コミュ障の人がバイトするとき注意したい5つの事

コミュ障の人がバイトするとき注意したい5つの事
コミュ障の人もバイトで働く機会は非常に多く社会としても受け入れられていますよね。しかしコミュ障でバイトを行っていくことに難しさを覚えている人は少なくないようです。

バイトとは言えお金をもらって働いているのでそれなりの働きが求められます。それだけではなく職場の人間関係が苦痛で仕方がないというコミュ障のバイト経験者もたくさんいることでしょう。

自分としては最大限努力しているつもりなのに職場の人からよく注意を受けてしまって嫌になることもあるはず。コミュ障でもバイトを頑張ろうとする気持ちは素晴らしいもので褒められるべきもの。

そのやる気を活かして自分のためにも職場のためにも気をつけられる点を把握しより良く働けたら良いですよね。そこで今回はコミュ障の人がバイトするとき注意したい5つの事をお伝えします。



 

コミュ障の人がバイトするとき
注意したい5つの事

 

人の話をよく聞く力を身に付ける


コミュ障の人がバイトをするにあたり注意したいこと、まず一つ目は会話において自分が発言する事よりも、人の話をよく聞くことが大切であると認識すること

コミュニケーションが苦手だけれどしっかりとバイトを頑張りたいという意気込みで自分から話しかける努力をすることはとても良いこと。

しかしそのような人に限って忘れてしまいがちなことが、自分だけが話し続けていて相手の気持ちを考えずにいることです。コミュニケーションを取るのが上手な人は話が上手と言うよりも聞き上手であることがほとんど。

相手が楽しそうに話しているのであれば良いコミュニケーションが取れている証拠です。上手に話せない…と自分を追い詰めることなく聞き手に徹してバイト先での人間関係を築いていきましょう。

 

自分の事だけでなく周りの動きに興味を持つ


コミュ障の人がバイトをする時に注意したい2つ目の点は、自分の仕事や自分の評価ばかりを気にするのではなく周りの動きや周囲の人の良いところに目を留めること。

とにかく自分の仕事に集中して行うべきことをこなせばいいという職場であればさほど問題にはならないかもしれませんが、バイトの多くの場合はバイトメンバーと協力しながら仕事をすることがほとんど、今自分に求められていることは何だろうと考える癖をつけるようにしましょう。

そして自分はコミュ障だから…と自分の評価ばかりを気にしているとプレッシャーになって辛くなってしまうので、人からの自分の評価を気にする代わりに、同僚の良いところ探しをしながら仕事をするようにしましょう。そうすると人に対して苦手意識を少しずつ取り除いていけますよ。

 

語彙を増やし分かりやすい言葉で話す


コミュ障の人がバイトを行う際に積極的に行えることとして、語彙を増やす努力があります。自分はうまく人と会話ができない、気持ちを伝えられない、あまりよく理解されていないように感じる…こんな気持ちになる人は新聞や本を読むことで自分の語彙を増やしてみましょう。

語彙を増やして難しい言葉を使うことが目的ではありません。むしろ仕事場での会話では誰でも理解できるような簡単な単語を使って確実に伝えるべきことを伝えられた方が好まれるでしょう。

語彙を増やすことで会話に対する自信がつき、様々な単語を用いて会話することが楽しくなってくるはずですよ。会話の練習だという軽い気持ちで日々の生活の中で語彙力を身に付けるようにしましょう。

 

はっきりゆっくりと明瞭に話す


コミュ障の人がバイトをする時に注意できる次の点は、発言する際にはっきりゆっくり明瞭に話すこと。コミュ障の人の悩みとしても、話そうとすると緊張してどもってしまったり、一気にまくし立てるように早口で話してしまったり、小さな声でもごもごと話してしまったり…あまり人に伝わらないというものがあります。

これらを解消するためには、常に慌てずゆっくり話すことをまずは目指しましょう。相手の顔を見ながら、しっかりと伝わっているかを目で確認しながら会話ができると良いですね。

コミュニケーションの基本は相手との会話のキャッチボールであることを忘れないようにしましょう。相手に話が伝わっている、理解してもらえているという経験を積むことでコミュニケーションを楽しめるようになります。

 

笑顔を保つようにする


コミュ障の人がバイトをする時に注意できる事としてあげる最後の点は笑顔。笑顔か…難しいと思った人や、笑顔なんて簡単な事だと思った人などコミュ障の症状によっても感じ方が違うかもしれませんね。難しいか簡単かに関わらず、バイト先で上手くやっていくためにいつも笑顔でいることは大きな助けとなります。

緊張が顔に表れていたり、仕事を真剣に行うあまりしかめっ面になっていたり、人とのコミュニケーションが苦痛で顔から笑顔が消えてしまったり、自分が知らない間に周りの人に近づきづらいと思わせてしまっているということはよくあります。

ずーっと笑顔を保ち続けるのは疲れてしまうという人は、人と顔を合わせる時だけでも笑顔を作るように努力してみましょう。人からも笑顔が返ってきますよ。

 

いかがでしたか。

コミュ障の人がバイト先で様々な悩みを抱えながらも仕事を続けようとすることはとても素晴らしいことです。せっかく自分では努力しているつもりなのに、それが裏目に出てしまって職場であまり上手く行っていないという人も少なくありません。

そこで今回お伝えしたようにまずは少しリラックスして、会話とは自分だけが話し続けるものではなく聞くことが大切であること、また自分だけが浮いていると自分のことを考え続けるのではなく人のために行えることを考えるようにもしてみましょう。

自信を持つためにも語彙を増やしたり、ゆっくり話すことを心がけたり、笑顔を忘れないことも大切でしたね。これらのことを気をつけながらコミュニケーションを行うならバイト先でも上手くやっていけるようになりますよ。

 

まとめ

コミュ障の人がバイトするとき注意することとは

・ 人の話をよく聞く力を身に付ける
・ 自分の事だけでなく周りの動きに興味を持つ
・ 語彙を増やし分かりやすい言葉で話す
・ はっきりゆっくりと明瞭に話す
・ 笑顔を保つようにする

1e3a846cb7248b2ac4977a2a536e3e7c