同棲の生活費を楽しく節約する5つの秘訣

同棲の生活費を楽しく節約する5つの秘訣
同棲を始めると生活費の問題が出てきます。同棲する理由は色々ありますよね。ずっと一緒にいたいからだったり、結婚前のお試し期間だったり。でも、どのような理由にしろ、生活費は節約するにこしたことはありません。

節約なんて特に考えなくても、同棲したら別々に暮らしていた時より生活費は安くなるに決まっていると思いますよね。でも、甘く見ていると、二人でズルズルと出費を重ねてしまい、思った以上に同棲したら生活費がかかっていることを後から知ってビックリ!なんてことになり兼ねませんよ。

同棲をすると生活費がかかります。同棲は、恋人と二人だけで過ごす甘く幸せな時間ではありますが、現実的な問題が起きてきます。お金の問題は、拗れると二人の愛にまで支障がでてしまうことも。

そんなことになったら大変!そこで今回は、同棲の生活費を楽しく節約する秘訣をお話します。



 

同棲の生活費を楽しく
節約する5つの秘訣

 

馬鹿にできないのが照明にかかる電気代、二人で朝型生活しよう


同棲すると、大好きな恋人とずっと一緒にいられますよね。一緒の家に帰れるというのはすごく幸せなことです。だけど、嬉しくて毎日二人で夜更かししていると、電気代が大変なことになってしまいます。

意外に思われるかもしれませんが、電気代の中でも証明にかかる費用ってかなり大きいんです。夜更かしすれば、照明器具だけではなく、テレビやパソコンだってつけっぱなしになりがちですよね。

同棲してからの生活費を節約するためには、光熱費を低く抑えることが必須。同棲している二人ですから、生活費のためにも、お金がかかる夜に起きていることはありませんよ。二人で朝型生活にして、健康的に生活費を節約しちゃいましょう。

 

同棲しているからこそ食費削減、楽しく自炊して節約しよう


一人暮らしの時は、一人分を作るのが面倒で、ついつい外食や出来合いのものを買っていたと思います。一人分の食事は、その材料を買うだけでも結構な出費になりますし、結局食べきれずに破棄してしまうことを考えると、自炊が必ずしも生活費の節約に繋がるとは限らないんですよね。

でも、同棲しても生活費を考えないと、食事は外食かお惣菜という生活を続けていると、食費がどんどん嵩んでしまいます。一人分ならば大した金額にならなくても、二人分だと当然倍になり、それだけで生活費をかなり圧迫してしまうのです。

やはり、二人分の食事は自炊した方が断然経済的。せっかくなので、二人で料理を楽しんで、お互いの好みを把握しましょう。

 

生活費がいくらかかっているか明確にするために家計簿をつけよう


同棲は二人で一つの家に住み、一緒に生活をすることですが、結婚ではなく、法律的には他人同士という事もあり、お互い遠慮して家計が曖昧になってしまうことが良くあります。だけど、それでは同棲していて、生活費を節約することは難しいです。

なんとなく節約しているつもりでも、お互いにちょっとしたことにお金を使っていると、貯金が順調に増えていきません。

節約の基本は生活費を把握する事。二人で生活するのですから、お金の問題はとっても大切です。ざっくりとでも良いので、家計簿をつけましょう。二人でお金の話をするきっかけになりますし、金銭的な価値観がわかるので、お互いを深く知ることができます。

 

同棲中だからこそレジャーも大切、出費が少ないお気に入りの場所を見つけよう


同棲を始めると、家にいながらにして二人一緒に過ごせるので、出不精になりやすいのですが、そうなると、マンネリ化してしまい、返って結婚が遠のくリスクが高まります。

恋人同士なのですから、家の中で過ごすのも良いですが、やっぱり外に出てデートしたいですよね。生活にメリハリも出るので、同棲中のデートはとってもオススメです。

だけど、お金を使うデートばかりというのは大問題。同棲中は生活費の中のレジャー費を節約するため、お金があまりかからない、二人だけのお気に入りの場所を見つけましょう。できれば気が向いたときにフラッと行ける、家から近い場所がいいですね。

 

一緒にお風呂、これぞ究極の水道代とガス代の節約術


生活費の中でも結構な割合を占める水道代とガス代。これを節約できるかどうかは、お風呂の入り方にかかっています。

特に男性の場合は、女性と一緒に同棲を始めたら、水道代とガス代が高過ぎて驚くのではないでしょうか。少しでも安くしたいと思いますよね。

その為に一番良いのは、一緒にお風呂に入ってしまうこと。これぞ究極です。でも、現実問題、女性は入浴中色々とやることがあったりして、毎日は難しいですよね。せめて、お風呂の時間は間が開かないように、立て続けに入りましょう。特に冬場は浴室や湯船が冷める前に入ることで、ガス代を大きく節約できます。

また、お湯の温度にも注意です。たった1度、設定温度を低くするだけでガス代は安くなります。二人の適温を探してください。

 

いかがでしたでしょうか。

同棲するのに切っても切れない生活費。生活費はこれをどう節約するかで、二人の関係が変わってくるかもしれないほど重要な問題です。

切り詰め過ぎても、険悪になってしまうかもしれませんし、緩めすぎると結婚資金がいつまでたっても貯まりません。それでもお互いの金銭感覚が似ていれば乗り越えられるのですが、生活費への考え方に大きなズレがあると、同棲解消、そして決別という悲しい結末になってしまう可能性もあるのです。

だからこそ、同棲を始めたら、生活費を上手に楽しく節約して、お互いにお金に対する考え方のすり合わせをすることが重要です。同棲の先に結婚という未来へつながる道を作るためにも、二人できちんと話し合って、生活費を節約してくださいね。

 

まとめ

同棲の生活費を楽しく節約するには

・馬鹿にできないのが照明にかかる電気代、二人で朝型生活しよう
・同棲しているからこそ食費削減、楽しく自炊して節約しよう
・生活費がいくらかかっているか明確にするために家計簿をつけよう
・同棲中だからこそレジャーも大切、出費が少ないお気に入りの場所を見つけよう
・一緒にお風呂、これぞ究極の水道代節約術

1e3a846cb7248b2ac4977a2a536e3e7c