お尻を小さくしたい人必見!椅子に座ったまま行う体操

お尻を小さくしたい人必見!椅子に座ったまま行う体操
ダイエットしても、お尻を小さくするのは、結構、難しいですよね。ポッコリお腹もそうですが、食事制限などでは、体型の改善が出来ないパーツの為、エクササイズや筋トレをして、お尻のお肉をスッキリさせる、日々の努力が必要になります。

しかし、お尻を小さくする方法って、時間が掛かるものが多いと思いませんか。それなら、お尻が隠れる服や、お尻を小さく見せるデザインを選んだ方が楽だと、チャレンジする前から諦めてしまう人も多いのです。

だけど、年齢って、顔だけでなく、後姿にも出てしまうので、いつまでもキレイでいたいのなら、気になる部分をスッキリさせて、姿勢を正して歩きたいと思いませんか。そこで今日は、お尻を小さくしたい人必見の、椅子に座ったまま行う体操を5つ、お伝えします。

 

お尻を小さくしたい人必見!
椅子に座ったまま行う体操

 

正しい姿勢をキープする

椅子に座ったまま体操するというタイトルなのに、姿勢を正すって意味が分からないと思われるかもしれませんが、普段、猫背の人が姿勢を正し、それをキープするのってすごく体力が必要なので、ある意味、これも体操です。

実は、姿勢が悪いと代謝が悪くなり、太りやすく、お尻にもお肉が付いてしまいます。その為、椅子に座ったら、意識して姿勢を正すようにしてください。すると、お腹とお尻に自然と力が入るのが分かるはず。

もちろん、仕事に集中していると、普段の姿勢に戻ってしまうでしょうが、気付いた時に、再び姿勢を正しくすれば、自然と長い時間良い姿勢が保たれるようになりますよ。

長い時間キープすることが出来るようになればなるだけ、あなたのお尻は小さく、そしてキレイな形に近づくので、この簡単体操、ぜひ始めてみてください。

 

お尻の穴を締めて筋力をアップする

またまた体操と思えないようなお尻を小さくする方法ですが、これも他の人に気付かれずに出来るので、とてもおすすめです。椅子に座ったまま、お尻から腰に手の平を当て、お尻の穴をキュッと締めてください。

その際、当てた手を動かしながら、力が入っている部分を探しましょう。何となく張ったような、締まった感じがする部分があれば、お尻の筋肉に効いている証拠です。

これは、座っている時だけでなく、立っている時にも出来るので、気付いた時にお尻の穴を締めるように習慣づけてしまうのが一番。たったこれだけで、お尻が小さくなって、後姿がカッコよくなり、足の付け根の辺りもスッキリし、脚のラインがキレイになるので、パンツスタイルに自信が持てるようになるでしょう。

 

骨盤ストレッチをする

お尻を小さくしたいのなら、骨盤の広がりや歪みを修正して小さくするのが確実です。骨盤の矯正方法はいろいろありますが、椅子に座ったまま出来る体操もあるので試してみてください。

まずは、椅子に座ったまま、両手を下ろして椅子の両端を持ちます。体を揺らしながら、左側のお尻を上げ、それを左右、交互に繰り返し、10回位行いましょう。

こんなに簡単なのに、お尻が小さくなり、腰痛の予防にもなりますよ。これに慣れたら、椅子でのお尻歩きも一緒に行うと効果は抜群です。

お尻歩きは、椅子の前の方に座り、お尻で歩くように背もたれまで後退して行き、その後、前進するだけ。これも10回位行うと、腰の疲れがスッキリします。ただし、くれぐれも椅子から転げ落ちない様に気を付けて行ってくださいね。

 

握りこぶし挟み体操をする

これは仕事の休憩時間に出来る、簡単体操です。まず、椅子に浅めに座ってください。左右、どちらの手でも良いので、握りこぶしを作り、それを両膝で挟みます。

そして、お尻に力を入れながら、5秒位、両膝を押し合うようにし、これを何回か繰り返すだけ。挟むのはタオルなどでもいいですが、握りこぶしの方が、膝を押し合っている力が感じられるのでおすすめです。

この体操は、お尻を小さくするだけでなく、内ももにも効果があり、慣れてきたらお腹にも力をいれることで、ポッコリお腹の解消にも役立ちます。

しかし、短時間で出来る簡単体操だからこそ、忘れがちになってしまう可能性も否めませんよね。きちんと、体操する時間を決め、確実に行うことが、お尻を小さくする一番の近道ということを忘れないでください。

 

手の平押し体操をする

握りこぶし挟み体操と同じように、休憩時間を利用して出来る体操です。椅子に浅めに座り、背筋を伸ばしてください。両膝を少し開き、左右の膝の外側にそれぞれの手の平を当てましょう。

準備が出来たら、手の平を内側に押しながら、両膝を外側方向に5秒間押した後、5秒間、力を緩めてください。これを5回繰り返すだけです。

この体操を毎日行うと、お尻の筋肉が鍛えられ、その上、骨盤の歪みも解消されるので、痩せやすい体になりますよ。こんなに簡単な体操なのに、相乗効果はすごいのです。

ただし、骨盤の歪みは、一度改善したからと言って、継続するわけではない為、毎日の体操は欠かせません。骨盤の歪みは、腰痛や肩こりなどの原因にもなるので、この体操で、お尻を小さくしながら、健康な体作りも一緒にしていきましょう。

 

いかがでしたか。椅子に座ったまま出来る楽な体操で、お尻が小さくなるのですから、自分のスタイルにもっと自信を持つためにも、今すぐ始めたいですね。今まで、もう少し、お尻が小さかったら、キレイに着れるのにと、諦めた服もあったでしょう。

ですが、今日、お伝えした体操を、毎日、数分間行うだけで、悩むことなく、自信を持って気に入った洋服を手にすることが出来るのです。手に取った服を、自分のイメージしたまま着こなすことは、女性の憧れではないでしょうか。

それを、叶えるために、毎日、確実に体操をすることで、お尻が小さくなるだけなく、痩せやすい体や腰痛しらずの生活も実現が可能になるのです。キレイな後姿を目指して、今日から頑張りましょう。

まとめ

お尻を小さくするには

・ 正しい姿勢をキープする
・ お尻の穴を締めて筋力をアップする
・ 骨盤ストレッチをする
・ 握りこぶし挟み体操をする
・ 手の平押し体操をする


連記事