アナウンサーの話し方を学んで、仕事に役立てる5つの方法

アナウンサーの話し方を学んで、仕事に役立てる5つの方法
アナウンサーの話し方はテレビの前で見ている人にとてもわかりやすくハキハキと原稿を読んでくれますが、このスキルは仕事にも活用できそうですよね。コミュニケーションがとても大切な鍵を握るビジネスシーンでは、要点を相手にどうやって伝えるかとても慎重にならないといけません。

話の内容を簡潔にしてもどうしても相手が理解してくれない、納得しないという状態では仕事のミスにもつながります。その場合はアナウンサーの話し方を学び、ワンランクアップした伝達方法を習得すると良いでしょう。

話し方はそれぞれの個性や性格がでるものですが、シチュエーションに合わせて変えることが大切です。そこで本日は、仕事で役立つアナウンサーの話し方のポイントについてお伝えします。

 

アナウンサーの話し方を学んで、
仕事に役立てる5つの方法

 

新聞を声に出して読んでみましょう

アナウンサーの話し方の基本は滑舌がよく、はっきりと相手に言ってることが伝わる点ですよね。口のなかでもごもご話すと相手に伝わらないばかりか、なんとく自信がないと誤解される可能性もあります。

滑舌を良くする為にはまず読む練習をしてはっきり発声することを意識してみましょう。読む資料はアナウンサーのようにニュース関係や経済関係などがよいので、新聞を使うと効果的です。

ビジネスシーンでは普段の会話で使わないような難しい単語も飛び交いますので、新聞を声に出して読む練習をすると徐々に仕事向けの話題がはっきりと発声できるようになります。

 

相手に聞こえる声の大きさを意識しましょう

仕事でコミュケーションをうまくとりたいと思った時は、自分が真似したいアナウンサーの話し方を頭に描いてみましょう。話し方は皆さん違いますが、人によってはとても聞き取りやすい話をしてくれるタイプの人がいますよね。

ただ漠然とこうなりたいと思うよりも、具体的な理想姿を頭にいれた方が練習しやすくなります。アナウンサーの話し方の特徴としては声の大きさがあり、このポイントはビジネスシーンでもとても大切なのです。

例えばブレゼンをする時、大勢の人前に立つと緊張して声が小さくなることも。これでは印象が悪く仕事ができない人に見らる可能性があります。憧れるアナウンサーの話し方を意識して、相手に届く声の大きさを心がけてください。

 

相手が困惑する曖昧な表現は避けましょう

話しの要点がわからない人は、話し方が悪いことが原因ですよね。自分でわかっていることをほかの人に伝えるのは決して簡単ではありませんが、自信を持たずに話をするとさらに相手が困惑する原因です。

例えば「えーっと」「あのー」といった曖昧な切り口は聞き手が不安になってしまいます。大切な場面では話す内容を紙にメモるなど、確実な情報提供をしてください。

アナウンサーの話し方をチェックすると、プロは話のなかでも絶妙な間を入れています。ずっと話をダラダラしているとメリハリがなくなりますので、困った時や話題を変える瞬間など、タイミングよく3秒間ほど間を入れるとよいでしょう。

 

会話の要点をまとめましょう

アナウンサーの話し方は原稿をそのまま読んでいるときだけでなく、常に話の要点がしっかりまとまっていますよね。

それは頭の中で話の構成をするスキルがある為で、ビジネスシーンでもとても重要なポイントになります。話の基本「いつ・どこで・だれが・なにを・どうやって」といった骨組みを意識しながら話をしましょう。

大切な内容の話こそ間違った伝達方法をしたら大変です。要点をまとめるのが苦手な人は、アナウンサーのように原稿を読むつもりで、箇条書きにしたメモなどを使うのも方法のひとつ。順序立てて話しをすることが聞き手が一番理解しやすい点なのです。

 

自分の話し方を録音して確認しましょう

アナウンサーの話し方のように話しているつもりでも、自分の声や大きさ、滑舌は客観的に判断するのが難しいですよね。時には録音をして自分の話し方がどのように周囲に聞こえているのかチェックしてみましょう。

アナウンサーの話し方のようにスラスラと話すには、まず自分の悪い点を把握しないといけません。コミュニケーションはあらゆる要素がひとまとまりになり、初めて聞きやすい話し方ができあがります。

 

いかがでしたか。アナウンサーの話し方を学ぶと、仕事で役に立つだけでなく友達同士の会話や知らない人との言葉のやりとりでもメリットになる瞬間が訪れるはずです。ビジネスシーンでは会議やプレゼントという大切な場面がありますので、話し方がとても重要になりますよね。

話す立場でありながらも、自分が反対側で聞いていることをイメージしてみましょう。テレビカメラのまでニュース原稿を読むアナウンサーの気分で、世界中の人に伝えるように意識してください。

大切な会議の資料を何度も読み返したり、打ち合わせをしても結局話し方次第でうまくいかない場合もあります。周囲から認めてもらうには好感が持たれるようなアナウンサーの話の方を真似してみましょう。

まとめ

アナウンサーの話し方を仕事で役立てるには

・ 新聞を声に出して読んでみましょう
・ 相手に聞こえる声の大きさを意識しましょう
・ 相手が困惑する曖昧な表現は避けましょう
・ 会話の要点をまとめましょう
・ 自分の話し方を録音して確認しましょう


連記事