます。どのように聞いたらよいのかわからないという人も多いでしょう。この根本的な解決方法が「メモ書き」です。メモにすべて記しておくことでいざというときに役に立ちます。

メモをその場でとり休憩時間など隙間時間で復習しておくだけで効果は俄然と表れてくるでしょう。恥ずかしがらずに細かくメモで残しておきましょう。

 

仕事ができないときほど周りをよくみる


自分で仕事ができないと感じるときほど孤独を感じることはありません。仕事ができないという根本的な原因が解決できない限り消えることはないでしょう。仕事ができないと感じているときは、少なからず周りも同じような感情を抱いています。気まずい状態で仕事をしていても決して良い結果は生まれませんし、仕事はできないままです。

年齢もバラバラな職場の人間関係ほど難しいことはありません。周囲が仕事があなたに何を求めているのかを知ることが大事です。ささいなことでもコミュニケーションは大切にしてください。どうせ自分は仕事ができないから・・・と孤立ばかりしていては、必要最低限の情報までも伝わらなくなってしまいます。

常に自分から接してコミュニケーションをとることがビジネスマインドを磨くためのスキルになるでしょう。

 

いかがでしたでしょうか。

仕事ができないと後ろ向きに考えてしまいがちですが、仕事ができない時こそ自分を変える最大のチャンスです。仕事は知識や経験、人間関係が積み上げられて一つの形となり成長していきます。ビジネスマインドを常に磨いていこうという向上心が、仕事ができないという悩みから解放されて仕事に対しての意識がプラスに作用されるでしょう。

仕事で失敗してしまった時は、必ず反省をし同じミスを二度と繰り返さないという意識を強く持つことも必要です。仕事ができないと落ち込んでいる時間はありません。仕事ができる人は気持ちの切り替えも見えないところでの努力をしているものです。努力をしたつもりでは成果はついてきません。仕事ができないと悩んでいるうちはまだまだ伸びしろが残っている証です。

一人で悩まずサポートをしてくれる上司や先輩からアドバイスをもらうとさらに見えてくるものが明確になることでしょう。身近な人の経験はとても勉強になります。周りの意見もしっかりと胸に刻み、仕事ができない自分から仕事ができる自分へ成長していきましょう。

 

まとめ

仕事ができない自分は今日でおしまい!ビジネスマインドを磨いてできる自分に!

・どの仕事ができないのかを明確に知って具体的な目標を立てましょう!
・仕事ができないと開き直っても良いことはありません。態度に出てしまう前に自分自身と向き合いましょう!
・仕事ができないならば逐一メモをとり、復習をしましょう!意欲のある人は吸収力も倍です!
・仕事ができないときほど周囲をよくみて行動しましょう!孤立しても得られるものはありません!

1e3a846cb7248b2ac4977a2a536e3e7c