就活の面接で合格をもらうためのとっておきの対策とは?

就活の面接で合格をもらうためのとっておきの対策とは?
就活の面接は、一発勝負ですから、緊張してしまう人が多いでしょう。特に、自分の志望度が高い企業であればあるほど、「失敗してはいけない」という思いが強くなりすぎて、頭が真っ白になってしまいがちです。

しかし、就活の面接をなんなくこなしている人もいます。その人達は、生まれつき緊張しない性格の人もいるかもしれませんが、しっかりとした準備や対策を実践して面接に望んだからこそ成功しているのです。

それでは、就活の面接で合格をもらうために効果的な対策とは一体どのようなことなのでしょうか。学校ではあまり教えてくれないことですが、実は意外と簡単で、誰でも練習さえすれば出来る事ばかりなのです。そこで、就活の面接に向けてやっておくべき対策方法をご紹介します。



 

就活の面接で合格をもらうための
とっておきの対策とは?

 

第一印象は声と姿勢と表情で決まる


就活の面接は、自分にしてみれば数十分から1時間にも及ぶ長い時間のように感じるかもしれませんが、面接官からすると、何百人、何千人の学生との面接のうちのたった一コマなのです。そのため、第一印象がとても重要になります。

面接官に好感を持ってもらえる第一印象のポイントは大きく分けて3つあります。声と姿勢と顔の表情です

まず、大きな声でハキハキと話すこと、そして、背筋を伸ばして正しい姿勢を保つこと、最後に少し口角を上げて笑顔を作った表情です。これを実践するだけで、面接官に与える第一印象はクリアできたも同然なのです。

 

集団面接では結論ファーストがポイント


就活の面接で1次面接や2次面接など、最終面接の手前に登場するのが集団面接です。集団面接は、一度に複数人の学生を相手に面接官が面接を行うため、その中でいかに他の学生より優秀だとアピール出来るかがポイントとなります。

そこで対策しておきたいのが、完結に話すスキルです。集団面接であるにもかかわらず、自分が長々と話していると、他の学生に迷惑をかけてしまうだけでなく、面接官からも要領が悪いとか空気が読めないという風に感じられる事があるのです。

結論をまず話し、トータルで1分30秒までに話をまとめられるよう練習しておきましょう。

 

志望動機は自問自答をしておくのがカギ


志望動機は、就活の面接で必ずと言っていいほど質問される事です。当然、面接の前に自分なりに志望動機を考えていく人がほとんどだと思いますが、その志望動機に対して面接官からさらに深掘って質問されることまで想定しておくことが重要です

「なぜですか?」、「うちじゃなくてもできると思いますが?」などと、突っ込まれた時にどう返すかという所まで準備するために、ひたすら自問自答しておきましょう。

 

圧迫面接は堂々とした態度がポイント


就活の面接で、営業系やサービス系の職種で多いのが圧迫面接です。圧迫面接は、学生をいじめるためにするものではなく、学生のストレス耐性をみるために行っています。

そのため、どんなに面接官が嫌な事を言ってきても動じてはいけません。怯えたり、泣いたりしてしまうと、その時点でストレス耐性が低いと評価されてしまいます。

圧迫面接はストレス耐性を見るための手法だ」と割りきって、堂々と落ち着いた態度で対応するようにしましょう。

 

人を惹きつける話し方をマスターする


人を惹きつける話し方を習得すれば、就活の面接でも高評価を得ることができます。人を惹きつける話し方は、有名企業の社長や芸能人でなくても、ポイントを意識して実践すれば出来るのです。

そのポイントは、話に抑揚をつけることと間をとることです。

抑揚をつけるというのは、重要な部分は大きな声で話したり、ゆっくり話したり、顔の表情をつけるなどして強調することです。そして、間を取ると人の意識や興味を引くことができますので、話のオチになるところは間を取るようにしましょう。

 

万全な準備で自信をつける


受験や試験の時に十分に試験勉強をしないで臨むと結果が残せないという経験は誰しもがしたことがあるのではないでしょうか。就活の面接も同じで、十分な準備をしておかないと自信がもてずに力を発揮できません。

面接での質問を想定して回答を準備したり、一人で上手く話せるかどうか声に出して話す練習をしておきましょう。重要なのは、練習や準備をして万全だと自信を持つことなのです。

 

自分の弱点は模擬面接を録画して発見する


就活の面接は一発勝負で、失敗すると再度チャレンジすることができません。そこで、事前に模擬面接をして、自分の受け答えを録画して、自分の弱点を克服しておきましょう

人は無意識のうちにクセを持っていることがあります。話す時に「えー」とか「まあ」などの余計な言葉を発ししまうことなどです。録画して、自分の話し方を客観的にチェックして意識的に変なクセをなおしておきましょう。

 

いかがでしたか。就活の面接は、考えるだけで憂鬱になるかもしれません。しかし、自分が志望する企業に自分を売り込む絶好のチャンスだとポジティブに考えるようにしましょう。そうして考え方を変えるだけで、前向きに取り組むことが出来るはずです。

また、面接の前には練習や準備を十分にして、万全の状態にしておくことが大切です。準備さえしておけば、後は、大きな声でゆっくりと、ハキハキと話すとか、正しい姿勢を意識するなどの基本的な事を本番でも意識すればいいのです。

今回ご紹介した対策を一つ一つ意識して、まずは、友人や家族を相手に面接の練習をしてみましょう。何度か練習を繰り返すことで、きっと合格を貰える企業数が増えるはずです。

 

まとめ

就活の面接で合格をもらうためにすべき対策とは

・声と姿勢と顔の表情を意識して第一印象を良くしよう
・集団面接では極力完結に結論ファーストで話そう
・志望動機は深堀りされてもいいように自問自答しておこう
・圧迫面接には怯えずに堂々と対応しよう
・話の抑揚と間をとって人の惹きつけよう
・予習と練習の準備を万全にして自信をつけよう
・模擬面接を録画して自分の弱点を克服しておこう

1e3a846cb7248b2ac4977a2a536e3e7c