就職の面接で成功するために日頃から取り組む5つの練習

就職の面接で成功する
就職試験の面接は絶対に避けて通れないものですが、書類審査や筆記テストなどと比べると一番緊張する場面ですよね。ここで頑張らないとだめだとプレッシャーをかけて臨んでしまうと、力が入りすぎて失敗する場面もあるでしょう。

そんな当日の就職の面接試験、うまく乗り切るためには日頃からちょっとした心がけや練習が大変効果をもたらしてくれます。面接という空間は非日常的でその場にならないと体験できないことが様々あるでしょう。

しかしどんな会社を受けるにせよ、面接官が見ているポイントには共通する点がいくつもあるのです。そこで本日は就職の面接で失敗しないために普段の生活でできる、大切な準備ポイントについてお伝えします。

知らない人に積極的に挨拶しましょう

なにごとも下準備をしっかりしたほうが本番で失敗するリスクが少なくなりますよね。就職の面接も同様にどんな質問がされるか、ある程度は市販の面接対策本などを読みこんでおくことも大切です。

しかしその場になってみないとわからないのが面接官について。いきなり面接室で会った初対面の面接官を目の前にしただけで緊張してしまうでしょう。初対面の人に対する不安や壁を取り除くことは、就職の面接で自分らしさを発揮するためのコツになります。

そこで今日から始めたいのは、知らない人にも積極的に挨拶をする習慣です。たとえばコンビニのレジの人に「ありがとう」と声をかけるなど、知らない人との距離感をなくす練習をしてください。

 

毎朝鏡の前に立ち人に与える印象を見直そう

就職の面接はたった数分間の間に自分のあらゆることをチェックされています。質疑の内容が一番大切、しかし評価のカギを握るのは相手に好感を残せるかどうかがポイントです。

たとえばつまらそうな表情をしているよりも、ニコニコ笑顔のほうが同じ職場のスタッフとして魅力を感じるでしょう。今日からできる練習は、毎朝出かける前に鏡の前に立ち自分の姿をチェックしてください。

そして相手に与える自分のイメージアップになるように、表情の作り方や笑顔の練習、そして背筋をピンと伸ばして立ってください。初対面の人は最初の印象が一番インパクトになりますので、就職の面接は好印象を残す点にフォーカスしてみましょう。

 

発言するときは要点をうまくまとめましょう

就職の面接は1対1の時もあればグループ面接で自分の発言時間が限られている場合がありますよね。面接官に必死で答えを伝えようとだらだら話すのは、コミュケーション力が不足している人と判断される可能性があります。

ビジネスシーンでは要点をうまくまとめ効率的な会話のやりとりができる人が求められます。就職の面接でもその点を意識して、普段から発言するときは要点を上手に伝えるように練習してください。

たとえば「今日なにしての?」と誰かに質問されたとき、「テレビでスポーツ観戦してた」と言えばシンプルな答えのなかに行動内容の要点がまとっています。

「テレビ見てた」だけでは不足する情報がありますし、だらだらと余計な情報を伝えるのも相手に迷惑になるでしょう。

 

短時間でできるリラックス方法を見つけましょう

就職の面接は緊張感との闘いで、なんとかリラックスしようと思うとさらに心臓の鼓動が激しくなりますよね。こんな時は緊張しないように抑えつけるよりも、短時間でリラックスする技を身につけておきましょう。

深呼吸を繰り返し副交感神経を優位にする方法、癒される自然の風景をイメージする、お守りを持つなど、面接会場に入る前にできる即効技があると便利ですよね。

普段からできる練習としては、寝る前のリラックス習慣、緊張しやすい場面を多く体験するなど、本番の様子をイメージトレーニングしながらリラックス方法を活用してください。

 

企業の情報をたくさん収集しよう

就職の面接で普段から準備しておくことは、実際の面接に大変メリットになる企業に関する知識を身につけることです。面接官が知りたいのは、どれほど就職することに熱意を持っているかという前向きな姿勢。

入社したい会社のことはできるだけ情報を集めて、それ以外の企業には興味がないというぐらいの姿勢をアピールしましょう。企業のサイトをチェックしたり、取り扱う製品を調べるなど面接準備をする際に情報収集も忘れずにプラスしてください。

 

さて就職の面接ですが、頭のなかではわかっていても実際は緊張してなにを答えていいのかわからない時もあるでしょう。面接官にとって緊張する人の姿は決して初めてはありませんし、想定内のことと理解してくれるはずです。

しかしそんな究極な場面でいかに自分の魅力を発揮するか、それはその場だけでできることではありません。普段の生活のなかで自分らしさを大切にし、周囲に与える好感度をアップする心がけが重要なのです。

初対面の人との会話だけでも不安を感じるもの、そんな状況下で面接官によい印象を与えるには日常の練習で「慣れる」ことがメリットになります。誰かと話をするときも常に人の視線を気にしながら、自然なアピールを心がけてみましょう。


連記事