バイト行きたくないほどのダルさを乗り越える6つの術

バイト行きたくないほどのダルさを乗り越える6つの術
バイトに行きたくないと毎朝重い腰を上げている方のために、今回はそのダルさを乗り越えるためのとっておきの方法を伝授いたします!

バイトは仕事とは違い、社会保障もボーナスもつかない片手間の収入源に過ぎません。しかしだからと言って、バイトをなめてはいけません!バイトだろうと何だろうと、お給料をもらっている以上はプロの精神で目の前の仕事をしっかりとこなしてこそ、世間に認められる一人前の人間なのです。

時給が安いからとなめた出勤態度では、バイトであろうともあっという間に首になります。そして首を繰り返す人は、真剣なはずの就職先でも同じことを繰り返します。

人生に「負け」癖をつけないためにも、嫌なバイトであってもきちんと結末を迎えるまではくらいついて続けてください。そのために必要な方法を以下にお伝えするので、精神的な強さを高めるためにもぜひ実践してください。



 

バイト行きたくないほどのダルさを
乗り越える6つの術

 

ヨガをして体の老廃物を流そう


バイトの時間になると「行きたくない」と甘えた考えが頭に浮かぶ人は、体の中に「だらけ根性」が根付いてしまっている証拠です。気持ちを立ち上げてバイトに行くために、体の中の不純物を抜いていってください。

ヨガは体内のデトックス効果を高めるとっておきの方法です。素人でもヨガの本一冊あれば始められる簡単な体操のようなもの。毎回「バイト行きたくない」と気持ちが沈む人は、心と体のデトックスのためにヨガを行ってください。悪いものが抜ければ、「怠け根性」もどこかへ流れていきますから。

 

ジョギングをして汗をかこう


バイト前に軽く汗を流せば、「バイト行きたくない」という気持ちもどこかへ吹っ飛びますよ。ジョギングをすると脳内に「幸せホルモン」なるものが分泌され、気持ちを前向きにしてくれます。気持ちが前向きになれば、バイトに行きたくないという後ろ向きな気持ちにも、しっかりと立ち向かうことができるのです。

また、毎日ジョギングを続けることで、幸せホルモン効果による精神力強化のほかに、体も鍛えられるためだらけた気持ちが起こりにくくなります。試しに1か月、ジョギングを続けてみてください。いいことばかりの人生に急展開するはずですから!

 

早寝早起きを心がけよう


バイトの始まる直前に目を覚ましていては、「バイトに行きたくない!」というマイナス思考に飲み込まれます。寝起きは特に「二度寝したい」「もっと寝ていたい」「疲れが取れない」というマイナス思考に落ち込まれやすいのです。バイトの始まる何時間も前に目を覚まし、体を温めておけば、「バイトに行きたくない」という気持ちに支配されずに済みます

そのためには、夜もやはり早く寝た方が良いですよね。早寝早起きの人には前向き思考が多いと言います。夜にマイナスな考えをせずにさっさと眠りにつき、朝小鳥と同じくらいに早く起きて雑用をこなす生活を送れば、マイナス思考もどこへやら。気持ちが上向きの生活に転換できます。

 

朝風呂で気持ちを癒そう


朝目覚めて「バイト行きたくない」とだるい気持ちの時は、朝風呂にでも入ってみてはいかがでしょうか。お風呂の中で入念にストレッチをして体をほぐし、老廃物を流して血行を促進することで、だらけた気持ちに喝を入れるのです。血の巡りがよくなれば体のだるさもなくなり、バイトに行く気力も生まれます

 

散歩をしていい空気を吸おう


早寝早起きをすれば「バイトに行きたくない」などというだらけた気持ちから抜け出せると書きましたが、早起きした朝にジョギングや散歩をすると尚いい効果がありますよ。体を動かすことで精神的なストレスは発散できます。

しかし朝っぱらからジョギングをして疲れてしまうと、バイト中にへばってしまうと危惧している人や、体力に自信のない人は、軽い散歩でもいいのですよ。散歩をして景色や街並みをみることで、気持ちがリフレッシュされます。早朝の空気のきれいな時間に散歩をすることで、体の中もクリアにすることができるのです。

バイトに行きたくないダルさも、散歩でウォームアップしておけば、打ち砕くことができますよ!

 

ダンスをして体をほぐそう


早起きをしてジョギングや散歩をするといいと書きましたが、そもそもバイトが始まる時間がもっと遅く、人目を気にしてジョギングなどに行けないという人にはダンスDVDをお勧めします。ダイエット目的のものでも、そうでないものでも、ダンスDVDを見ながらマネをして踊るだけでいいのです。

リズムに乗る爽快感と、動くことでのストレス解消で、バイトに行きたくないというだらけた気持ちを一掃できるはず。最近では様々なジャンルのダンスDVDがあるため、ご自分のお気に入りのものを探してみてくださいね。

 

さて、バイトに行きたくないほどのダルさを乗り越える6つの術を紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

バイトは普通のお仕事と違い、責任感を持たずに従事する人も多いのですが、バイトも大切なお仕事なのだと認識して、バイトに行きたくない気持ちを奮い立たせて出勤してください。「だらけ癖」は放っておくと、まともに仕事ができないほどの「ダメ人間」へと発展します。

「バイトに行きたくない…サボろうかな。」とだらけたくなる自分の根性は、早いうちに改善するべきです。そして成人して一人前の仕事に就くことができたとき、バイトに行きたくない気持ちを奮い立たせるこれらの術が、必ず役に立つのです。

今日の一歩があなたの栄光の未来にもつながっているのだと自覚して、怠け癖と闘う気持ちを前向きに持ってください。

 

まとめ

バイト行きたくないほどのダルさを乗り越える6の術

・ヨガをして体の老廃物を流そう
・ジョギングをして汗をかこう
・早寝早起きを心がけよう
・朝風呂で気持ちを癒そう
・散歩をしていい空気を吸おう
・ダンスをして体をほぐそう

1e3a846cb7248b2ac4977a2a536e3e7c