話が続かない原因を知って、相手との会話をはずませる方法

話が続かない原因を知って、相手との会話をはずませる方法
話が続かない時の沈黙はなんともいえない嫌な瞬間ですよね。何とかして話題を考えようとしても頭が真っ白になる時があります。しかし人によってはどんな相手ともいつも会話を盛り上げられる人もいます。

話が続かない人と会話上手な人には大きな違いがあるのです。沈黙を破りスムーズな会話を持つためには、話が続かない原因をまずは突き止める点がポイント。

会話力はビジネスシーンだけでなく恋愛関係や友達関係にも影響してしまいます。話が続かない人は、ほんのちょっとした点を見直して上手くなるコツを習得する必要があります。

そこで早速ですが、話が続かない悩みを抱えている方にぜひ知っていただきたい、会話を弾ませる5つの方法をお伝えします。



 

話が続かない原因を知って、
相手との会話をはずませる方法

 

話題に集中して幅を広げましょう 


話が続かないのは会話に対する不安を抱いているためです。何を話していいかわからない、話すことがない、なんて瞬間は皆さん体験されたことがありますよね。

この不安が会話に集中できない原因なのです。そこで緊張しない為にも、話の話題に意識を集中させましょう。すると会話の流れを把握できるため、次のネタを見つけやすくなります。

初対面の人との会話はとくに緊張しますが、こんな時こそ話題に集中して不安を取り除きましょう。まずは大きく深呼吸をしてリラックスしてから会話を始めると安心です。話題がはっきりと把握できれば会話の幅が広がりやすくなり、スムーズな流れを掴めるのです。

 

リアクションを増やして話を続けましょう 


話が続かない人の共通点にリアクションが少ないことがあげられます。相手の意見に同調するだけや、うなずいて聞くだけでは反応が少なく相手も興味を失しなってしまいますよね。

会話を盛り上げるためには、少し大げさ程度のリアクションも大切です。すると話相手は自分の話題に興味を持ってもらうことで、さらに会話のモチベーションが上がります。

話題がなくて困った時は、この方法でどんどん相手に話をしてもらうことがポイントです。無表情で話を聞いたり、集中せず他の事に気をとられながら会話に参加してしまうと周囲の人にとって分かりにくい存在になるので注意しましょう。

 

話題が途切れた時は相手に質問をしましょう 


まったくつながりがない人との会話はどうしても話題が途切れがちになります。沈黙してお互いにとても気まずい雰囲気の中時間を過ごすのは苦痛になりますよね。

そんな時はすかさず相手に質問をしましょう。仕事、趣味、好きな食べ物なんでもいいのです。その日身に着けているファッションに関して質問をしてもよいでしょう。

盛り上がる話題を見つけるのは決して簡単なことではありません。まして相手の嗜好が好きなわからない時は、手探り状態になってしまいます。

しかし「質問」をする事は、自分とまったく関わりのない人にとってもある種の共通点を見つけるためのチャンスになるのです。

 

いつでも使えるネタを準備しておきましょう 


話しが続かない悩みを抱えていると、徐々にほかの人との距離感もできてしまいます。コミュニケーションは人間関係をうまく構成するためのスキルの一つですよね。

話下手な人はあらゆる場面で損をする可能性があります。話が続かない人はまずニュースなどを毎日チェックするとよいでしょう。

会話を続けるための話題はどこにでも転がっているもので、天気の話をはじめテレビの話などあちこちに話題があるのです。

話下手な人はニュースを活用してネタ作りをしましょう。また日頃から自分の得意な話題を用意して、困った時のネタ作りをしておけば急な場面でも安心です。

 

聞き役になり話題のきっかけを見つけましょう 


話しが続かないのは、自分から話題を見つけないとダメ、というプレッシャーをかけているためです。会話は決して一人で続ける事ではありません。

話役と聞き役の二人の存在があるから成り立つものですよね。話題が途切れた時は、役割分担を変えて聞き役に徹することがポイントです。

話が続かない人のなかには、自分勝手に会話を進めるタイプがいます。自分の興味ある事だけを話し、相手とのやり取りができないパターンです。

これでは自分のネタが終わった時に会話も終了してしまいますよね。そんな一方的な流れにならない為にも、良い聞き役になることが大切です。相手の話のなかから次の話題をどんどん見つけましょう。

 

いかがでしたか。話が続かない人は無理をして話題を見つける必要はありません。沈黙の瞬間をなくすには自分の役割を理解する点がコツです。

会話はキャッチボールによく例えられますが、一方的な流れにならないように配慮する気持ちが必要です。たとえ自分が聞き役であっても必ずリアクションをして、ボールを投げ返す心がけを持ちましょう。

会話上手な人は相手の表情を読み取りながら、その場に応じた流れを掴めるスキルを持っています。スムーズな流れにするためには、話し方の上手い下手でなく相手の気持ちを正確に理解する事が大切なのです。

会話は違う相手、話題、目的などがありますので、話が続かない時は臨機応変に対応できるようにまずはリラックスしてみましょう。

まとめ

話が続かない原因をしり会話を弾ませるには

・ 話題に集中して幅を広げましょう
・ リアクションを増やして話を続けましょう
・ 話題が途切れた時は相手に質問をしましょう
・ いつでも使えるネタを準備しておきましょう
・ 聞き役になり話題のきっかけを見つけましょう

1e3a846cb7248b2ac4977a2a536e3e7c


1e3a846cb7248b2ac4977a2a536e3e7c