不倫相手と別れたあと、たちなおる5つの術

不倫相手と別れたあと、たちなおる5つの術
不倫相手と別れたあとって、天国から地獄に落ちたような気分でよすね。実際には、地獄から天国なのかもしれませんが、とにかく落差が激しいのです。急に、何もなかったように通常の生活には戻れません。不倫は、やっぱり劇薬ですよね。

不倫をしている時は、通常の自分の価値観と一転してしまいます。自分の思いは純粋なんだと、不倫を肯定したいからです。言葉使いや態度も変わってしまい、大切な両親や親しい友人までも敵にしてしまいます。そして、不倫が終わったあとも、間違った価値観を引きずってしまいます。

しばらくは、自暴自棄が治まらないでしょう。そこで今回は、「不倫相手と別れたあと、たちなおる5つの術」についてお伝えします。



 

不倫相手と別れたあと、
たちなおる5つの術

 

不倫の間違いを並べる


不倫をしていた時は、あらゆる理由を持って、正当化していたはずです。不倫にはまる人のほとんどは、有名人の言葉を用いたり、小説やドラマの言葉を使ったりして、いかに自分が純粋な恋愛をしているかを自分に言い聞かせています。

不倫相手と別れたあと、人生を再スタートさせたいなら、逆をやればいいのです。不倫の間違いを並べるのですが、きっかけにさえなれば、倫理や道徳の言葉でもかまわないですよね。倫理や道徳の言葉なんて、かっこ悪いとか、安っぽいとか、二の次です。

友人、親など、他者からの言葉だと受け入れるのが難しくても、意外と、自分で言葉を見つければ納得できます。不倫が間違っていると主張している言葉を探しましょう。きっと、素直に心に溶け込んでくる言葉に出会えますよ。

 

時間がかかることを覚悟する


不倫相手と別れたあと、心の傷が癒えるには時間がかかります。特に、不倫相手を忘れるには時間がかかることを覚悟する必要があり、不倫の密度が濃いほど、フラッシュバックしますし、その時々の感情まで蘇ってきて、思い出すばかりではなく、涙まで流れてきます。

あの時こう言われた、私はこう返事したなど、記憶を追いかけてしまいます。そのように、過去を振り返らないようになるには、とてつもなく時間がかかるものですし、過去を振り返っても、何も生み出さないという結論に至るまでは、もがくしかないという側面もあります。

第三者から見れば、不倫をしていた期間も、別れたあと悲しんでいる期間も、無駄な時間なのかもしれません。貴重な経験とは言えないかもしれませんが、新しい恋愛をしている5年後の自分は、結婚しているかもしれない10年後の自分は、今の自分を許してくれるはずだと、まずは想像してみてください。

 

執着心を捨てる


不倫相手と別れたあと、ぐずぐずしてしまうのは、不倫相手への執着心を捨てるのがベストです。確かに、好きだという気持ちがあったのですが、それ以上に、複雑に絡む感情があるのです。たとえば、自分のものにできなかった悔しさ、不倫相手の奥さんに負けたという悔しさなどです。

不倫に限らず、恋愛は、失ったあと、あの人しか愛せないという思いにさせられていることが多いのです。自分だけが不幸になっているという損得勘定などが働いて、本来の自分の感情ではない感情に摩り替わっているのです。

不倫相手を忘れられないというのは、ほんとうは、自分で新しい幸せを作ることができない自信のなさということがあります。ほんとうの自分の感情を知れば、執着心を捨てることができます。冷静に、自分の感情を見つめてみてください。

 

恨まない


恨まないというのは難しいですよね。感情にブレーキをかけるのは至難の業ですし、騙された不倫なら、なおさら理不尽に耐えることはできません。しかし、不倫した人のほとんどは、無理を承知で続けていたはずです。

淋しさを埋めようとしていたり、やさしさに弱かったり、恋愛体質だったり、不倫のきっかけになった感情には、自分で覚えがありますが、客観的に見れば、不倫相手だけが悪いとは言えないのです。そこを認めることができれば、必ず、不倫のどん底から脱出できます。

 

必要以上に、自分を責めない


不倫相手と別れたあとは、必要以上に、自分を責めないということも大事なことです。不倫をしてしまった、最大の罪を犯してしまったと、自分を責め続けるのと反省をするというのは違います。反省は、自分を痛めつけるためにするものではなく、前を向くために、反省するのですから、新しい自分を愛してあげましょう。

 

以上、「不倫相手と別れたあと、たちなおる5つの術」についてお伝えしました。忘れるという作業が必要なのですが、忘れようとして忘れることができるものではありませんよね。

抽象的な言い方になってしまいますが、感情の棘みたいなものを抜いていかなければなりません。まずは、不倫という棘で、その次は、失恋という棘です。不倫という棘を抜くには、不倫は間違っていたという結論を出すことは大事で、二度と、繰り返さないためにも、はっきりと否定しましょう。

不倫を否定することができたら、自分の心のモードみたいなものが変わります。間違った出会いだったと自分で認めることができたら、失恋の棘も同時に消えていきます。人生は、まだ終わっていませんので、前に進みましょう。

 

まとめ

不倫相手と別れたあとたちなおるには、

●不倫の間違いを並べる。
●時間がかかることを覚悟する。
●執着心を捨てる。
●恨まない。
●必要以上に、自分を責めない。

1e3a846cb7248b2ac4977a2a536e3e7c