心が折れるほどつらいパワハラから解放される5つの方法

心が折れるほどつらいパワハラから解放される5つの方法
心が折れるほどに辛いパワハラを受けているあなた。出口の見えない毎日に、苦しく辛い日々を送っていることでしょう。あなたは一人ではありませんよ。同じように疲弊しきった日本社会では、上司の執拗なパワハラに、心が折れるほど悩まされている人がたくさんいるのです。日々のストレスのやり場も逃げ道も見いだせないまま、会社への重い道のりを暗い気持ちで歩いているのは、あなただけではないのです。

パワハラとは、職場での上司からの執拗な「責め」を言います。上司という立場を利用して、仕事に関係のない人間性を貶める言葉を用いて、部下の心を苦しめる行為は全て「パワハラ」に分類されます。男性上司が女性の部下へと性的な嫌がらせをする「セクハラ」と違い、言葉や態度で行われることが一般的です。

パワハラを受けている部下は、人間性を否定され続けることによって落ち込み、人格を損なうほどにストレスにさいなまれることもあります。現代社会ではパワハラは犯罪行為だとして法的に訴えることも可能ですが、会社という閉鎖社会では泣き寝入りすることが多く、なかなか表には出ないものでもあります。

それでは、心が折れるほどに辛いパワハラから解放されるためには、どうすればいいのでしょうか。以下に、パワハラから見事に逃れ、心機一転して人生を楽しむことに成功した先人たちの経験をもとに、「心が折れるほどつらいパワハラから解放される方法」をまとめてお伝えします。



 

心が折れるほどつらいパワハラから解放される
5つの方法

 

下を向かずに上司の目を見よう


パワハラを受けているときに下を向いてその時間が過ぎるのをひたすらに待つ姿勢の人が多いのですが、それは間違いです。あなたの人間性を否定する権利など、その上司にはないのですから。

下を向いていると、そのうちに心が折れるようになります。「上司に卑下されるほど、自分はダメな人間ではないのだ!」と自信をもって、上を向いてください。そして上司の目をしっかりと見据えてください。

「何をにらんでるんだ?態度が悪い!」と怒る上司もいるかもしれませんが、そんな時は「お話をしっかりと聞くために、顔をあげているのです!」と大声で言い返してやりましょう。あなたの瞳の持つ「上司は間違っている!」という強い思いと、勇気を振り絞った強い口調に、どんな上司もひるむはずです。

 

大きな声であいさつをしよう


パワハラを受けているときは、朝起きてから会社への道のりが暗く重く辛く感じられます。会社へ行きたくない気持ちは当然ですが、「自分は何一つ悪いことはしていない!」と開き直り、心を強く持ってください。

そして職場へと足を踏み入れたら、大きな声でみんなに挨拶をしてください。小さい声で下を向いていると、意地悪な上司の格好の標的になります。大きな声で上を向いてください。心が折れるほどに上司が怖くとも、何とか勇気を振り絞るのです。

から元気でもなんでもいいので、自分を奮い立たせて大きな声で上司の目を見て、挨拶をしてください。力強い挨拶は、「あなたからのパワハラ攻撃などに、負けはしない!」という印象を上司に与えると、パワハラが下火になるからです。

 

職場での地声を大きくしよう


心が折れるほどのパワハラを受ける人間の大多数が、声の小さい自己主張の弱い人間です。弱い人間や静かな人間は、意地悪な上司に目をつけられます。そこでパワハラ対策として、毎日腹筋をして地声を大きくしてください。これが意外と効果があります。

職場で上司がねちねちとパワハラをしはじめたときに、大きな声で「わかりました!今後気を付けるので、仕事に戻ってもいいでしょうか?!」と言ってください。そして、その時の上司の様子をよく見てください。おどおどとびっくりしていたら面白いですね。

体育会系の発声であればパワハラなど受けずに済みます。地声の大きさは、パワハラをはねのけるパワーを持っているのです。

 

同僚に上司の愚痴を言わない


パワハラを受けているときに、同じ職場の同僚や社員に、パワハラをする上司の悪口を言ってはいけません。「大丈夫だった?」「辛いよね。」とあなたを気づかって声をかけてくれる人もいるかもしれません。しかし強気を貫き通し、「愛情で叱ってくれているんだよ!大丈夫だよ!」と返しましょう。

上司の悪口など言うと、いつ上司本人の耳に入るかわかりません。ますますパワハラの対象にならないためにも、愚痴は職場以外で関係のない知人に漏らしてください。

 

「嫌われてもいい」「首になってもいい」と割り切ろう


パワハラを受けて心が折れるほどに辛い思いをしているあなた。あなたはもう十分頑張っています。これ以上、今の職場にい続ける必要はありません。

ポケットに忍ばせたレコーダーを毎日オンにしておいて、パワハラ上司のパワハラ証拠さえあれば、会社を辞めて訴えることも可能なのです。あなたを踏みつける上司は犯罪者で、あなたは自分を自由に解放する権利を持っています。

職場での評判を気にせずに、堂々と大きな声で上司に向かって言い返してもいいのです。職場など、去ってしまえば一生会うことの無い人たちばかりで作られている、小さな小さな社会に過ぎません。「変な奴だと思われてもいい。」「首になったら法的に訴えてやる。」と胸に秘め、上を向いて、前を向いてください。

 

さて、心が折れるほどに辛いパワハラから解放されるための5つの方法を紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

上述のパワハラから逃れる方法は、経験者の意見を参考にして書いたものです。大きな声で上司に言い返し、首までいかなくとも閑職に回された人もいます。しかし心が折れるほど耐え続けるよりも、あなた自身を自由に解放して声をあげて叫ぶべきなのです。

閑職に回されたときは上司と会社を法的に訴えて、見返してやればいいのです。間違っているのはパワハラをする上司であり、それを許す会社なのですから。

あなたも上の文章を読んでパワハラから逃れ、暗闇から脱却してください。何よりも、「パワハラに苦しめられているのは自分だけではない!」と強く思い、孤独に絶えずに仲間の存在を知り、活路を見出してください。それは、第2第3のパワハラ被害者を未然に救う、勇気ある行動でもあるのですから。

 

まとめ

心が折れるほどつらいパワハラから解放される5つの方法とは?

・下を向かずに上司の目を見よう
・大きな声であいさつをしよう
・腹筋をして発声練習をして、職場での地声を大きくしよう
・同僚に上司の愚痴を言わないようにしよう
・「嫌われてもいい」「首になってもいい」と割り切ろう

1e3a846cb7248b2ac4977a2a536e3e7c