ストレスからくる過食を防止して健康を維持する為に必要な事

ストレスからくる過食を防止して健康を維持する為に必要な事
ストレスによる過食は簡単な食事制限だけではなかなか改善できませんよね。誰にでも食欲がコントロールできない経験は一度はあるでしょう。満腹感を満たすためだけでなく、精神的な空間を埋めるためのやけ食い、バカ食いをすることがあります。

食べ物はストレス解消や癒し的な意味もあり、感情と連鎖して食欲が出たり減ったりするものです。でもストレスによる過食は食べている間は満足しても、その後にやってくる自己嫌悪がさらなる精神的な負担になりますよね。本来食生活は健康を意識して栄養バランスや食事量を考えることが大切。

ストレスでむやみに食べ過ぎる人は、ちょっとしたポイントを抑えれば健康的な食生活に戻せます。そこで本日はストレスによる過食を改善し、美味しく健康的に食生活をスタートするコツをお伝えします。

過食の原因を理解しましょう

ストレスによる過食は肥満や病気の原因になりますし、食べた後の自己嫌悪など心身ともにダメージが残るばかりですよね。ストレス性の場合はイライラや不安を感じた時、空腹でもないのに食べる、食べると満足する、満腹になるまで食べる、食べるとホッとする、食欲が我慢できないといったサインがあります。

いまどんなストレスを抱えているのか、または子供の頃に体験したトラウマによる過食かなど、人それぞれ引き金となる原因が異なります。過食は健康を乱しさらなる悩みをもたらすので健康的な食生活ができるよう、心配な場合は専門家に相談することも大切です。

 

食べる前に5分間待ちましょう

ストレスによる過食の特徴は、突然何かが食べたくなり自分で欲求がコントロールできない点です。美味しいものを見た時やお腹が空いている時は誰でもつい食べ過ぎてしまいますよね。ストレス性の場合はお腹を一杯にするのでなく心を一杯にするために食べ続ける点が特徴です。

実際はお腹が空いていなくても、食べたい欲求を満たして満足を得ることが目的。そこで今日から始めたいのは、何か食べたいという衝動がわいた時、食べ物を口にする前に5分間待ちましょう。最初は1分間だけでもいいのです。食べたいという衝動を自分でコントロールすることが、健康への第一歩につながります。

 

最初の一口を見直しましょう

ストレスによる過食の悪い点は、栄養価の高い食べ物でなくスナックなど体に悪いものを選んでしまう点です。ストレスで脳の働きが疲れてくるとエネルギーとして糖質が欲しくなりますよね。疲労回復に甘いお菓子を食べることはたまにありますが、ストレスによる過食の場合はこの繰り返しになってしまうのです。

そこで注意したいのが、食べたい衝動がわいた時に最初に口にするもの。すぐに食べられるようにカットしたフルールやナッツ類などの健康的なおやつをそばに置いておきましょう。

また買い物に行った時はなるべくスナック菓子など脂質や糖質の多いものを買わないこと。スムージーなどのドリンクで空腹感を満たすのもよいでしょう。

 

食事の回数は1日3回を守りましょう

ストレスはいつ襲ってくるか分かりませんよね。さっき食べたばかりなのに、イライラしてお菓子を食べるということがあります。食べたい衝動を感じる度に何かを口にしていると、食事のリズムが狂ってしまうため胃腸機能に負担がかかってしまうのです。

ストレスによる過食はまず食生活のリズムを整え食事は1日3回食べる場所を決めて、ながら食いをやめましょう。食事をするときは時間をかけてよく噛んで食べてください。

がつがつ食べてしまうと満腹感を感じにくく無意識に食べ過ぎてしまいます。食べ物の素材の味、調味料の種類、触感など、色々な楽しみをじっくり味わいながら食事をしましょう。

 

食べる以外のことでストレスを解消しましょう

ストレスによる過食は、本来の食欲ではなく精神的な不安からやってくるものです。ダイエット中に食事制限が辛いようにストレス性の食欲もコントロールするのは大変ですよね。そんなときは忙しい一日を思い出してください。

気が付いたらもう昼過ぎになっていたというように、食事を忘れてしまうほど忙しい時があります。食べることだけに執着してしまうと、それ以外の喜びや楽しみが見つからなくなりますので、運動や趣味の時間などを増やし食べること以外で一日を充実させてください。

 

ストレスによる過食は根底にある原因を把握しないと、なかなか改善できないほど深刻な場合もあります。肥満体型になっても食べるのが止まらないと健康が心配になりますよね。食事制限をするためには体が食べ物を欲しているのでなく、ストレスによる衝動だと理解してくだい。

簡単に過食を止めることはできませんが、失敗しても諦めずに健康を追求する姿勢が大切です。食べないつもりでも自分に負けてしまう時もあるでしょう。失敗を繰り返しながら、毎日小さなゴールを目指して頑張ってください。

ストレスによる過食は食べ物の誘惑以上に自分の感情コントロールが必要になり、時には周囲のサポートがあったほうが良い場合もあります。慌てずに長い目で食生活を改善しながら、必ず克服できると信じて健康ライフをはじめましょう。

まとめ

ストレスによる過食を改善するには

・ 過食の原因を理解しましょう
・ 食べる前に5分間待ちましょう
・ 最初の一口を見直しましょう
・ 食事の回数は1日3回を守りましょう
・ 食べる以外のことでストレスを解消しましょう


連記事