体脂肪の落とし方ベスト5☆今日から始められるシンプル術

体脂肪の落とし方ベスト5☆今日から始められるシンプル術

体脂肪の落とし方をご紹介します。ここでご紹介するのはいずれも、今日から始められるシンプルな体脂肪の落とし方です。「高価なダイエット食品?」いいえ、必要ありません。

「高価な運動器具?」そんなものも一切不要です。あなたの体一つで、といえば少し大げさですが、特別な食べ物や運動器具を用意せずともすぐに始めることができますよ。

ただし、一つだけ注意点!肝に銘じていただきたいことがあります。それは「三日坊主にならない」こと。体脂肪の落とし方では、「続けること」こそが大切です。

継続は力なり!まずは続けることを目標にしてください。結果は後からついてきます。では、おすすめの体重の落とし方をベスト5からベスト1まで順番にお伝えします。



 

体脂肪の落とし方ベスト5☆
今日から始められるシンプル術

 

ベスト5☆一日の食事回数を減らさない!むしろ、増やす方向で。


「体脂肪を落とすためには摂取エネルギーを減らせばよい」という安易な考えで朝食抜きダイエットや、一日一食ダイエットをしていませんか。そのダイエット、あなたの体脂肪が増える原因ですよ。

食事回数が減り一日の摂取エネルギーが極端に減ると、体は「飢饉だ!!」と判断、飢餓スイッチが入り脂肪を溜め込み始めます。

体脂肪を落とすときには、体の飢餓スイッチを入れないことが何よりも大切!食事回数は3回を維持、摂取エネルギーも極端に減らさないようにしましょう。

運動をするダイエットを前提として、女性の一日の摂取カロリーは1500~1800キロカロリー、男性は2000キロカロリーを目安にしてください。

さらに、同じ摂取カロリーであれば、食事回数を増やし、1回の食事での摂取カロリーを減らす方が、血糖値の上昇を抑えることができるので、体脂肪を落とすことができます。

体脂肪の落とし方では、「一日の食事回数を維持!できれば一日5回に増やす」のがポイントです。

 

ベスト4☆炭水化物は白米一択!血糖値が上がりにくいです。


体脂肪の落とし方で大切なのは、「いかに血糖値を上げないか」です。血糖値が上がると、インシュリンの分泌量が増加、インシュリンが食べたものをせっせと体脂肪にかえていきます。

アスリートでは血糖値を上げないために炭水化物を徹底的に排除した食事をしている方もいますが、アスリートではない私たちにはそこまでのストイックな食事療法は無理ですよね。

食事で摂取する炭水化物を、麺類やパンではなく、「白米」にしましょう。白米は消化吸収に時間がかかるため、血糖値を急激に上げません。

また、麺類一食分よりも、お茶碗一膳の白米の方がカロリーは低いですよね。食事の炭水化物を白米にすることで、自然と摂取カロリーや血糖値の上昇を抑えることができます。

 

ベスト3☆たんぱく質で筋肉を増やしましょう。


減った体脂肪の代わりにつくのが筋肉!が理想なのですが、現実はなかなか難しいですよね。とはいえ、はなから諦める必要もありませんから、できる限りの努力はしましょう。

筋肉の材料はたんぱく質です。たんぱく質を食べて、筋肉量を増やしましょう。たんぱく質は肉や魚、卵などから摂取することができますが、このときたんぱく質と同時に脂肪まで摂ったのでは元も子もありません。

肉なら鶏のささみや胸肉、牛のももなどの赤身肉、魚なら白身魚、卵は白身というように、脂質の少ない部位や種類を選んで食べてくださいね。

 

ベスト2☆筋肉トレーニングで筋肉を増やしましょう。


体脂肪の落とし方では、筋肉を増やすことも大切です。筋肉を増やせばその分体脂肪は減ります。さらに、筋肉が増えたことで基礎代謝もアップ!

寝ていても体脂肪をどんどん燃やしてくれる体を手に入れることができるのです。筋肉トレーニングによる体脂肪の落とし方のポイントは、「エネルギーの消費量が多い大きな筋肉を鍛えること」です。

太ももやお尻の筋肉は体の中でも特に大きく、エネルギーの消費量が多い筋肉です。太ももはエネルギーの消費量の多さから第二の心臓とも呼ばれるくらいですよ。

ぜひ鍛えてください。太ももとお尻の筋肉を同時に鍛えることができるのは、スクワットです。さっそく、今日からスクワットを始めましょう。効果はすぐにあらわれますよ。

 

ベスト1☆有酸素運動で体脂肪を燃やしましょう。


体脂肪の落とし方で大切なのは、一にも二にも「有酸素運動」です。有酸素運動とは、酸素で脂肪を燃やす運動!脂肪とはもちろん、体脂肪のことです。有酸素運動で体脂肪をどんどん燃やしましょう。

有酸素運動では、まずは肝臓にためこんだ糖質から消費します。その後、体脂肪を消費し始めるわけですが、糖質から体脂肪への燃料転換は運動開始から20分後といわれています。

有酸素運動をするときは、短くとも、20分は運動を続けるようにしましょう。有酸素運動といえば、ウォーキングやジョギングがまず頭に浮かびます。

これまで定期的に運動をする習慣がなかった方におすすめなのは水中ウォーキングです。というのも、運動をしていない方に最初から20分走れ!なんていっても、無理ですよね。

さらに、水中ウォーキングでは膝や股関節に負担をかけないので、最初からまとまった時間、有酸素運動を続けることができます。ぜひお試しあれ。

 

いかがでしたか。

以上が、今日から始められるシンプルな体脂肪の落とし方でした。体脂肪を落としたいときは、まずは運動から始めましょう。ためこんだものをまずは消費するのです。有酸素運動で体脂肪を燃やしてください。

さらに、筋肉をつけないことには、体脂肪を落としたところですぐにリバウンドしてしまいます。筋肉トレーニングではスクワットや腹筋などの基本的なトレーニングがおすすめです。

次は食事に関する体脂肪の落とし方について。体脂肪の落とし方では「たんぱく質を摂る」「糖質を摂りすぎない」ことが大切です。

さらに、過酷な食事制限も×、食事制限はかえって体脂肪をためこんでしまうので注意してくださいね。一日の食事回数は3回を維持しましょう。

 

まとめ

体脂肪の落とし方ベスト5

・ ベスト1☆有酸素運動で体脂肪を燃やしましょう。
・ ベスト2☆筋肉トレーニングで筋肉を増やしましょう。
・ ベスト3☆たんぱく質で筋肉を増やしましょう。
・ ベスト4☆炭水化物は白米一択!血糖値が上がりにくいです。
・ ベスト5☆一日の食事回数を減らさない!むしろ、増やす方向で。

1e3a846cb7248b2ac4977a2a536e3e7c