こめかみニキビを防止してツヤツヤおでこを守るコツ

こめかみニキビを防止してツヤツヤおでこを守るコツ
繰り返しできるしつこいこめかみニキビ、気になりますよね。治ったと思ったらまた新しいニキビが顔を出す、髪の毛で覆えば隠れはするけど悪化して治らない、というようにこめかみニキビはニキビで悩む方にとって手ごわい難敵です。

また、こめかみにニキビができていたことをすっかり失念、考え事でこめかみを掻いた拍子にニキビをがりっとひっかいてしまったなんて経験をお持ちの方も多いのでは?

せっかく治りかけていたニキビがうっかりのせいで元の木阿弥、血や膿が出たりかさぶたができたりして、またしばらく治らなくなってしまいますよね。このように厄介なこめかみニキビにはどう対処し、どう予防すればよいのか。ということで、今回はこめかみニキビを防止してツヤツヤおでこを守るコツをお伝えします。

こめかみをを髪や化粧で隠さないこと

髪や化粧品の刺激でニキビができたり、悪化することがあります。こめかみを髪や化粧品で隠さないようにしましょう。

こめかみにニキビができやすい方は髪を結んでこめかみに髪の毛が当たらないようにします。化粧はなるべく低刺激性のものを使用し、厚塗りは控えましょう。こめかみにニキビができたときも、髪の毛や化粧でニキビを隠さないことが大切です。

 

こめかみを掻いたり頬杖をつかないこと

髪や化粧品だけでなく手の刺激もまた、こめかみニキビの原因です。こめかみを指先で掻いたり、頬杖をついてこめかみを指先で押さえていると、手についている汚れや雑菌がこめかみに付き、ニキビができやすくなります。

また、こめかみを指先で掻いた拍子に、こめかみを傷つけてしまうこともありますよね。この傷口から雑菌が侵入しニキビができることも!こめかみニキビを防止したいときには、こめかみをなるべく触らないことが大切!

考え事をするときにこめかみを掻いたり頬杖をつく癖のある方は無意識のうちにこめかみを触っているので、気をつけてくださいね。

 

化粧をきちんと落とすこと

毎日のクレンジング、丁寧にしているつもりでもこめかみの化粧を落とし忘れていませんか。顔の真ん中や目の周りは丁寧に落とすけど、髪の生え際やこめかみあたりは全くクレンジング剤がついていないということがあるので注意してください。

クレンジング剤は顔の真ん中や正面だけでなく、顔の端っこ、髪の生え際まできちんとつけましょう。また、クレンジング剤の刺激が強すぎることでこめかみニキビができることもあります。

マスカラをしたりアイラインを引いたりアイシャドウを塗ったりと、何重にも化粧をした目の周りは強力なクレンジング剤でなければ化粧を落とせませんが、こめかみは化粧下地とファンデーションくらいですよね。

強力なクレンジング剤でなくても十分落ちるので、こめかみにニキビができやすい方は、こめかみのクレンジングにはマイルドタイプを使用してみてください。

 

洗顔後に保湿ケアをすること

こめかみは肌が乾燥しやすい箇所です。ニキビというと皮脂が原因というイメージがありますが、こめかみニキビの場合は皮脂ではなく肌の乾燥が原因のことが多いです。こめかみにニキビができやすい方は洗顔後に化粧水やクリームでこめかみの肌を保湿してください。

「日中、こめかみを触ると肌がべたついているから乾燥肌じゃない」という方もいるかもしれませんが、こめかみがべたつくのはインナードライの可能性があります。肌が乾燥を防ぐために皮脂を過剰に出しているだけ、肌の表面はべたついているけど実際は肌は乾燥しているのです。

インナードライの肌は保湿しなければ自己防衛のためにますます皮脂を分泌します。皮脂の分泌を抑えるためには保湿ケアを十分に行うことが大切です。

 

枕カバーやシーツを清潔に保つこと

枕カバーやシーツの汚れ、雑菌がこめかみニキビの原因になっていることもあります。特に横向きに寝る方、こめかみと枕カバーやシーツが接触していますよね。枕カバーやシーツが清潔でないと、こめかみに汚れや雑菌が付着してしまいますよ。

枕カバーはなるべく毎日替えてください。シーツも毎日替えるのが望ましいですが、忙しかったり天気次第では毎日替えるのは難しいですよね。シーツは1週間に1回以上の交換を目安にするとよいです。

また、枕カバーやシーツを毎日替えることができないときには、頭を載せる部分(こめかみと接触する部分)にタオルを敷き、このタオルだけを毎日取り替えるのがおすすめ!枕カバーやシーツを毎日交換するよりも楽ですよ。

 

以上がこめかみニキビを防止してツヤツヤおでこを守るコツでした。こめかみニキビの原因の一つが髪や化粧、指先の刺激です。こめかみニキビを予防するためにはこれらの刺激からこめかみを守ることが大切!なるべく髪や指先がこめかみに当たらないように注意しましょう。

化粧は低刺激性のものを使用してください。また、化粧をしたらきちんと落とす!これもこめかみニキビを防止するコツです。クレンジングの際、こめかみの化粧を落とし忘れないように注意してくださいね。

洗顔後は肌の乾燥を防ぐための保湿ケアもお忘れなく。枕カバーやシーツを清潔に保つこともこめかみニキビを防止するのに効果的です。シーツを毎日交換できない方は、シーツの上にタオルを敷いて寝るのがおすすめです。

まとめ

こめかみニキビを防止してツヤツヤおでこを守るためには

・ こめかみをを髪や化粧で隠さないこと
・ こめかみを掻いたり頬杖をつかないこと
・ 化粧をきちんと落とすこと
・ 洗顔後に保湿ケアをすること
・ 枕カバーやシーツを清潔に保つこと


連記事