女の人の心理を理解して職場のもめ事を減らす5つのコツ

女の人の心理を理解して職場のもめ事を減らす5つのコツ
女の人の心理を理解するのは難しいですよね。女同士でも女の心理を理解するのは極めて困難で、うっかり地雷を踏んで相手を怒らせたり相手に嫌われてしまうこともあります。

とはいっても、友達同士なら友達の心理をきちんと理解して友情に傷をつけないように努力することは大切ですが、職場の人間関係なら相手の心の中まできちんと理解する必要はなし!表面上、波風を立てずもめ事を起こさなければそれでよいのです。

内心、相手を見下していたり嫌っていても顔に出さない・相手にばれなければ全く問題なし。職場の人間関係で大切なことは相互理解や友情ではなく、もめ事を起こさないことです。ということで、今回は女の人の心理を理解して職場のもめ事を減らすコツをお伝えします。



 

女の人の心理を理解して
職場のもめ事を減らす5つのコツ

 

年齢や体型を指摘しないこと


女の心理では、いくら仕事で評価されていても、年齢や体型を指摘されると傷つきます。男性では会社では仕事さえ評価されていればいい、仕事をがんばった結果ストレスで太ってもそれもまた一つの勲章と考えることができますが、女の心理ではそうはいきません。

いくら実績や肩書きがあって職場から信頼されている女性でも、「わかんな~い」と言っている若くてかわいい新人社員に嫉妬してしまうのです。

職場で無用なもめ事を起こさないためには、女性の年齢や体型を指摘しないこと、「今年何歳になったんだっけ?」「婚期を逃したな」「○○さんはぽっちゃり系」など、年齢や体型に関わることは口に出さないようにしましょう。

あなたに悪気がなくても、相手の胸にはぐっさり刺さっていることがありますよ。特に体型の指摘は、女性同士でもタブーです。

 

仕事のできる同性社員と比べないこと


男性でも女性でも、誰かと比べられたり、比べられた挙句「○○さんの方が仕事ができるね」と言われるのは嫌ですよね。特に、女の心理では、男性社員と比べられて「仕事ができない」と言われるのはそれほど気になりませんが、自分と同性の社員と比べられて「仕事ができない」と言われるのは傷つきます。

比べられた相手が自分よりも年下だったらなおさらです。比べられることで生まれる劣等感や僻み、嫉妬は職場のもめ事の種になります。職場のもめ事を減らしたいのであれば、女同士を比べないことです。

 

特定の社員だけを特別扱いしないこと


女性は特別扱いに敏感です。それが、容姿や年齢によるよい特別扱いならもちろんのこと、仕事ができないことによるよくない特別扱いでも女性はかちんときます。

たとえば、仕事が遅い女性社員が上司から叱られないように同僚の男性社員が手伝ってあげている、上司が「かわいそうだから、お前手伝ってやれ」といって女性社員の仕事を他の女性社員に押し付ける。

「Aさんはおとなしいから心配だなあ、よしBさん、お前が行ってこい」というように一人の女性社員を特別扱いするということは職場のもめ事のもとになります。

どんなにおとなしくて頼りない女性社員がいても、その女性だけを特別扱いしないこと!他の女性社員だって、丈夫そうに見えても中身はか弱い乙女なのだということを上司や男性社員は忘れないでください。

 

女性の働く目的や仕事の価値は人それぞれであることを理解すること


男性では、仕事が一番という方が多いですし、そうでない方も職場にいる間は仕事を第一に考えます。しかし女の心理ではそうはいきません。未婚既婚、家計を支えているのか小遣い稼ぎなのかでその人の働く目的は異なりますし、仕事よりも家事や子供を優先したいという女性も多いです。

職場にいても子供が熱を出せば早退するというように、仕事中も仕事を第一に考えて働いている方ばかりではありません。

女性では働く目的や仕事の価値は人それぞれということを理解せずに、「仕事を第一に考えて」「チームのためにがんばろう」「みんな仕事を優先させて休日出勤してがんばっているのに、あの人だけ勝手な行動をとる」という考え方では、女性の多い職場ではもめ事が絶えないでしょう。

既婚女性VS未婚女性など、女性社員同士のトラブルも起きますよ。職場のもめ事を減らすためには、全員が全員、同じ意識・同じ価値観で仕事をしているわけではないということを、上司はもちろん社員同士理解しておく必要があります。

 

相性が悪い女性同士を近づけないこと


仕事なのだから個人的な好き嫌いを言うべきじゃない、割り切って誰とでも力をあわせて仕事をすべきだというのはたしかにそうですが、女の心理では仕事だと割り切ろうとしてもどうしても相手を好きになれない、一緒にいるだけで自分のコンプレックスを刺激されてイライラしてしまうという天敵のような同性がいます。

この場合、いくら本人が努力しても、仲良く仕事をすることはできません。本人たちが不機嫌オーラをまき散らすため、本人同士だけでなく職場全体の雰囲気が悪くなってしまいます。

これでは、職場全体の仕事の効率が悪くなってしまいますし、そのうち大きなもめ事やトラブルが起こるかもしれません。上司や周囲の目から見て、「この二人、天敵同士だな」と思ったときには、本人同士を近づけないこと!これで職場のもめ事を減らすことができますよ。

 

いかがでしたか。以上が女の人の心理を理解して職場のもめ事を減らす5つのコツでした。女の人は仕事でいくらプラスの評価をもらっても年齢や体型を指摘されたら傷つきます。また、周囲からは仕事ができると評価されている女性でも、内心は若くてかわいい新人女性に嫉妬していることがあります。

女性の年齢や体型は指摘しないようにしましょう。また、女の心理は、比較や特別扱いに敏感です。特定の女性社員を特別扱いするのはもめ事の原因になるのでやめてください。さらに女性は男性に比べて働く目的や仕事の価値が様々です。

そのため、職場の和を乱す女性もいるかもしれませんが、それもまた仕方ないことです。女性の多い職場ではみんながみんな、同じわけじゃないということを理解しておくことが大切です。

まとめ

女の人の心理を理解して職場のもめ事を減らすためには

・ 年齢や体型を指摘しないこと
・ 仕事のできる同性社員と比べないこと
・ 特定の社員だけを特別扱いしないこと
・ 女性の働く目的や仕事の価値は人それぞれであることを理解すること
・ 相性が悪い女性同士を近づけないこと

1e3a846cb7248b2ac4977a2a536e3e7c
連記事


1e3a846cb7248b2ac4977a2a536e3e7c