友達の作り方に悩む人の奨める、正しい仲間の作り方

友達の作り方に悩む人の奨める、正しい仲間の作り方
友達の作り方を人に教わったり、教えたりするのは、とても難しいですよね。人によって友達に求めるものが異なるので、他の誰かが試した友達の作り方はまったく役に立ちません。

幼稚園や小学校にいた頃は、自然と友達ができていたのに、年齢を重ねていくと、徐々に友達を作るのが難しく感じるようになってきます。

そばに心から信頼できる友人がいるだけで、人は辛い局面でも乗り越えていけるでしょう。近年SNSの普及により、友達の作り方や友達の定義も大きく変化してきました。しかし、時代や技術が変わっても、だれかと友達の作り方の本質は実はそんなに変わっていません。

その本質さえ理解しておくだけで、友達を作るのは意外にも簡単なことだとわかりますよ。そこで今回は、友達の作り方に悩む人に奨めたい、正しい仲間の作り方をお伝えします。



 

友達の作り方に悩む人の奨める、
正しい仲間の作り方

 

普段から明るい気持ちで過ごそう


友達の作り方が上手な人ほど、普段から明るい表情で過ごしています。顔の作りは関係なく、人前に出るときは上機嫌でいることが大切です。心の状態というのは表情では覆い隠すことができないものなのです。

犬や猫を飼ったことがある人はわかると思いますが、動物にはあまり表情がありませんが、機嫌が良いときと悪い時ではまったく印象が変わりますよね。それは心の状態がその人の雰囲気となって相手に伝わるからなのです。

また、上機嫌でいる人のほうが周囲からも声をかけやすく思われるので、自分から話しかけなくても、相手から話しかけてくれるようになるでしょう。顔が怖いと言われる人は、自然な笑顔ができるように練習しておくことです。

普段の表情と笑った表情にギャップがあるだけで人から慕われるチャームポイントになるでしょう。友達の作り方のはじめの一歩として、自分の中にちょっとずつ明るい気持ちを育ててみてください。

 

共通の趣味の人とつながろう


友達の作り方がわからなくなったら、自分の趣味や将来の夢や目標に目を向けてください。同じ趣味や目標を持った人であれば、同じ悩み、楽しみと言った共通言語を持っているので、仲良くなるまでにそれほど時間がかからないでしょう。

サークルやクラブ活動、イベントなどに顔を出し、たくさんの人と出会う機会を作りましょう。すでに多く人がやっていますが、SNSなどのインターネット上のサービスを利用し、自分の趣味や目標をアピールすることも大切です。

実際に人と会ったときには名刺代わりになるので、ぜひ試してみてください。ただし、この友達の作り方で気をつけたいのは、無理してたくさんの人と友達になろうとしてしまうことです。「これならできそうかな」と自分で思えるくらいのハードルの低いところから当たるようにしましょう。

 

仲良くなるために時間をかけよう


友達の作り方において、誰かと親密になるために必要なのは、「時間をかける」ということです。「友達」とは、同じ時間や体験を共有し、それらを通じてお互いに信頼し合える関係のことを言います。

例えあなたが一方的に友達と思っていても、昨日今日知り合った相手では友達とは呼べないですし、相手があなたを友達とは思ってくれないでしょう。ただ、長い年月知り合いだったというだけでも友達にはなれませんよね。

苦楽を共にしたり、困っている時には助けあったり、お互いの秘密を共有したり、時には切磋琢磨するライバルだったり、血が繋がっていないけれど兄弟のような関係とも言えるかもしれません。

この友達の作り方では、付き合いの程度こそあれ、お互いが友達と呼び合えるまでに最低でも半年から1年くらい時間はかけるつもりでいましょう。

 

無理なく話ができる相手と仲良くなってみよう


友達の作り方がわからないという人は、職場や学校、バイト先、サークルなど人が集まる場所に行った時に、自然に会話できる相手を見つけましょう。

話していて、精神的に抑圧されていると感じたり、逆に見下しているようなら、その人とは友達として付き合うことは難しいかもしれません。ましてや、物心両面において一方的に依存するような関係も健全な友達とは言えません。

お互いに気を許しながらも、大事なところでは心配りできる間柄だと理想的です。また、相手の性格やキャラクターは真逆のほうが相性が良い場合もあります。

そういう友達とは、お互いに自分にない部分を尊敬しあうことができるので、一生付き合える友人となるでしょう。一見、話しづらそうと思える相手でも、話してみるとすんなり仲良くなれるかもしれませんね。

 

自分の短所を受け入れ、人を受け入れる雰囲気を作ろう


友達の作り方で大切なことは、人前でも短所をさらけ出すことです。良い友達関係を作りたいなら、お互いの短所を受け止められるだけの信頼関係があることが大切ですが、短所をさらけ出すのは誰にとっても怖いもの。

ですが、短所を人前にさらけ出すためには、自分で自分の短所や失敗談を受け入れていなければいけません。タレントや芸人の方でも、ファンや周囲の人から愛される人は、自分の失敗談や短所を上手に売りにしていますよね。

自分の短所を受け入れている人は周囲からも「この人なら自分の短所を笑わないで受け入れてくれるかもしれない」と思ってもらいやすくなります。

「アイドルなのに歌唱力がない…」「芸人なのに面白くない…」というタレントさんたちのように、弱点を武器にして友達の作り方に置き換えてみると良いでしょう。

 

いかがでしたか。

友達の作り方には絶対的な正解はありませんが、自分がほんの少しだけで前に踏み出すだけで、簡単にできてしまうものでなんですよね。

「自分が完璧でなければいけない」「何かに長けていなければいけない」と思っている人は、これらをヒントに少しだけ見方を変えてみてください。

完璧な人や何かに飛び抜けて優れている人は、周りからみると「見下されるかもしれない」という恐怖が付きまとってしまいます。

多くの人は心が弱いものです。自分の弱さも他人も弱さも受け入れることで安心して友達関係を築く第一歩が踏み出せるでしょう。

互いの弱さを受け入れることで、人として強くなるための基礎を固めることができるのです。せっかく友達や仲間を作るのであれば、お互いを許し高め合う友達を作ることを目指してみましょう。

 

まとめ

友達の作り方に悩む人が仲間を作るには

・ 普段から明るい気持ちで過ごそう
・ 共通の趣味の人とつながろう
・ 仲良くなるために時間をかけよう
・ 無理なく話ができる相手と仲良くなってみよう
・ 自分の短所を受け入れ、人を受け入れる雰囲気を作ろう



1e3a846cb7248b2ac4977a2a536e3e7c