バイトの人間関係で起こりやすいもめ事とその理由

バイトの人間関係で起こりやすいもめ事とその理由
バイトの人間関係が原因で仕事に行くのが嫌になったり、バイトを辞めては転々としてしまうという人は少なくありませんよね。

自分だけががバイト先の人間関係を抱えるタイプなのだろうか…と悩む人も多いようですが意外にもたくさんの人がバイトでの人間関係の問題に対処しています。

子供ではあるまいし、大人の社会なのにどうしてこんなに問題が絶えないのか…あの人さえいなければ…という気持ちになることも珍しくありません。

こちらとしては人間関係を良くしていこうと努力しているのに上手くいかないとがっかりしてしまいますよね。全ての問題を解決するのは不可能にしても傾向と対策を考えることで自分への悪影響を少し抑えることができます。そこで今回はバイトの人間関係で起こりやすいもめ事とその理由をお伝えします。



 

バイトの人間関係で
起こりやすいもめ事とその理由

 

上層部が変わることによるバイトと上層部の不和


バイトの人間関係の中でも業務を行いにくくしてしまうのが仕事の指示を出す上層部との不和。この問題が起こるとバイトの中でもどのように動けば良いのか誰の言うことを聞けば良いのか分からず混乱が起こります。

言われた通りに行っただけなのに他の上司から怒られるなんていう理不尽なこともよくあります。この問題が起こる理由としてありがちなのが上層部の人事異動による方針の変化。

仕方のないことではありますが、マニュアル通りには行わない上司がいる事が問題の原因となってしまいます。そんな時はバイト仲間と励まし合いながら仕事をこなすようにしましょう。同じ気持ちを分け合える同僚との仲間意識が生まれますよ。

 

親睦会などの集まりに参加しないために勃発する悪口


バイトの人間関係で起こりやすいもめ事に、忘年会や新年会また歓送迎会などの親睦会に参加しない事を理由にある人への悪口が広まることがあります。

いつもそのような会を計画したり企画に積極的に参加している人からするといつも参加を断ってばかりのバイトに対し、協調性がない、協力する意思がないなどマイナスなイメージで見がち。

自分がその悪口を言われる人とならないためには、全ての集まりを支持するのが難しいにしても出来る限り参加し、また協力する意思を見せましょう。

また他の誰かが標的になっており、悪口を聞かされる時には問題を大きくしないために同調して悪口を言うのではなく「そんなことがあったんですね。知りませんでした。」という具合に蚊帳の外にいることも身の守りとなりますよ。

 

新人なのに出来すぎることが原因で起こるバイト内いじめ


バイトでの人間関係でよく起こってしまうもめ事が新人いじめ。新人バイトとしては絶対に起きてほしくない最悪の事態。この問題が起きてしまう悲しい理由には新人なのに仕事が出来るという本当は褒められるべきものであることがあります。

それが理由である場合、新人バイトに非はないかもしれません。先輩バイトとしては新人に仕事を教えてあげようと思っていたのに、自分よりも上手に仕事をこなされてびっくりしたり嫉妬の気持ちがいじめに発展しているということも考えられますね。

そこで新人の場合は仕事が出来る出来ないに関わらず先輩をいつも立てるようにし、教えて頂くという態度を見せると良いでしょう。

自分が新人を迎える立場の場合、仕事が出来る新人が来てくれて助かったという気持ちで過ごすと問題にならずに済みますよ。

 

派閥が出来上がっている職場で誰の側にも着かない人への陰口


バイトの人間関係でありがちなのが派閥またはグループのようなものが出来上がった職場で誰の味方にも着かない人に対する陰口があります。

そのような問題が起こる理由には、どっちの側にも着かない人に対し「あの人は何だかお高くとまっている」というような消極的な感情を持つ人がいるからというものがあげられます。

陰口をたたかれる人からすると面倒臭い問題に巻き込まれないために一人でいる事を決意しているのかもしれませんがそれが仇となってしまうこともあり得ます。

誰の側にも着かないつもりでいるのなら全ての人に平等にいつも変わらず接し続けることで時経つうちに良い評判を築くことができますよ。陰口に耳を傾けないこともその職場でやっていく秘訣かもしれませんね。

 

口の軽いバイトメンバーのせいでこじれる人間関係


バイトの人間関係がややこしくなってしまう一つの理由に口の軽い同僚があげられます。みんなには公表したくなかった話を知らない間に広められてしまったり、悪気なく言った言葉を違う解釈で捉えられてしまい、思ったこともないデタラメを広められてしまったり…それはとても厄介に思いますよね。

その人のせいで他の同僚たちとの間までもギクシャクしてしまうようだと本当に嫌になってしまいます。そうならないために自分が注意できる事としては、バイトの同僚の中でも他の人からどんな評判を築いている人なのか、信頼できる人なのかを見極めた上で自分の話をすることができますね。

他の誰かに聞かれては困ることを職場では誰にも話さないというのも鉄則。自分の身は自分で守るために話す前によく考えましょう。

 

いかがでしたか。

バイトの人間関係を壊してしまうと、即辞めたいと思ってしまうほど心に悪影響を及ぼしますよね。時には自分の軽率な言動ゆえに事が大きくなっていく…ということも考えられますが、自分にはどう考えても非がないという理不尽なケースもあることでしょう。

どんな問題にせよ理由があるので傾向と対策を自分で考えておくのは良いこと。今回お伝えしたシチュエーションに加えて職場特有の問題についても理由を明確にし対策を練ることもできますね。

上司との不和や同僚同士の悪口や陰口などついつい面倒臭くなってしまうバイトの人間関係もあります。自分が人を苦しめる側に立つことは避け、仕事仲間に対して人として親切な快い人であるよう心がけましょう。バイトの人間関係の問題から遠く離れることができますよ。

 

まとめ

バイトの人間関係で起こりやすいもめ事とは

・ 上層部が変わることによるバイトと上層部の不和
・ 親睦会などの集まりに参加しないために勃発する悪口
・ 新人なのに出来すぎることが原因で起こるバイト内いじめ
・ 派閥が出来上がっている職場で誰の側にも着かない人への陰口
・ 口の軽いバイトメンバーのせいでこじれる人間関係

1e3a846cb7248b2ac4977a2a536e3e7c