浮気の罪悪感に苦しむ人に奨める、5つの誠実な謝り方

浮気の罪悪感に苦しむ人に奨める、5つの誠実な謝り方
浮気の罪悪感がまったくないという人はいないはず。しかし自分が悪者になるのが嫌で言い訳をしながら浮気を続ける人が多いですよね。

大切な家族の顔を思い出すと、浮気に対する罪悪感もどんどん膨らんでいきます。その別れのタイミングに敏感になりましょう。浮気の罪悪感を感じるのは、傷つく人の存在があるため。

本来自分が守るべき家族を苦しめ、同時に浮気相手も最終的に不幸になる結果を作りだしているのです。このような浮気の罪悪感を感じる時は、相手に誠実に謝り一刻も早く関係を断つことが大切です。

しかし浮気相手とは普通の恋愛と異なり、お互い損得勘定を持って付き合っている場合が多いですよね。そこで早速ですが、本日は浮気の罪悪感がある人にオススメの誠実な謝り方をお伝えします。



 

浮気の罪悪感に苦しむ人に奨める、
5つの誠実な謝り方

 

なぜ浮気に罪悪感があるのか理解しましょう 


浮気の罪悪感は大きく分けると2つあります。一つは自分の家族に迷惑をかけている罪悪感と、自分が独身の場合は相手の家族に迷惑をかける罪悪感です。

浮気をされた、もしくは浮気をしたという気持ちは付き合っている間、いつも頭の中に罪悪感として残っていますよね。その気持ちに気が付くことが大切です。罪悪感を持ちながら恋愛を続けるのはとても苦痛。

なるべくストレスにならないように開き直り浮気をする人もなかにはいます。浮気相手も自分の家族に対しても申し訳ないと思う気持ちがある以上、誠実な心をもって早く状況改善しないといけません。

 

浮気相手の立場になって自分の落ち度を認めましょう 


浮気の罪悪感は自分の大切な家族に向けられるものが一番大きく、なんとか隠し通したい気持ちで一杯。しかし厄介なのは浮気相手とどうやって関係を断ち切るかという点ですよね。

円満に別れられたら家族にバレずに浮気を隠せますが、相手が逆上すると家族にも迷惑がかかるのは時間の問題。浮気の罪悪感は、浮気相手を振り回して自己中心的な考えをする点にもあります。

なんとかして関係を断ち切りお互いに新たな人生をスタートさせるには、浮気相手の立場になり自分が悪かったと誠実な態度を見せましょう。事態をうまく収拾するためには浮気相手と上手く終わらせることが大切です。

 

浮気がバレた時は事実を認めましょう 


浮気の罪悪感があってもその気持ちだけでは自分のパートナーには伝わりません。もし浮気がバレてしまった時はあなたならどうしますか?覚えがないといつまでもとぼけていてはさらに事態が悪化する原因です。

そこで浮気がバレた時は家族に対して正直に浮気の事実を認めましょう。浮気をされた立場にすると、浮気の罪悪感があるのかどうかが気になる点です。

言い訳をするのは、なんとか今後も浮気を続けたいという証拠に見えますよね。そこで本当に浮気に罪悪感があるならば、正直に事実を認め責任をとることが大切です。浮気相手をかばうのでなく、あくまでも自分勝手な自分が悪い点を強調しましょう。

 

浮気をした理由を正直に相手に伝えましょう 


浮気の罪悪感があると、いつまでも心苦しい生活が続きます。そこから解放されるためには、浮気をやめることが一番早い解決策です。

浮気をする背景には色々なシチュエーションがありますが、たとえ結婚生活がうまくいかなくても、浮気という解決策を選択するのは間違いです。

浮気がバレた時こそ自分が悪者になり、今後は絶対に不倫をしないと相手に誓いましょう。浮気は繰り返す人も多いため、誠実な謝り方が結婚生活を守るためにも重要です。

また浮気相手にもなぜ浮気をした正直な理由を伝えましょう。相手に責任をなすりつける事だけは一番避けたい点です。

 

制裁を受ける覚悟で謝りましょう 


浮気の罪悪感は人を傷つける気持ちや、非常識な過ちに対する後悔があります。浮気相手や家族に誠実に謝りたくても、なかなかできないのは自分に罰が下るため。

どちらもキープしたい、という自分勝手な気持ちが優先されてしまうのです。しかし本当に自分にとって大切なものは何か、はっきりとわかっている場合には誠実に謝り制裁を受ける覚悟をしましょう。

人を裏切る行為は自分の人生にとってもマイナスしか与えません。過ちを犯したら罰を受けるのは仕方がありませんよね。それ恐れている間は、いつまでたっても相手が許してくれるチャンスは訪れないでしょう。

 

いかがでしたか。自分の大切なパートナーに対して感情がある以上は、浮気の罪悪感を感じるのはごく普通の気持ちです。なかには浮気を正当化して罪悪感を感じずにいつまでも繰り返す人もいますよね。

しかしそんな人生では決して誰も幸せになれないのです。浮気の罪悪感がある以上は早い段階で方向を修正しないといけません。そのためには誠意を形に表して謝る心が大切です。

言葉だけで謝っても相手には十分伝わりません。浮気の罪悪感がある場合はきちんと関係を清算し、後悔している気持ちを最大限日頃の行動で表しましょう。

浮気の罰を受けるのは償いの一つでもあり、相手に自分の気持ちを伝える一番誠実な方法です。浮気が進行中の方、罪悪感を感じた時が自分の心に誠実になるチャンスです。

まとめ

浮気の罪悪感がある人にオススメの誠実な謝り方とは

・ なぜ浮気に罪悪感があるのか理解しましょう
・ 浮気相手の立場になって自分の落ち度を認めましょう
・ 浮気がバレた時は事実を認めましょう
・ 浮気をした理由を正直に相手に伝えましょう
・ 制裁を受ける覚悟で謝りましょう



1e3a846cb7248b2ac4977a2a536e3e7c