モテない原因を解消して、素敵な恋愛をする5つの方法

モテない原因を解消して、素敵な恋愛をする5つの方法
あなたの周りにも、モテる人・モテない人っていますよね。モテには持って生まれた外見の要素が大きいけど、冷静に周囲を見渡すと「どうもそれだけではないらしい」ということに気づきます。

美人や美男子はそうでない人に比べてモテている確率は高いですが、だからと言って必ずモテているというわけではなさそう。それに、美人というほどでもない女性がなぜか男性から引く手あまた、という現象は、非常に多く見かけます。

そんな人たちと自分の違いは何なのか知りたくないですか?自分では外見も内面も磨いているつもりだけど、なぜかモテない…今回は、そんなあなた必読!「自分がモテない理由」をチェックして、モテない原因とどうすればモテに繋がるかをお伝えします。



 

モテない原因を解消して、
素敵な恋愛をする5つの方法

 

方向性の間違った清潔感を改めよう


何といっても清潔感は大事。モテ以前の身だしなみではありますが、あなたの考える「清潔感」が独りよがりのものになっていないかを確認することは大事です。

体臭を気にしすぎるあまり香水を大量につけていたり、髪型をキメようとするあまり負担の強い施術で毛先がボロボロだったりということはありませんか?女性の間ではおしゃれと捉えられるネイルも、異性への受けはイマイチ。モテを重視するなら控えめにしたほうが良さそうです。

また、身なりはきれいだけど会社のデスクは散らかり放題だったりということもマイナス要素。ギャップが大きくて強烈に悪い印象を残してしまいます。モテない理由が方向性の違った清潔感だったとしたら残念すぎます。友達や家族など、はっきり言ってくれそうな人から客観的な意見を聞いてみましょう。

 

待っているだけではダメ!コミュニケーション能力をつけよう


「草食系男子」なんて言葉が一般的になって久しいですが、その傾向は男女共に増加傾向。奥手で、自分から異性との交流を広げようとする行動力に欠けている人が多いようです。ですから、「自分はモテない」と思っているあなたの周りにも、実はあなたに声をかける勇気がなくて気づいてもらえない人がいるかもしれません。

とくに、あなた自身もコミュニケーションを取るのが苦手な場合は事態はさらに難しくなります。相手が声をかけ易くするには、あなたの日ごろの態度が大事になってきます。誰にでも気さくに接し、挨拶にも笑顔を忘れないようにしましょう。「この人なら拒絶しないだろう」と思ってもらえるようにすることが鍵です。

 

プライドを捨ててみよう


モテない人の中には、守りに入ってしまう人も多く見かけます。「自分がモテないのは異性に興味がないからだ」というふうに思い込もうとしたり、そう発言して自分のプライドを守ろうとしてしまうのです。でも、これは絶対やってはいけないこと。もしあなたに気がある人がいたとしてもその発言で諦めてしまいます。

また、この発言が直接異性の耳に入らなかったとしても、異性と知り合うきっかけとして有力な方法である「知人からの紹介」という手段も自ら封じてしまうことになります。必要以上のプライドはなんの役にも立ちません。自分の気持ちに素直になりましょう。

 

控えめと卑屈の違いを知っておこう


モテの要素は見た目だけではありません。もちろん見た目は大事ですが、モテない人の中には外見に問題がなさそうな人も多く、よく知らない人からは疑問を持たれることもあります。でもそういう人と話してみたら、あまりにも会話がかみ合わなかったり楽しくなかったりで、あっさりと謎が解けたりすることもあります。

モテない人にありがちなことですが、あなたはマイナス思考すぎて相手に苦痛を与えていませんか?どんなに外見が良くても、会って楽しいと思えない相手とは長続きしません。

異性から褒められて「そんなことないです、私なんか」と卑下しすぎてその場の空気が暗くなった経験がある場合は要注意!相手が負担に思わない謙遜の仕方はたくさんあります。

単なる社交辞令は上手に受け流すなど、会話はその場の空気を作ることも大事です。苦手だからと避けてばかりではそういった方法は身に付きませんので、場数を踏んで会話を楽しめるようになりましょう。

 

モテの対象を考えよう


モテないと悩む人なら、モテの王道とも言えるファッションやメイクについて知っている人も多いと思います。あなたが不特定多数からモテたいなら、その王道のモテを追及してよいでしょう。

しかし、あなたがモテの王道を行く女子アナファッションが苦手でアバンギャルドな服装をしているなら王道を目指すのは苦痛でしょうし、王道につられてやってきた異性もあなたの本性を見て離れて行ってしまうかもしれません。

魔法が解けた後のシンデレラでもいいと言ってくれる人を探すには、魔法のかかっていない状態で知り合うのが手っ取り早いのです。

大事なのは「モテのためにどこまで譲歩できるか」。ただちやほやされたいだけならいいですか、その中からお付き合いする人を見つけるなら、自分に嘘をつかなくてもいい人を選ぶべきです。モテのために個性を捨てられないと思うなら、個性を維持したままで好きになってくれる人を見つけましょう。

 

いかがでしょうか。自分の視点からは見えにくい「モテない原因」があることに気づけましたよね。物事には様々な角度からの見え方があって、自分からは見えない角度も必ずあります。

「明るい気さくな態度」も「がさつで横柄」と見る人もいますし、自分自身を「控えめで奥ゆかしい性格」と思っていても、接した人からは「消極的で、避けられているよう」と損な受け取られ方をする場合もあります。ですから、第三者からの視点は大事です。

客観的な意見を言ってくれる人からアドバイスをもらったり、自分の周りのモテる人の様子を観察したりして視野を広げましょう。間違えても「モテ=媚びを売る」という短絡的な手段に陥らないように、誰から見ても感じの良いモテを目指しましょう。

まとめ

「モテない人」を卒業するには

・ 方向性の間違った清潔感を改めよう
・ 待っているだけではダメ!コミュニケーション能力をつけよう
・ プライドを捨ててみよう
・ 控えめと卑屈の違いを知っておこう
・ モテの対象を考えよう

1e3a846cb7248b2ac4977a2a536e3e7c
連記事


1e3a846cb7248b2ac4977a2a536e3e7c