誠実な告白の仕方を学んで、好きな人を落とす方法

誠実な告白の仕方を学んで、好きな人を落とす方法
好きな人を落とす方法には、直球勝負から結婚詐欺師の手練手管まで色々ありますが、できれば誠実な方法で好きな人を落としたいですよね。

フラれたくないから、相手に断られないようにあの手この手の作戦を練ったり、歯の浮くようなセリフやプレゼントで相手の気を引くのももちろんよいですが、最後の最後は歯の浮くようなセリフもプレゼントもなしの誠実な告白をするのがよいです。

嘘を言えば嘘で返されるし、誠実さを出せば相手も誠意をもって向き合ってくれる、男女の関係ってそんなものですよね。

ということで、今回は誠実な告白の仕方を学んで、好きな人を落とす方法をお伝えします。好きな人に告白したい方はもちろん、フラれたくないのと誠実さを見せたいの狭間で悩んでいる方、ぜひ参考にしてください。

 

誠実な告白の仕方を学んで、
好きな人を落とす方法

 

SNSや電話ではなく面と向かって「好き」と伝えること

好きな人を落とす方法で一番大切なことは、告白する勇気を持つことです。それも、SNSや電話での告白ではなく、好きな人ときちんと向き合って「好きです。付き合ってください」と言う勇気です。

好きな人に告白したいけど、面と向かって告白するのは緊張するしフラれそうでこわい、だからSNSで「好き」とメッセージを送る、これでは好きな人に誠実さは伝わりません。

告白ですから、そりゃあフラれることもあります。また、好きな人の前で緊張した結果、舌をかんだり挙動不審になることもあるでしょう。

しかし、無様な自分を晒すことから逃げているうちは、好きな人を落とすことはできません。好きな人を落とす方法とは、相手にかっこいい・かわいい自分を見せるのではなく、無様でかっこ悪いけど一生懸命な姿を見せることですよ。

 

お酒の力を借りないこと

相手を酔わせたうえで告白するのは誠実な告白ではありません。好きな人を落とす方法でお酒の力を借りるのも全くだめではありませんが、少なくとも、相手を酔わせたうえで告白したり付き合ったことにしてしまうのはだめですよ。

告白する勇気を持つ、緊張を和らげるために告白する前にお酒を飲むのは、人によっては必要でしょう。しかし、これも泥酔するほど飲んではだめ!お酒の力を借りて告白したということが相手にばれない程度の量におさえておきましょう。

告白しやすい雰囲気を作るためのお酒もありますよね。おしゃれなバーやレストランで告白するのは素敵ですし、場の雰囲気に流されて相手もうっかりOKしてくれるかもしれません。お酒の力を借りるとき、お酒はあくまでサポート役!酔った勢いでどうこうしようというのはやめてくださいね。

 

弱っている相手に付け込まないこと

好きな人が失恋した、彼氏と別れた、失恋で元気がないというとき、あなたにとっては絶好のチャンス到来ですよね。好きな人を落とす方法でも、好きな人が弱っているときにアタックするのは常套手段の一つです。

しかし、好きな人が弱っているときに付け込んで告白するのは、誠実な告白とはいえません。弱っている相手を慰めたり話を聞いてあげていい人アピールをするのはよいですが、告白はもう少し待って、相手があなたのことを好きかどうかを冷静に考えられるようになってから告白するようにしましょう。

冷静になった分、告白してフラれる可能性も高くなります。しかし、弱って自暴自棄になっている相手と付き合うのは、相手にとってはもちろんあなたのためにもなりません。結局、傷つくのはあなた自身かもしれないので、好きな人が恋人と別れても「チャンス到来!」と焦らず、まずは好きな人との関係づくりから始めましょう。

 

メリットをぶら下げて相手を釣ろうとすること

「僕と付き合ったらこんなにいいことがあるよ」「僕の実家はお金持ちだし、結婚したら僕の両親が家を建ててくれるって言っているし」というように、自分と付き合うメリットで好きな人の気を引くことは悪いことではありませんが、相手によっては「何、こいつ。私が金で釣られるような安い女だと思っているの」と反感を持たれてしまうこともあります。

あなたの愛情を疑われてしまうので、自分と付き合うメリットやお金持ちの実家で相手にアピールするのは好きな人を落とす落とす方法としては得策ではありません。

付き合っているうちは、実家や両親の力ではなく、誠実さで相手にアピールしましょう。「実家がお金持ち」よりも「君のためならこんなに仕事をがんばれる」という方が、好きな人の心に響くはずです。

 

告白に保険をかけないこと

「君以外にも女友達はいっぱいいるし」「全然本気じゃない、遊びで付き合おうって言っただけじゃん」というように、「フラれても傷ついていません」アピールをしたり、「君のことは本気じゃない」というスタンスで告白するのは、フラれたときに自分が傷つかないためには有効ですが、相手には誠実さは伝わりません。

本気なのか遊びなのか分からない告白では好きな人を落とすことはできないので、告白するなら「本気で君と付き合いたいんだ」と相手にきちんと伝えましょう。

 

いかがでしたか。以上が、誠実な告白の仕方を学んで、好きな人を落とす方法でした。好きな人を落とす方法では、直球勝負・真っ向勝負が大切です。電話やSNS、お酒に逃げたりせず、相手と正面からきちんと向き合って「好き」と伝えてください。

また、相手がフラれたり好きな人と別れたりして弱っているときに告白したり、貧乏な相手にお金をちらつかせて告白するのも、好きな人を落とす方法としては効果的ですが誠実な告白とはいえません。相手の弱みに付け込むのではなく、無様な自分やかっこ悪い自分を晒す勇気を持って告白してください。

「フラれても別にいい」「本気じゃない」というように、告白に保険をかけたり、相手に「本気じゃないもん」と言いながら告白するのもだめ!これでは好きな人を落とすことはできません。好きな人に告白するときは、当たって砕けてもいいから好きだと言いたい!付き合いたいんだという気持ちを相手に伝えることが大切です。

まとめ

誠実な告白の仕方を学んで好きな人を落とすためには

・ SNSや電話ではなく面と向かって「好き」と伝えること
・ お酒の力を借りないこと
・ 弱っている相手に付け込まないこと
・ メリットをぶら下げて相手を釣ろうとすること
・ 告白に保険をかけないこと


連記事