ごぼうの栄養が体をめちゃめちゃ健康にする7つの理由

ごぼうの栄養が体をめちゃめちゃ健康にする7つの理由

ごぼうは、地味なイメージながら栄養豊富で日本の家庭料理には欠かすことのできない食材ですよね。あの独特の香りがなければ美味しく頂けないお料理が沢山あります。

でも、ごぼうを食べることの効果となると、頭に浮かぶのは、あの豊富な食物繊維くらいなのではないでしょうか。たっぷりの食物繊維で便秘が改善するとか、お腹いっぱいになってダイエットに効くかもしれないとか、そのくらいしか思いつきません。

そんな地味な存在のごぼうですが、実は、ごぼうにはすごい栄養やパワーが秘められていたんです。しかも女性には特別に嬉しい効果ばかり。

中国では漢方として用いられるくらいの効能を持つごぼう。そのすごい力を知れば、今すぐにでもごぼうを食べたくなってしまうのでは?ごぼうの栄養が体をめちゃめちゃ健康にする7つの理由を知って、健康と美容の為にごぼうを取り入れてみましょう。



 

ごぼうの栄養が
体をめちゃめちゃ健康にする7つの理由

 

腸のお掃除と利尿作用でデトックス


ごぼうに含まれる食物繊維は、セルロースという不溶性食物繊維と言われる種類の食物繊維です。食物繊維には、水溶性と不溶性の二種類がありますが、食べた時に感じられる植物の繊維がこのセルロースです。

このセルロースによって、腸が刺激されて蠕動運動が活発になることにより、便通が改善されます。ごぼうには利尿作用があります。身体がむくんでいる時などにごぼうを食べると、身体の中の余分な水分が排出され、むくみが改善されます。

 

腸内環境の改善


ごぼうに含まれるたっぷりの食物繊維が、腸の中の悪玉菌を減少させ、有害物質を減らす働きをします。そしてその分、善玉菌であるビフィズス菌を増やし、腸内環境を良くしてくれます。

ゴボウには、イヌリンという難消化性オリゴ糖に分類される糖の仲間が含まれています。このオリゴ糖は、人間の体の中では消化されず、大腸で腸内細菌が働くことによって発酵代謝されます。

その為、便通を改善したり、腸内ビフィズス菌の増殖を促進させて、腸内環境を改善してくれる効果があります。

 

ダイエット効果


ごぼうの食物繊維が、お腹に満腹感を与えてくれます。また、食物繊維をたっぷり摂ることで、糖がエネルギーに変わるスピードが抑えられます。これによって、血糖値の急上昇を防いで、インシュリンの分泌を抑え、食べた分が脂肪として蓄えられにくくしてくれます。

難消化性オリゴ糖のイヌリンもまた、血糖値の上昇を抑える働きをしてくれます。その上、イヌリンには身体を冷えにくくさせる効果もありますので、代謝もよくなります。ごぼうの持つ利尿作用と合わせて、ダイエットにとても効果的です。

 

コレステロールを抑制


ごぼうに含まれるポリフェノールの一種であるサポニンは、コレステロールを分解する働きをします。ごぼうは土の中で育つ植物の根の部分にあたります。

土の中には沢山の細菌が存在していますので、サポニンはその土の中で細菌と闘う働きをするために、ごぼうの皮に含まれていてます。

サポニンは、コレステロールでできた細菌の細胞膜を分解する働きによって細菌と闘います。そのため、サポニンにはコレステロール値を抑制する効果があるのです。

 

傷を治す効果


土の中で細菌と闘うサポニンには、血液の中の血小板に作用して血液をサラサラにしたり、それによって炎症を抑える効果があります。傷を治したり、免疫力を高めたりする効果もあります。

ごぼうに含まれるポリフェノールには、タンニンもあります。タンニンには、抗菌や消炎といった効果がある為、傷などに用いると治りを良くしてくれます。

ごぼうをおろして、そのおろし汁を虫刺されや湿疹に塗ったり、口内炎にはおろし汁で口の中をすすぐなどして用います。お風呂に入れると、あせもにも効果があります。

 

優れた抗酸化力で、身体の細胞の酸化を防ぐ


ごぼうを水にさらすと、水が茶色くなります。これは、ごぼうに含まれるポリフェノールの色です。ごぼうに含まれるポリフェノールの仲間には、サポニン、タンニン、クロロゲン酸の3種類がありますが、その中のタンニンとクロロゲン酸は、優れた抗酸化力を持っています。

ごぼうの持つ抗酸化力は、野菜類の中でも特に優れており、トップクラスです。また、ごぼうの抗酸化力は加熱や焙煎することによって、更に効果が上がることが実証されています。

 

若返り効果


ごぼうに含まれるサポニンには、高麗人参に含まれているのと同じ滋養強壮作用があります。この滋養強壮作用とサポニンの優れた抗酸化力は、ごぼうをお茶にすることで、最大限に摂り入れることができます。

若返り効果が期待できると言われている、このごぼう茶の作り方は簡単です。ごぼうをタワシで洗って、ささがきにします。それを半日干してから、テフロン加工のフライパンで油をひかずに炒めて出来上がりです。3分ほど蒸らしてから、飲んでください。

 

いかがでしたでしょうか。あの地味な存在のごぼうには、こんなにもすごい栄養やパワーが秘められていたんですね。この栄養を少しも逃すところなく身体に取り入れたいので、アク抜きはさっと済ませるだけにしてください。大事なポリフェノールが逃げてしまいます。

それから、サポニンはごぼうの皮に沢山含まれているので、皮もタワシで綺麗にするだけにしておきましょう。女性に嬉しい効果がいっぱいのごぼうの栄養を取り入れて、健康に美しくなりましょう。

 

まとめ

ごぼうの栄養は体を健康にする

腸のお掃除と利尿作用でデトックス
腸内環境の改善
ダイエット効果
コレステロールを抑制
傷を治す効果
優れた抗酸化力で、身体の細胞の酸化を防ぐ
若返り効果もあり

1e3a846cb7248b2ac4977a2a536e3e7c