別居したいと言われたら必見、5つの対処術

別居したいと言われたら必見、5つの対処術
別居したいとパートナーから突然言われたら、混乱してしまいますよね。相手が別居したいと望む理由は様々で、話し合いで解決できること、できないことがあります。

多くの場合は、どちらかの浮気や、モラルハラスメントですが、元を辿れば「互いを思いやる気持ち」が欠如してしまったことにあるでしょう。

長く一緒にいることで、一緒にいるだけでも幸せだったのに、お互いを思いやるという当たり前のことができなくなってしまいます。

ただ気持ちがすれ違っているだけだったり、ちょっとした不満が積み重なっているような状況であれば、別居する前にできる解決することも可能でしょう。

ですが、そう何回も結婚や別居をしている人はなかなかいないので、相談できる相手が近くにいるとは限りません。そこで今回は、別居したいと言われた時にできる対処術をお伝えします。



 

別居したいと言われたら必見、
5つの対処術

 

感情を抑え、冷静に対応しよう


誰でも突然「別居したい」と告げられれば、感情的になってしまうものですよね。相手は、あなたの性格をよく把握しているばずなので、あなたが感情的になり、泣いたり、怒ったりすることを想定していると考えて間違いないでしょう。

それに、「別居したい」と言ってくるくらいですから、それなりに準備してきている可能性もあります。まず「別居したい」と言われたら、即答せずに、「今、混乱しているから冷静に話ができない」と言い、時間を置いて話し合いをする機会をつくりましょう。

感情的になって、あなた自身が家を飛び出すようなことだけは避けてください。必要であれば、同じ家の中で別々の部屋に別れるなど、距離を取るのもいいでしょう。

 

できるだけ同居するように説得しよう


別居したいと言われて、「はいそうですか」と鵜呑みにしないようにしてください。別居状態になったら、かなりの確率で離婚してしまうでしょう。

もしあなたが離婚することに納得していないのであれば、できるだけ同居するように説得する必要がありますよね。相手の気持ちをしっかりと受け止めたうえで、自分の気持ちを丁寧に伝えましょう。

あなたの中に相手に対する好意、愛情が明確にあるのなら、それをしっかりと伝えて下さい。相手の揚げ足ばかりとるような不毛な話し合いにならないよう注意しながら、もう一度やり直す道を探ることが大切です。

ですが、説得を試みたからと言って、必ずしも相手が思いとどまってくれるとは限らないことは心に留めておいてください。

 

離婚を視野に入れているのか確認しよう


別居したいと言われたら、まず思い浮かぶのは「離婚」の2文字ですよね。お互い一時的に距離を置いていろいろ考えたい、ということなら、自宅の中でもできることなので、相手が「別居したい」と言ってきたということは、おそらく離婚も視野に入れていることは間違いないでしょう。

相手と話し合う機会を作れたら、離婚したいと考えているのかを確認することが大切になります。あなたが離婚したくないと考えているなら、その答えによっては、あなたが起こすべき行動に大きく関わってくるからです。

「別居したい」という言葉のウラには、多くの情報が隠されているので、相手から本音をしっかり引き出すことが大切です。

ただし、話し合いは刑事ドラマの「取り調べ」ではないので、激しい思い込みや憶測だけで相手を攻撃しないように注意しましょう。相手はあなたの大切なパートナーであることを忘れないでください。

 

子供の心をケアしよう


別居したいと相手から言われたときに、二人の間に子供がいるか、いないかで大きく対応が変わってきますよね。子供と言ってもすでに高校生~大学生くらいであれば、大人の事情をある程度理解してくれますが、子供の年齢が低いと、親がケンカしていること、どちらかが出て行ってしまったことを自分のせいだと感じることがあります。

親がどちらかしかいなくても、精神的に立派に成長していく子供もいますが、すべての子供がそうであるとは限りません。親同士が言い争っている姿をできるだけ見せないように、子供がいない時や、場所を変えて話し合いをするように注意しましょう。

別居していることをどう説明するか、正直に話すか、仕事でいなくなるのだと説明するのか、それは二人の間できちんと話し合い、決めておくことが大切です。自分自身のことだけでも精一杯かもしれませんが、子供が小さければ小さいほど気をつけるべきでしょう。

 

仕事、貯金、住居の確保をしておこう


別居したいと言われたら、感情的になるよりも、現実的なことに目を向けましょう。自分の仕事、貯金など経済的なこと、そして、住居です。

相手が出て行くことで、今住んでいる家を自分も出なくては行けない場合もありますよね。戻れる実家がある人は、一時的に実家にもどるという選択肢もありでしょう。

ですが、実家という選択肢がなければ、自分で部屋を借りて生活していかなくてはいけません。準備するだけでも50~70万円はかかってしまうでしょう。

そうした費用がいくらかかるのかを調べておく必要があり、相手から出て行けと言われているなら、相手にもある程度用意してもらう必要もあるでしょう。仕事がなければ仕事を探したりする時間も必要なので、相手とよく話し合っておく必要があります。

 

いかがでしたか。

別居したいと言われたら、まずは冷静に相手と話し合いをすることが大切です。相手の気持ちを受け止めつつ、自分の要求も通さなくてはいけませんよね。

ふたりで生活を築いていたわけですから、「自分がガマンすれば済む」という自己責任的な考えを持たないようにしてください。

子供がいれば、ふたりで協力してケアしなくてはいけませんし、金銭的な負担をどちらかだけが一歩的に負うものでもありません。

相手とじっくり話し合いをしながら、「別居を食い止める」ことを目標にしながらも、いざというとき、すぐに自分や子供生活が守られるように「準備をしておくこと」が重要になります。

また、別居したいと言われても、感情的にならず冷静に相手と向き合うことが求められるでしょう。別居したいと言われる前に、普段からパートナーシップを大切にしておくことが一番の対処術になるはずです。

 

まとめ

別居したいと言われた時の対処とは

・ 感情を抑え、冷静に対応しよう
・ できるだけ同居するように説得しよう
・ 離婚を視野に入れているのか確認しよう
・ 子供の心をケアしよう
・ 仕事、貯金、住居の確保をしておこう

1e3a846cb7248b2ac4977a2a536e3e7c


1e3a846cb7248b2ac4977a2a536e3e7c