お腹やせでうまくいかない人必見!続けられる方法

お腹やせでうまくいかない人必見!続けられる方法
ダイエットは成功しがたいもの、「全身やせなんてぜいたくはいわない、せめてお腹やせだけでも」と思っても、そのお腹やせが難しいですよね。お腹やせのためには腹筋や腹斜筋を鍛え、お腹にたっぷりついた贅肉を落とさなければいけません。

しかし、普段の生活で歩いたりおしゃべりしたり、あるいはデスクワークや勉強にいそしんでいる間、腹筋や腹斜筋に大きな負荷をかけるような動きはほとんどしないでしょう。日常的な動きで無意識のうちにお腹を鍛えるということはできないのです。

「だったらダイエットのためのトレーニングでお腹やせだ!」といってもこれはこれで難しい、腹筋の筋トレは苦しいうえになかなか成果がでません。ではお腹やせを成功させるためにはどうすればよいのか。ということで、今回はお腹やせの方法についてお伝えします。

腹式呼吸をすること

一日寝転がったりだらだらしたり、一歩も外に出ない日でも、あるいはどんなに飽き性で三日坊主の人でも、人間なら毎日必ずやっていることがあります。それは呼吸!三日坊主の方でも呼吸だけは飽きることなく続けているはずです。

お腹やせのための筋トレを続けられない方、まずは毎日行っている呼吸でお腹を鍛えてみてください。呼吸には胸式呼吸と腹式呼吸の二つの方法があります。このうち腹筋を使うのが腹式呼吸です。

一日中腹式呼吸をし続けるのは無理ですが、たとえば電車やバスを待っているとき、台所でお皿を洗うとき、ちょっとした隙間時間に腹式呼吸を意識してすることで、腹筋を鍛えることができますよ。

 

CM中に腹筋の筋トレをすること

忙しい毎日、筋トレのために時間を割くのは難しいですよね。筋トレを始めた直後は他の予定を調整して何とか筋トレの時間を捻出することもできますが、筋トレのモチベーションが低下するにつれて、他の予定を調整してまで筋トレをするのが面倒になってしまいます。

お腹やせを続けるためには、無理やり筋トレの時間を捻出するというやり方はだめ!長続きしません。それよりも、テレビのCMの最中などちょっとした隙間時間に筋トレをする方がよっぽど長続きしますよ。

筋トレは30分や1時間などまとまった時間は必要ありません。はりきった挙句三日坊主で終わるよりもCMが流れる1分や2分のあいだに10回腹筋の筋トレをする、これを毎日続けることがお腹やせの成功の近道です。

 

お腹を冷やさないこと

お腹の冷えはお腹やせの大敵です。お腹が冷えると、便秘や下痢などお腹の不調の原因になりますし、冷えたお腹を温めようという体の防御反応によってお腹に脂肪がつきやすくなります。お腹には生きていくうえでとても大切な内臓がおさまっているのですから、体もお腹を守ろうと必死なのです。

ということで、お腹やせがうまくいかない方、お腹を冷やさないようにしましょう。寒い夜はおへそを出して寝ないこと、腹巻やカイロでお腹をしっかり温めること、しょうがなど体を温める効果のある食べ物でお腹を内側から温めることも大切です。

お腹を温めることで筋トレの効果も高まりますし、お通じもよくなって便秘によるポッコリお腹も解消しますよ。

 

ジョギングやウォーキングなどの有酸素運動をすること

「お腹やせ」というとどうしても、筋トレをして腹筋や腹斜筋を鍛えるというイメージが強いですが、ちょっとやそこら筋トレをしたところで腹筋は大きくなりませんし、シックスパックにもなりません。

腹筋や腹斜筋を鍛えても、目に見える効果を得ることは難しく、がんばった成果を得られないことがお腹やせを続けられない理由の一つです。お腹やせを続ける、続けるだけでなく成功させるためには、筋トレだけではだめ!筋トレと並行して有酸素運動を行いましょう。

有酸素運動を行うことで、お腹まわりの脂肪が燃えます。筋トレと違い、有酸素運動による脂肪燃焼効果は短期間ででますし、目や体重計の数字で確認することができます。お腹やせを断念せず続けることができますよ。

 

便秘を解消すること

便秘でお腹がぽっこり出ている方は筋トレや有酸素運動の前に便秘を解消しましょう。便秘を解消するだけでポッコリお腹がぺったんこに!お腹やせを本格的に始める前からお腹やせの効果を実感でき、やる気がアップしますよ。

便秘を解消する方法は色々あるので、自分の体質に合った方法で便秘を解消してください。食事から食物繊維や乳酸菌を摂取する、朝起きぬけににがり入りの氷水を飲む、マグネシウムを飲む、あるいはお腹のマッサージや体操で腸を刺激して便秘を解消する方法もあります。

 

以上がお腹やせを続け成功するための方法についてでした。日常生活では、意識して腹式呼吸をすることで腹筋を鍛えることができます。また、CMの間などちょっとした隙間時間を利用して筋トレをするのもお腹やせを諦めずに続けるコツです。

お腹の冷えや便秘はお腹やせが失敗する原因の一つ、お腹の冷えや便秘は筋トレなどと並行して解消するようにしましょう。便秘を解消することでポッコリお腹がぺったんこになるので、お腹やせのモチベーションが高くなります。

また、筋トレだけのお腹やせは成果を実感しにくいため長続きしません。筋トレに合わせて、体脂肪を燃やす有酸素運動を行うことで、お腹やせの効果を実感しながらお腹やせを続けることができます。

まとめ

お腹やせを続けるためには

・ 腹式呼吸をすること
・ CM中に腹筋の筋トレをすること
・ お腹を冷やさないこと
・ ジョギングやウォーキングなどの有酸素運動をすること
・ 便秘を解消すること


連記事