寝る前におでこのニキビを予防する7つのステップ

寝る前におでこのニキビを予防する7つのステップ
ちょっと油断すると、すぐにできてしまうおでこのニキビ。繰り返すようなおでこのニキビも、寝る前のちょっとしたステップを習慣づけることで、予防することができます。

できてしまって悩むよりも、おでこのニキビを予防する7つのステップを実践して、おでこニキビのわずらわしさから解放されましょう。そこで今日は寝る前におでこのニキビを予防する7つのステップについてお伝えします。



 

寝る前におでこのニキビを予防する
7つのステップ

 

夕食は消化の良いものをとろう


にきびはできた場所により体の不調が分かるサインになっているといわれています。大人になってからできるおでこのにきびは、消化機能低下など胃腸の不調サインです。

胃腸をいたわるために、寝る2-3時間前には消化の良い夕食を食べ終えておきましょう。睡眠により胃腸をしっかりと休ませてあげられる状態にしておくことが、おでこニキビを予防する第1ステップだといえます。

 

夜9時までにはメイク落とそう


お肌のための睡眠のゴールデンタイムは午後10時~午前2時といわれています。でも働く女性にとって、夜10時までにベッドに入るのはけっこう難しいものですよね。

10時までに寝ることは難しくても、おでこにきびの予防のためには、メイクを夜9時までに落とすように心がけましょう。 お肌にも休息時間が必要ですので、できれば1日10時間のノーメイクの時間をつくってあげることが理想的です。 朝7時にメイクする人でしたら、夜9時までにはメイクを落としましょうね。

おでこのにきびを予防するためには、できれば帰宅してすぐのメイク落としを習慣づけたいですね。

 

38~40℃のお湯で入浴しよう


朝のシャンプーが習慣の方も多いかと思いますが、寝る前にお風呂に入ることも、おでこのにきびを予防する大切なステップです。夜にお風呂に入って、その日の汚れを落としてから寝るようにしましょう。

入浴中はなんといっても最高のスキンケアタイムにもなりますので、38~40℃のお湯でゆっくり温まり、毛穴をひらきしっかり汚れを落としてくださいね。

入浴の効果は、体の汚れを落とすだけではありません。リラックス効果、疲労回復効果も見逃せませんよ。日中のストレスをゆるめ、リラックスできる質のよい睡眠を得るためにも、お風呂の時間を上手に利用しましょうね。

 

テレビやパソコンは就寝1時間前にオフ


寝る前のテレビやパソコンは、おでこにきび予防には大敵です。深い眠りを得るためには副交感神経が優位なリラックスの状態になることが大切ですが、睡眠の前のパソコンやテレビは脳を興奮状態にし、交感神経優位のストレスの状態にしてしまうのです。

この交感神経優位の状態では、眠りにつきにくくなり、仮に眠れたとしても、睡眠の質が低下してしまいます。就寝する1時館前にはテレビやパソコンを切って、できれば白熱灯などの暖かい光の間接照明の部屋で静かに過しましょう。

 

軽いストレッチをしよう


寝る前にストレッチをすることも、にきび予防に大切な良質な睡眠を確保するステップのひとつです。5分ほどのストレッチをするだけで、副交感神経の働きが高まり、寝つきがよくなり眠りを深くすることができますよ。

マッサージを受けると、気持ちがよくなり眠ってしまった経験がある方も多いのではないでしょうか?軽いストレッチにも同じ効果があるのです。また血行がよくなることで、栄養分や酸素が全身のすみずみの細胞にまでいきわたり、老廃物や疲労物質を排出する効果も期待できます。

特に入浴後は代謝もよくなっていますので、38~40℃のお湯で入浴したあと、ストレッチで体をゆるめるというステップをぜひ寝る前の習慣にしてみてください。

 

ベッドに入る前に爪をチェックしよう


寝ているあいだは無意識のうちに肌を触ったり、掻いたりして、肌の状態を悪化させてしまうような行為をしてしまいがちです。ベッドに入る前に爪に汚れがないかチェックすることも、寝る前におでこにきびを予防するステップの1つとして取り入れましょう。

にきびが出来やすい方は、できれば爪を短く切り揃える方がより効果的ですよ。

 

枕カバーを交換しよう


質のよい睡眠のためにも、肌を清潔に保つためにも、シーツや布団・枕カバーは常に清潔にしておきましょう。

毎晩寝ている間にコップ一杯分の汗をかくといわれています。汗が付くと雑菌も繁殖しやすくなりますので、特に直接肌に触れる枕カバーは毎日交換したいものです。枕にタオルを1枚巻いて毎日交換すると、いつも清潔に眠ることができ、おでこにきび予防にも効果がありますよ。

ベッドに入ったら、枕のタオルを交換する。これも寝る前のおでこにきびの予防のステップとしてぜひ取り入れてみてください。

 

いかがでしたか。毎日寝る前にここで紹介したちょっとした習慣をプラスするだけで、体調やお肌は必ず変わってきます。体調やお肌をいつも健康にキープすることで、おでこニキビの発生を予防しましょう。

 

今日のまとめ

寝る前におでこのニキビを予防する7つのステップ

夕食は消化の良いものをとろう
夜9時までにはメイク落とそう
38~40℃のお湯で入浴しよう
テレビやパソコンは就寝1時間前にオフ
軽いストレッチをしよう
ベッドに入る前に爪をチェックしよう
枕カバーを交換しよう

1e3a846cb7248b2ac4977a2a536e3e7c