浮気で請求される慰謝料の相場は?7つのケース別に解説

浮気で請求される慰謝料の相場は?7つのケース別に解説
浮気の慰謝料は、欧米の事例と比較すると日本の相場はあまり高いとは言えません。しかし、浮気をされたことによる請求者側が受けた精神的ダメージや、請求される側の社会的地位や収入の水準によってその金額にはかなりの開きが出てきます。

慰謝料を請求するには弁護士事務所に相談をするケースが一般的なので、当然費用がかかります。しかし、どうせ受け取ることが出来る金額はあまり高くないだろうと思って、浮気の慰謝料を請求することすら諦めてしまわずに、自分たち夫婦のケースではどのくらいの慰謝料を請求することができるのが相場を知っておきましょう。

そこで、状況や社会的地位や年齢によって変わってきますが、一般的な浮気の慰謝料の相場をケース別にご紹介します。



 

浮気で請求される慰謝料の相場は?
7つのケース別に解説

 

別居や離婚をしない場合の慰謝料請求


浮気の慰謝料というと、離婚をしないと受け取ることができないと思われがちですが、離婚をせずに夫婦間関係を継続する場合にも、そのケースによっては慰謝料を請求できる事があります。この場合、相場は数十万円から、高くても100万円未満となります。

弁護士を立てたりすると費用と差し引きして、家計から出て行くお金が多くなってしまうこともあるため、夫婦間で協議の上でお金で慰謝料をやりとりしたり、宝飾品のプレゼントで済ますケースもあるようです。

 

浮気が原因で別居になる場合の相場


不倫が原因で離婚とまではいかなくとも、別居に至るケースもあります。この場合の浮気の慰謝料は、不倫発覚後も夫婦関係を同居しながら続ける場合と比較して若干高額になります

相場としては多くても200万円未満と考えておきましょう。もちろん、不倫の内容や相手の態度によって金額は変動しますので、あまり高額の慰謝料をもらえる事は期待しないほうがいいでしょう。

 

請求する側の年収や年齢も決定材料になる


浮気の慰謝料は請求する側の年齢や社会的地位によって左右されます。例えば夫が浮気をしたことによって離婚に至る場合、妻がある程度年齢を重ねていて、社会的地位も高く、年収もある状況だと慰謝料は少額となります。

離婚時の浮気の慰謝料の相場が数十万円から高くても500万円までなので、妻の社会的地位が高い場合には、慰謝料は多くても100〜200万円程度と考えておいたほうがいいでしょう。

 

精神的ダメージの大きさによって慰謝料が決まる


浮気をされた側の精神的ダメージが大きい場合、いくら一定以上の年収がある場合でも浮気の慰謝料の金額は高くなります。しかし、精神的ダメージといっても、物的証拠や情況証拠がないと認められづらいのです。

例えば、浮気をされたショックから自殺未遂に及んでしまったとか、精神的にやんでしまって通院をしているとか、医師の診断のもと、精神安定剤や睡眠導入剤を処方されているなどの情況証拠がある時などに慰謝料は高く請求できるでしょう。

 

請求される側の年収は慰謝料決定の材料の1つ


浮気の慰謝料は請求される側、つまり、浮気をした本人の収入が多ければ多いほど高くなります。これは、このまま夫婦関係を続けていた場合、妻が得られたであろう収入が加味されるということと、それだけの支払い能力があると見なされるためです。

夫の収入を知らないという妻も最近では増えてきていますが、浮気が原因で相手に慰謝料を請求するとなれば、相手の収入額を把握しておく必要があります。

 

生活費を納めていない場合の慰謝料


夫の浮気が原因で離婚になるケースの中で時々見られるのが、浮気を始めてから夫が家計に生活費を入れなくなったというケースです。このような場合には浮気の慰謝料は高く請求することができます。

浮気が原因で精神的な苦痛だけでなく、経済的にも配偶者に負担を強いていたためです。しかし、この様な場合でも相手がシラを切ってしまうと立証することが難しくなります。

そのため、通帳の記帳や、家計簿などで、生活費を納めていなかったという事を証明できる証拠を残しておく事をおすすめします。

 

浮気発覚以後に夫婦関係の修復を試みたかどうかがポイント


浮気の慰謝料は、浮気発覚後に浮気をした側がどれだけ夫婦関係の修復に対して努力する姿勢を見せたかどうかによっても相場が変わってきます。例えば、平均的な年収の夫が浮気をしたことによる慰謝料の金額は、せいぜい100万円から300万円未満程度でしょう。

しかし、夫が浮気発覚後に妻に対して誠意を見せて、夫婦関係の修復に努力をしていれば、慰謝料の金額は低くなるのです。

 

いかがでしたか。浮気の慰謝料は、きっちりとした価格表があるわけではありません。その夫婦がおかれている社会的な立場や年齢、また、日頃の素行や浮気発覚後の両者の態度などによって大きく変わってくるのです。

しかし、家庭内の夫婦の関係性ややりとりは往々にして記録がされていることが少なく、第三者からすると両者の言い分の信ぴょう性を判断することは難しいのです。そのため、慰謝料を請求する側になった時は、意識的に物的証拠や情況証拠を収集しておくことをおすすめします。

浮気の慰謝料は、請求する側と請求される側のあらゆる事情を総合的に判断して決まります。そのため、自分の主張が通るように準備をしておくことが必要なのです。今回ご紹介したケースを参考に、自分がどのケースに当てはまるのか、有利になるのかを知っておきましょう。

 

まとめ

浮気をした時に請求される慰謝料の相場はいくらか

・不倫発覚後も離婚をしない場合は100万円未満
・不倫が原因で別居に至る場合は200万円未満
・請求する側の年齢や社会的地位が高いと慰謝料は少額になる
・精神的ダメージが大きい事が立証されると高額になる
・請求される側の収入と慰謝料は比例する
・生活費を納めていなかった場合は慰謝料が高くなる
・関係修復の努力をしていた場合は慰謝料が低額になる

1e3a846cb7248b2ac4977a2a536e3e7c