人付き合いの基本を学んで、人間関係のストレスを解消する方法

人付き合いの基本を学んで、人間関係のストレスを解消する方法
学校でも会社でも人付き合いって難しいですし面倒くさいものですよね。でも、苦手だからといって避けては通れないのが辛いところ、人付き合いや人間関係にストレスを抱えている方は多いでしょう。

会社や学校では、気持よく付き合える人ばかりではありませんし、せっかくのあなたの厚意や親切を無下にする人だっている、あるいはあなたにとって嫌なことばかりを言ってくる人もいます。

このような人とどう付き合っていけば人付き合いや人間関係のストレスを最小限に抑えることができるのでしょうか。

ということで、今回は人付き合いの基本や人間関係のストレスを解消する方法をお伝えします。人付き合いが苦手な方、人間関係でストレスを抱えやすい方、ぜひ参考にしてください。

意味のないやりとりを面倒くさがらないこと

挨拶や天気の会話など、人付き合いや人間関係を良好に保つためには意味のない会話やコミュニケーションが大切です。これを怠ると、新しい人間関係を築くことができませんし、良好な人間関係をキープすることはできません。

仕事上だけの付き合いだからといって、業務連絡だけではギスギスした人間関係になってしまいますし、コミュニケーション不足から肝心の仕事にも支障をきたします。

何よりも、良好な人間関係を築いていないことで、一緒にいたり業務連絡のための言葉を交わすだけでストレスを覚えるようになってしまいますよ。用件を伝えるための声かけは報告や連絡であり、人付き合いではありません。

人付き合いとは意味のないやりとりのこと、意味のないやりとりにストレスを覚えることもありますが、人間関係を良好に保つためには必要なことだとわりきって、朝はさわやかに「おはようございます。今日もいい天気ですね」と声をかけましょう。朝一番から相手を無視してはだめです。

 

厚意や親切に見返りを期待しないこと

「ギブアンドテイク」の約束事を守ってくれない相手と付き合っていくのはストレスですよね。こっちばかり親切をするのですから、損した気持ちになりますし、せっかくの厚意を無下にされれば腹も立ちます。

しかし、人付き合いではあなたにとっては当たり前のことでも相手にとっては当たり前でないことを知っておかなければストレスがたまるばかりです。暗黙のルールは通用しないこと、厚意や親切に対する見返りははなから期待しないようにしましょう。

期待を裏切られればストレスを覚えますが、最初から期待していなければストレスはたまりませんし、万が一相手からお礼があれば「ラッキー」と幸せな気持ちになれますよ。

 

「すみません」は謝罪ではなくコミュニケーション術の一つと心得ること

学校や会社で、あるいは友達との間では、自分は悪くないのに「ごめんなさい」「すみません」と謝らなければいけないことがあります。相手が悪いのになぜ自分が謝らなければいけないのか、腹が立ちますしストレスですよね。

しかし、上司の機嫌を損ねないため、あるいは友達と仲直りするためには、口先だけの「ごめんなさい」や「すみません」も必要です。

このときの「すみません」は謝罪ではなく、人間関係を円滑にしあなたが生きやすくなるためのコミュニケーション術の一つ!そう思えば「すみません」もストレスなく口にすることができます。

 

相手の評価を気にし過ぎないこと

相手の好かれたい・嫌われなくないという気持ちが強ければ強いほど、人付き合いで我慢したり、相手に親切にしたり、あるいは見栄を張らなければいけなくなり、人付き合いにストレスを覚えます。

相手の評価を気にし過ぎないこと、「別にあなたに好かれる必要はない」と思うことが人間関係でストレスをためないコツです。

会社の同僚や学校のクラスメイト、あるいは友達だってそう、好かれても嫌われてもしょせんは彼らは赤の他人、いざというときに頼りになるわけでもないし、一生一緒にいるわけでもありません。そんな人に嫌われようがどうしようがどうだっていいこと、あなたの人生で重要な意味を持つことはないのです。

 

人間関係から離れて一人になる時間を作ること

どんなに人付き合いが上手な人だって、他人とずっと一緒にいるのは疲れるしストレスがたまるものです。人付き合いのストレスを解消するためには、同僚や友達から離れて一人きりになるのが一番!ということで、人間関係のストレスを解消したいときには一人の時間を作ってくださいね。

スマホもパソコンもオフ、誰とも連絡をとらず、誰かのことを気にかけたりせず、自分の趣味や好きなことだけに没頭する時間です。一人きりが寂しくなったり、人恋しい気持ちになったら人間関係のストレスが解消できたサイン!頭に浮かんだ友達に連絡してみましょう。

 

以上が人付き合いの基本を学んで人間関係のストレスを解消する方法でした。人付き合いでは、挨拶などの意味のないやりとりを大切にすること、厚意や親切に対する見返りを求めないこと、あるいは「すみません」をコミュニケーション術の一つとして使うなどの基本を知っておくことで、ストレスをためにくくなりますし、会社や学校で良好な人間関係を維持しやすくなりますよ。

人付き合いのストレスを避けるあまり、人間関係がうまくいかなくなっては、また新しいストレスを抱え込んでしまうので、面倒くさくても基本的な人付き合いはきちんとやりましょう。人間関係で相手に好かれたい気持ちが強すぎるとストレスをためやすいです。

相手の評価は気にし過ぎないようにしましょう。また、人間関係のストレスがたまったときには、一人の時間を作って趣味や好きなことに没頭しましょう。人間関係のストレスを解消することができます。

まとめ

人付き合いの基本を学んで人間関係のストレスを解消するためには

・ 意味のないやりとりを面倒くさがらないこと
・ 厚意や親切に見返りを期待しないこと
・ 「すみません」は謝罪ではなくコミュニケーション術の一つと心得ること
・ 相手の評価を気にし過ぎないこと
・ 人間関係から離れて一人になる時間を作ること


連記事