スピーチ直前の辛い緊張を和らげる5つの術

スピーチ直前の辛い緊張を和らげる5つの術
スピーチ本番の緊張もさることながら、スピーチ直前はとても緊張しますよね。スピーチ中よりも直前の方が緊張するという方も多いのでは?

また、スピーチ直前の緊張を本番まで引きずってしまい挙動不審になったり失敗してしまう、せっかく覚えてきた原稿が本番前の緊張で全て吹っ飛んだという方も多いでしょう。

スピーチで成功するためには、本番中に緊張し過ぎないことはもちろん、直前の緊張感のコントロールも大切!本番が始まる前から緊張のあまり自分を見失っては成功はおぼつきません。

ということで、今回はスピーチ直前の辛い緊張を和らげる術をお伝えします。スピーチが苦手な方、本番前に緊張し過ぎてしまう方、ぜひ参考にしてください。

目をつぶってゆっくり深呼吸をすること

緊張を和らげるのには深呼吸が効果的!ということで、本番が近づいてきたり緊張が高まってきたらゆっくり深呼吸をしてみましょう。心臓のドキドキや浅くなった呼吸を落ち着かせるのにも深呼吸はおすすめです。

深呼吸をするときは、肩から力を抜き体を楽にしてください。また、目を開けると周囲の状況が見えすぎてしまい、いよいよ本番が迫ってきたことや他の人のスピーチが成功したことなどが分かりすぎてしまいます。

緊張を和らげたいときには目をつぶって深呼吸をした方がリラックスしやすいです。

 

雑談をすること

本番前にはブツブツ呟きながら原稿のおさらいをしたり、「精神統一」といって自分の殻に閉じこもってしまいがちですが、自分一人の世界に閉じこもることで緊張がさらに高まってしまうことがあります。

本番直前ではもう原稿のおさらいは不要!それよりも仲のいい人や周囲の人と雑談をして本番までの時間をつぶしましょう。雑談することで意識を緊張からそらすことができますよ。

また、本番前に声を出しておしゃべりすることは発声練習にもなります。緊張したときうまく声を出せないという方は、本番直前までおしゃべりをして喉や舌のウォーミングアップをしておくのがおすすめです。

 

不安や緊張を吐き出すこと

不安や緊張は隠せば隠すほど、さらに大きくなります。本番直前、緊張し過ぎて辛いときには自分一人で抱え込まず、周囲の人に「失敗しないか不安だ」「緊張し過ぎて心臓が飛び出そう」など自分が緊張していることを聞いてもらいましょう。

人によっては「自分は失敗する」「失敗しても笑わないでね」と失敗を宣言したりハードルを下げておくことで本番に向けて気が楽になるということもあります。

本番直前は「自分は緊張していないよ」なんて格好つけるのではなく、おどおどしたり「緊張している」と周囲に触れ回って緊張を和らげてくださいね。

 

「大したことではない」と今日のスピーチを軽んじてみること

本番の前日までは「このスピーチに人生がかかっている」という意気込みややる気で準備をすることが大切!

しかし、本番直前になったら「人生がかかっている」と自分にプレッシャーをかけるのはやめて「失敗しても大したことじゃない」「今日のスピーチなんてどうでもいいもの、それよりも今晩の献立の方が大切だ」というようにスピーチを軽んじてみましょう。

スピーチを「大したことじゃない」と軽く見ることで緊張を和らげることができますよ。ただ、準備の段階から「こんなスピーチ、どうでもいいや」と思っていては本番で成功することはできないので、準備の段階ではやる気を持って取り組みましょう。

 

体を動かしたり甘いものを食べてリラックスすること

本番直前の緊張が辛い方は、あらかじめ自分がリラックスできる方法を見つけておきましょう。

たとえば肩を上下させたり回したりして体から力を抜く、体操をしたらリラックスできる、チョコレートを食べたり飴を舐めたら気持ちが和らぐなど、自分に合ったリラックス方法を探してみてくださいね。

好きな音楽を聞くとリラックスできる方もいますし、家族や恋人に電話をして声を聞くと緊張をやる気に変えられるという方もいます。

また、手の平に「人」と書いて飲み込むなどのおまじないも緊張を和らげるのには効果的!巷で人気のおまじないを試してみてください。

 

まず、スピーチ直前の辛い緊張を和らげるには深呼吸がおすすめです。目を閉じてゆっくり息を吸い吐きましょう。体から力が抜け、胸のドキドキや早くなっていた呼吸が落ち着くまで深呼吸を繰り返してみてくださいね。

また、本番前は原稿のおさらいをしたり自分の世界に閉じこもるよりも、雑談をしたり周囲に緊張や不安を吐き出したりする方が緊張を和らげることができます。

スピーチ自体を「大したことではない」「失敗したところでさほど問題はない」と軽く見てみるのも緊張を和らげるのには効果的です。さらに、自分に合ったリラックス法を見つけておくことで本番直前の緊張を和らげることができます。

スピーチの前には原稿の準備だけでなく、好きな音楽やお菓子を持ち歩く、家族に電話して声を聞くなど自分がリラックスできる方法を用意しておくのがおすすめです。

まとめ

スピーチ直前の辛い緊張を和らげるためには

・ 目をつぶってゆっくり深呼吸をすること
・ 雑談をすること
・ 不安や緊張を吐き出すこと
・ 「大したことではない」と今日のスピーチを軽んじてみること
・ 体を動かしたり甘いものを食べてリラックスすること


連記事