あさりの栄養を摂って貧血を防ごう!成分の効果と保存方法

あさりの栄養を摂って貧血を防ごう!成分の効果と保存方法

貧血には鉄欠乏性貧血と悪性貧血の2種類があり、これらはともに貧血ですが症状や原因が異なります。あさりに含まれている栄養にはこのどちらの貧血も予防できる成分が豊富に含まれているので、あさりは貧血の予防に最適な食材と言えるでしょう。

またあさりの栄養は体内への吸収率が非常に高いので、その他の貧血に効く食材と比べても優位性が高くなっています。さらにあさりは比較的長期の保存が可能となり、加えて料理のバリエーションも豊富。食事に組み込みやすい食材なので積極的に献立に組み込んでいきましょう。あさりの栄養を定期的に摂っていれば効果的に貧血を予防でいるのでおすすめです。ここではあさりの栄養を摂って貧血を防げる理由と保存方法についてお伝えします。



 

あさりの栄養を摂って貧血を防ごう!
成分の効果と保存方法

 

あさりを食べて鉄分を摂ろう


あさりの栄養には鉄分が豊富に含まれています。鉄欠乏性貧血はその名の通り体内の鉄分が不足したときに発症します。あさりを食べて有効に鉄分を補給しましょう。またあさりの栄養に含まれる鉄分は野菜等から摂取する鉄分に比べて体内への吸収率が高いので、少ない量でも効果的に作用してくれます。あさりを少量食べるだけでも十分な鉄分を補給できるのでお試しくださいね。

 

あさりを食べて銅を摂ろう


あさりの栄養には銅が豊富に含まれています。体内における銅のはたらきは鉄分の吸収を助けるというものなので、摂取した鉄分をしっかりと吸収できます。あさりには銅と鉄分が共に多く含まれているので、非常に効果よく鉄分を体内に吸収できる食材だと言えるでしょう。あさりを食べて鉄欠乏性貧血を予防しましょう。

 

あさりを食べてビタミンB12を摂ろう


あさりの栄養の中にはビタミンB12も豊富に含まれています。ビタミンB12は悪性貧血を予防するために絶対的に必要な成分です。悪性貧血は別名ビタミンB12欠乏性貧血とも言われるので、ビタミンB12が不足することによって発症します。

あさりを食べてビタミンB12をしっかりと補給していきましょう。悪性貧血はその名称が表す通り、鉄欠乏性貧血よりも症状が重篤化しやすいので、注意が必要です。以前は命の危機を生じさせる可能性のある病気として認識されていたほどなので、あさりを食べて悪性貧血を正しく予防していきましょう。

 

あさりを洗おう


あさりを調理する前にはしっかりと砂を洗い流さなければなりません。食べるときにジャリっと音がしたら砂を洗い落とす作業が不十分であったということなので、そうならないように気を付けましょう。あさりを十分に洗ってもあさりの栄養が流れ出てしまうことはないので心配はいりません。

ただあさりは砂を飲み込んでいることがあるので、それを洗い流すことはさすがに困難です。あさりが生きている状態で水を溜めた桶等に入れてしばらく放置していれば自然と砂を吐き出してくれるので、実践してみてくださいね。

 

あさりを冷凍しよう


あさりの保存には冷凍保存が適しています。冷蔵で保存することもできますが、貝類は鮮度が低下すると食中毒のリスクが増大します。冷凍保存すればその心配が軽減できるので、あさりを数日後にも使用したいときにはあさりを冷凍保存するようにしましょう。

冷凍保存しても貧血に有効なあさりの栄養は無くならないので心配は無用です。あさりの冷凍保存を行うときの注意点はしっかりと砂を抜いてから冷凍することと、出来るだけ早く冷凍することの2点です。あさりを正しく冷凍保存し、美味しく食べてくださいね。

 

あさりの保存期間を守ろう


あさりの保存期間はそれほど長くはありません。冷蔵保存の場合は購入した次の日までに調理し、死んでいたものは廃棄するようにしたほうが賢明です。死んでしまったあさりを食べると食中毒の危険性が高いので、注意してくださいね。

ただ冷凍保存していたあさりは1週間から2週間の保存期間であれば美味しく食べることができます。それ以上の保存期間であっても食べることはできますが、冷凍やけしている可能性があるので美味しさが低下してしまいます。あさりの保存期間を守って美味しく食べられるように配慮しましょう。

 

いかがでしたでしょうか。

あさりの栄養を摂って貧血を防ぐための成分の効果と保存方法をご紹介しました。あさりは貝類が苦手な方にも比較的食べやすい貝なので、貝が苦手な方もお試しくださいね。貧血になりやすい方に効果的な食材としてはレバーが有名ですが、あさりはそれに匹敵するほどの貧血予防効果を持った栄養が豊富に含まれている食材です。

あさりの栄養を効果的に摂取して正しく貧血を予防していきましょう。貧血は放っておくと重篤化してしまう可能性のある病気です。貧血は軽く見ることなくしっかりと予防してくださいね。また貧血は慢性化してしまうことの多い病気のひとつです。あさりの栄養を定期的に摂取していれば貧血になりやすい体質の方も安心して生活できるようになるのでお試しくださいね。

 

まとめ

あさりの成分の効果と保存方法とは

・食べて鉄分を摂ろう
・食べて銅を摂ろう
・食べてビタミンB12を摂ろう
・あさりが砂を吐き出してから洗おう
・あさりを砂を抜いて早めに冷凍しよう
・あさりの保存期間は1〜2週間

1e3a846cb7248b2ac4977a2a536e3e7c