アメリカでチップを支払う時によくある5つの失敗

アメリカでチップを支払う時によくある5つの失敗
アメリカでのチップの支払いに戸惑いを感じること、ありますよね。そもそもチップの文化を持たない私たち日本人は、チップの意味やどうして必要なのかなど、基本的なことを知らない人がほとんど。

なので適正な額や渡し方などが分からず、かえって失礼なやり方をしてしまうのではないかと悩んでしまいます。楽しい旅行ですから、できれば自分に関わってくれる人にも気分よく過ごしてほしいもの。

アメリカでのチップの渡し方を知っていれば、よりスムーズにコミュニケーションが取れること間違いなしです。

アメリカに着いてからチップで悩むより、行く前に正しい知識を得て、心おきなく旅行を楽しみましょう。今回は、アメリカでチップに関してやってしまいがちなミスと、その防止法をお伝えします。

チップは礼儀と覚えておこう

チップに慣れていない日本人の中には「決められた金額を支払っているのにさらにチップを要求するなんて、なんてがめついんだ」と思っている人も少なくありません。

そもそもアメリカでのチップとは、店員などに感謝を伝える方法ではありますが、それ以上にトラブルを避けるという側面もあるのです。アメリカでチップを払わないのは礼儀正しい行為ではないと思っておいたほうが間違いないでしょう。

それに、アメリカでサービス業に従事している人は、そもそもチップを受け取ることが前提で時給額を低めに設定されています。

ですので、チップを受け取れないと生活に関わってくるのです。チップを渡さないと不機嫌になったり、あからさまにぞんざいな扱いを受けることもあるのはこういう訳なのです。

 

適正な金額を渡すようにしよう

アメリカでのチップについて一番大きな悩みは、やはり金額の事ですよね。とにかく渡せばいいのだから、と誰にでも1ドル札を一枚、というやり方はスマートではありません。

アメリカでのチップの相場を覚えておくと、迷わずにさっと渡すことができますよ。

レストラン:支払い合計金額の15~20%(ビュッフェは10~15%)

カフェ:10~15%

バー・クラブ:一杯につき1~2ドル

タクシー:メーター料金の15~20%

ツアーバスのドライバー:1~2ドル

ツアーガイド:5~15ドル

ベルボーイ・ルームサービス:1~2ドル

ホテルのハウスキーピング:1~2ドルを枕の下に

 

カードでチップを支払う方法を覚えておこう

今や海外旅行にカードは当たり前。何かと便利なので利用している方も多いと思いのではないでしょうか。でも、アメリカでカードを使う場合チップはどうやって支払ったらよいのでしょう?

レストランなどで支払いをする場合、店員が伝票を持ってくるので中身を確認して、問題ないならカードを伝票ホルダーに挟んで店員に渡します。

すると今度はカード用の伝票を渡されるので、金額を確認するとともに「tip」の欄に支払いたいチップの金額を書き入れます(この場合、支払合計の15~20%が無難)。そして「total」の欄にレストランでの飲食代とチップの合計金額を計算して書き入れます。

「signature」欄に署名することも忘れずに。アメリカではチップの額をかき込む欄が「tip」ではなく「gratuity」と表記されていることも多いので、覚えておきましょうね。

また、飲食代はカードで、チップは現金で支払いたい場合には「tip」「gratuity」欄には「0」もしくは「cash」と書き込み、テーブルの上にチップを置くなどして支払います。

 

チップの二重払いに気をつけよう

支払いの際、伝票に「gratuity included」と記載されていることがあります。これは、店側ですでにチップの金額を設定し、支払いにその額を含んでいるという意味。

この場合に別にチップを渡してしまうと、二重にチップを支払ったことになり損をしてしまいますよ。伝票を確認する際には合計金額にチップを含んでいるかどうかも忘れずに確認しましょう。

 

1ドル札を多めに用意しておこう

レストランやタクシーのように代金と一緒にチップを渡せる場合もありますが、アメリカではチップを渡す機会は他にもたくさんあります。

ホテルではベルボーイやルームサービスなどにその都度1ドル札を手渡しするシーンも多く、現金が多めに必要となりますので、すぐ渡せるように切らさないようにしておきましょう。

また、同じ金額とはいえ小銭で支払うのは相手に対して失礼。「チップは札で払うもの」と覚えておきましょう。

 

これで、アメリカのチップに対する素朴な疑問が解決しましたよね。アメリカでのチップの役割は日本人には少し理解しきれない部分がありますが、これも文化の違いと認めて、そのやりとりを楽しむ気持ちを持つのが旅行をより面白くするコツかもしれませんね。

また、私たち日本人にはどうしても「袖の下」という感覚が抜けきらないためチップを渡すという行為自体に抵抗を感じるかもしれませんが、アメリカではチップは当たり前のこと。

支払いにチップの分が含まれているかどうか分からないときには、堂々と「Is the tip included?(チップは含まれていますか?)」と聞いてしまっても大丈夫なのです。チップの扱い方をマスターして、今度のアメリカ旅行をより楽しいものにしましょう。

まとめ

アメリカでチップを使うとき失敗しないためには

・ チップは礼儀と覚えておこう
・ 適正な金額を渡すようにしよう
・ カードでチップを支払う方法を覚えておこう
・ チップの二重払いに気をつけよう
・ 1ドル札を多めに用意しておこう


連記事