恋人との倦怠期をうまく乗り越える5つの秘策

恋人との倦怠期をうまく乗り越える5つの秘策
恋人との倦怠期は恋愛をしているのなら遅かれ早かれ誰もが経験するものですよね。自分と恋人には倦怠期は来ないはずと思えるほど恋愛のスタートはロマンチックだったのに…いつの間にこんな関係になってしまったんだろうと悲しくなることもあるかもしれません。

しかしそんな恋人との倦怠期をうまく乗り越えるための秘策があるとしたらこの恋愛をダメだと諦める前に是非試したいものです。もしかするとあまりにも長い時間を一緒に過ごしすぎて、一緒にいれることへの感謝の気持ちを失っているだけなのかもしれません。

別に恋人のことを嫌いになったわけではないしどちらかというと好きなのに何だか関係が上手くいっていない、気分が高揚しないという悩みを持っている人もいることでしょう。そこでそんな人々のために今回は恋人との倦怠期をうまく乗り越える5つの秘策をお伝えします。



 

恋人との倦怠期を
うまく乗り越える5つの秘策

 

倦怠期を交際が安定してきた証拠としてプラスに捉える


恋人との倦怠期を経験することで過度の不安を抱えたり、もう二人の関係は続かないのでは…と考える人がいますよね。

確かに倦怠期をうまく乗り越えることができずに二人の気持ちが冷めていってしまうならそのまま交際が終わってしまうこともあり得ますが、その倦怠期に対するマイナスのイメージが心の負担となり関係修復への努力が裏目に出ることがあります。

そこで恋人との倦怠期をあってはならないマイナスのものとして考えるのではなく、長年連れ添ってきたからこその形であると大らかに受け止めるようにしましょう。

マンネリとも言いますが、それは二人でいることが自然になってきた、または落ち着いたカップルになってきた証拠だと捉えることから対処を始めましょう。一気に心が楽になりますよ。

 

恋人に対する感謝の気持ちを温める


恋人との倦怠期をどうにかして乗り越えたい、その気持ちがあるのならまだ間に合います。オススメできる秘策として恋人に対する感謝の気持ちを温める事があります。

前述の通り、倦怠期や、マンネリを感じるカップルは一緒にいる時間が長くなってきて互いの存在が当たり前になっている状態とも言えます。

そこでその当たり前の気持ちを、有り難いという気持ちに変換していくために恋人に対して、または恋人との交際に対して感謝できるなと思えることを書き出してみましょう。

出会った頃のエピソードなども思い出しながら恋人へのありがとうを探せると良いですね。そうすることで二人でいられる事がどんなに幸せなことなのか、どれほど大切な存在だったのかを改めて感じることができますよ。

 

二人で初めての事にチャレンジする


恋人との倦怠期をうまく乗り越えるための秘策、次の点は二人にとって初めての事に一緒にチャレンジすること。いつものルーティン、いつものデートや生活では恋人と一緒にいることが当たり前過ぎて何のドキドキやワクワクも感じなくなっているのかもしれません。

そんな時、お互いに初めてで要領が分からないことを行うと自然と笑みがこぼれますし、助け合いの気持ちも出てきますよね。

二人で協力して何か一つの事にチャレンジすることは、改めて自分達の息が合っていることや一緒にいることの楽しさなどを思い出させてくれるはず。マリンスポーツで体を動かしたり、陶芸などの物作りもオススメ。次のお休みに一緒に出かけてみましょう。

 

一人の時間を充実させる


恋人との倦怠期をうまく乗り越えたいという気持ちが先行すると、あまり互いの気持ちは乗っていないのに二人でいる時間を増やしてみたり、そのせいでギクシャクした時間が流れたり…と悪循環に陥りがち。

そこで恋人との倦怠期を迎えた際には思い切ってそれぞれの時間も作るようにしましょう。それぞれに友達と過ごす時間や自分の趣味のための時間を充実させることで気持ちがリフレッシュされること間違いなし。

気が付けば、友達と過ごしている時にも「今度はここに恋人と来たいな」なんて恋人のことを考え出すということもあるかもしれません。

それぞれが充実した生活を送ることでメリハリのあるキラキラした相手の姿を見ることができもう一度恋人の良いところを再確認できますよ。

 

穏やかに話し合って互いの気持ちを確かめる


恋人との倦怠期をうまく乗り越えるために最後にオススメすることは話し合い。とてもシンプルに聞こえますが多くのカップルが経験しているように穏やかに互いの気持ちを確かめ合うことは難しいことなのです。

倦怠期だからこそ、不安な気持ちを全面にぶつけてしまったり、喧嘩をするつもりはなかったのに気が付いたら言い合いになっていたり…。そこで話すべき時をまずは選んで穏やかに話しましょう。

「話し合いスタート」という雰囲気ではなく二人ともリラックスしている時に自然と自分の気持ちを伝えるのがベスト。直してほしいところを言い放つのではなく、日頃の感謝や相手への気持ちを素直に伝えるようにしましょう。倦怠期だと思っていたのはただ心にある互いへの愛情を伝えていなかっただけということもあり得ますよ。

 

いかがでしたか。

恋人との倦怠期を経験する時、まさか私たちが…とマイナスの気持ちに包まれるかもしれません。そう感じるのはごく自然なことですが、その大切な関係をより良いものとしていくために積極的な気持ちを持って乗り越えるようにしたいですよね。

今回お伝えしたように恋人への感謝の気持ちを持つことやそれを実際に言葉で伝えること、いつもとは少し違うことに二人でチャレンジすることもできました。

逆に一人で過ごす時間を充実させることも互いの大切さに気付くきっかけとなるかもしれません。わざわざ言葉で表さなくても愛情は伝わっているだろうとは考えずに素直に「愛している」を伝えましょう。意外にもすんなり恋人との倦怠期を乗り越えられるかもしれませんよ。

 

まとめ

恋人との倦怠期をうまく乗り越えるには

・ 倦怠期を交際が安定してきた証拠としてプラスに捉える
・ 恋人に対する感謝の気持ちを温める
・ 二人で初めての事にチャレンジする
・ 一人の時間を充実させる
・ 穏やかに話し合って互いの気持ちを確かめる

1e3a846cb7248b2ac4977a2a536e3e7c