彼氏依存を脱出して、快適な人間関係で暮らす5つの方法

彼氏依存を脱出して、快適な人間関係で暮らす5つの方法
彼氏に依存するあまり、家族や友達との関係がうまくいかなくなったり、職場での人間関係にひびが入ってしまうことがありますよね。

また、彼氏依存で彼氏以外の人間との関係がうまくいかなくなるばかりでなく、あなた自身が彼氏との付き合いの中でストレスやプレッシャーを覚えたり、精神的に追い詰められることもあるでしょう。

彼氏に依存するあまり彼氏なしでは何もできない・どこにも行けないという精神状態になってしまったり、彼氏に他の人との付き合いを制限された結果気付くと彼氏以外に自分の味方はいなくなってしまったなんてこともあります。

こうなると、彼氏依存の中でも重症、彼氏依存を抜け出すのも大変になるので、こうなる前に彼氏と適度な距離感を持つようにしましょう。今回は彼氏依存を脱出して、快適な人間関係で暮らす5つの方法をお伝えします。

 

彼氏依存を脱出して、
快適な人間関係で暮らす5つの方法

 

プライベートの予定を彼氏一色にしないこと

彼氏依存を脱出するために、プライベートの予定を彼氏一色にしないようにしましょう。友達と遊びに行ったり、母親と買い物に行く、自分の習い事や趣味の時間を作るなど、プライベートで彼氏と会わない時間や会わない日を作ってくださいね。

プライベートの予定を彼氏一色にしないことで、友達や家族との人間関係も良好な形で維持することができますし、何よりも彼氏に対して「私にはあなたとの約束以外にも大切な約束がある」「いつでもあなたが最優先ではない」ということを示すことができます。

彼氏のあなたに対する独占欲や支配欲も彼氏依存の原因の一つなので、彼氏の独占欲や支配欲をはねとばすためにも、彼氏以外の予定を作ることが大切です。

 

100%の確率で彼氏からの誘いに応じないこと

彼氏からの突然のデートの誘いや呼び出しに対して、いつでも「はい」と応じてはいけません。先約があるときにはもちろん、非常識な時間や用事での誘いはきっぱり断ってください。

友達との約束をドタキャンしてまで彼氏からの誘いに応じるというのは、すでに彼氏依存が始まっています。自分の彼氏依存を自覚して、断固とした態度をとりましょう。

また、深夜の呼び出しや無理難題の要求は、彼氏があなたの好意を試していたり、あなたを支配したいという気持ちのあらわれです。

これらの呼び出しや要求に応じていると、要求はさらにエスカレートするし、彼氏もあなたは誘いを断らないものと勘違いします。彼氏の支配欲や勘違いを阻止するためにも、「それはちょっと無理」という誘いは断りましょう。

 

友達や家族と楽しい時間を過ごすこと

彼氏からの誘いを断っても、友達と遊んでいる最中も頭の中はずっと彼氏のことでいっぱいでは彼氏依存を脱出できません。

「誘いを断って、気を悪くしたかな」「埋め合わせはどうしよう」「他の女と会ったりしていないよね」など、彼氏のことであれこれ悩んだり不安になるのはやめて、友達との楽しい時間を満喫してください。

友達や家族と楽しい時間を過ごすことで、その間彼氏がどこで何をしているのかを気にしなくなりますし、「別に彼氏と一緒じゃなくても、楽しめるじゃん」という自信がつきます。彼氏がいなくても大丈夫という自信は彼氏依存から脱出するために最も大切なものですよ。

 

同棲を解消すること

彼氏と同棲すると、仕事以外ずっと一緒、出掛けるときには「どこ行くの?誰と行くの?帰りは何時?俺の夕食は?」と言われては、一人になっても常に見張られている気になりますよね。

友達と遊びに行っているときだけでなく仕事中も、「彼氏の帰宅前に夕食を作っておかなきゃ」だとか「彼氏の機嫌が悪くなるから飲み会は断ろう」など、彼氏を中心に行動してしまい、仕事がうまくいかなくなったり、職場の人間関係にひびが入ってしまいます。

彼氏との同棲をきっかけに、彼氏依存がひどくなった、彼氏との関係が密すぎて息が詰まりそうだという方、同棲を解消しましょう。同棲を解消することで、プライベートであなただけの時間を持つことができ、彼氏との距離を見直すことができます。

 

彼氏と別れること

彼氏依存が深刻なときには、彼氏と別れてしまった方がよいかもしれません。彼氏と別れてしまえば、「彼氏なしじゃ何もできない」なんて言っていられなくなりますし、あなたの人生で彼氏がいなくても普通に生活していた時期の方が長いのですから、「彼氏なしじゃ何も~」ということが単なる自分の思い込みであったことに早晩気付くでしょう。

また、彼氏の独占欲や支配欲のせいで、家族や友達の関係が壊れてしまい彼氏に依存するしかなくなったというときには、彼氏と別れない限り、彼氏以外の人間関係を築くことはできません。

彼氏とかたときでも離れたくない、反対に、彼氏と一緒にいると息が詰まる、これらは形は違えど両者ともに彼氏依存です。このような症状が出たときには、もう潮時、別れるタイミングですよ。

 

いかがでしたか。以上が彼氏依存を脱出して快適な人間関係で暮らす5つの方法でした。彼氏依存を脱出するためには、彼氏以外の予定を作ったり、彼氏以外の人間との関係を築く・維持することが大切です。

プライベートを彼氏一色にせず、ときには友達や家族との約束を彼氏よりも優先させ、彼らと楽しい時間を過ごすようにしてください。先約があるときには、彼氏からの誘いに応じてはいけません。

彼氏と同棲している方は同棲を解消するのも一つの手ですし、「彼氏のいない人生を考えられない」「私の味方は彼氏しかいない」と思い込んでしまうほど彼氏依存が深刻なときには、いっそ彼氏と別れてしまいましょう。

彼氏依存を脱出するためには、彼氏のいない生活に慣れ、彼氏以外との人間関係の中であなた自身が楽しく快適に暮らすことが大切です。

まとめ

彼氏依存を脱出して快適な人間関係で暮らすためには

・ プライベートの予定を彼氏一色にしないこと
・ 100%の確率で彼氏からの誘いに応じないこと
・ 友達や家族と楽しい時間を過ごすこと
・ 同棲を解消すること
・ 彼氏と別れること


連記事