中高年の転職活動に成功するためのとっておきアドバイス

中高年の転職活動に成功するためのとっておきアドバイス
中高年の転職活動は、第二新卒や20代、30代の転職活動とは異なって、その市場も厳しいものです。確固たる実績があって、大企業の重役や役員にまで昇りつめた人材がヘッドハンティングされる場合は別として、一般的な会社員が中高年の世代になって転職活動をしようとするととても狭き門なのです。

企業側としては、若くて将来性のある人材の方が採用したいですし、年収に一定の率で算出されることが多いマージンなどの採用コストも抑えることができます。しかし、中高年の場合、給与水準が高いため、採用コストも高くなりますし、採用後のリスクも高くなります。

しかし、確固たる意思をもって転職を決意した人もいるでしょう。そこで、中高年が転職活動に成功するためのコツをお伝えします。



 

中高年の転職活動に成功するための
とっておきアドバイス

 

企業の応募数は多くする


中高年の転職は、そもそもの採用数が少なく狭き門です。そこで、なるべく多くの企業に応募することが転職成功の鍵になるのです。

数を打てば当たるといいますが、自分がやりたいことができそうな会社であれば、まず応募してみましょう。細かな条件を吟味したいという思いがあるかもしれませんが、実際のところ、仕事というのは入社をしてみて働きはじめなければわからないことがたくさんあります。

まずは、応募してみて、転職活動を進めながら縁がある企業の中で選別をしていくという方法をとるようにしましょう。

 

必要応募書類に添え状を同封する


中高年の転職は、まず企業に自分の存在を目を留めてもらえることが重要なポイントになります。企業側としては、人気の企業であればあるほど、転職を希望しておくられてくる履歴書や応募書類の数が多くなり、採用担当者も現場の担当者に出す前にふるいにかけるのです。

採用担当者が応募者をふるいにかける際にポイントにすることは企業の採用方針によって様々ですが、まず、年齢は一般的に見られるポイントになりがちです。そこで、自分の熱意をアピールする方法として、応募書類に添え状を同封することをおすすめします。

 

丁寧な履歴書の書き方


履歴書は、決められた体裁に必要項目を埋めていけばいいというものではありません。中高年の転職で、より注意したいのが、字の綺麗さと丁寧さです。

達筆の履歴書は、それだけで採用担当者に好印象を与えることができます。面接をする前の段階の履歴書の時点では、書かれている内容そのものよりまず、丁寧さや字の綺麗さが印象として捉えられます。

字がきれいに書けなくても、中高年らしい大人の気品を感じさせるような丁寧な記入を意識しましょう。

 

職務経歴書は簡潔で読みやすく


職務経歴書は、これまでのキャリアを応募する企業側に知ってもらうためにアピールするための書類です。20代や30代の転職では、せいぜい経験企業数は2〜3企業で、部署異動も数えるほどですから、アピールできるものはなるべく多く記入した方がいいですが、中高年は異なります。

中高年が転職をする際には、たくさん職務内容や部署で経験を積んでいるでしょう。しかし、それらを事細かく記入してしまうと、採用担当者からすれば、何がアピールしたいポイントなのか分からず、だた読む気が失せてしまう書類になってしまうのです。どうしてもアピールしたいポイントを絞って簡潔に記入しましょう。

 

マネジメント能力のアピール


企業は中途採用をする際には、一般的に前職での年収金額を参考にして年収を決めて内定を出し、条件をオファーしてきます。中高年の転職の際には、そのオファー金額が必然的に高くなります。

そこで、企業が期待してくるのが、マネジメント能力です。これまで培ってきたスキルやノウハウを発揮することはもちろんですが、年齢相応のパフォーマンスとしてリーダーシップや組織をマネジメントする能力があると有利になるのです。そのような経験がある人は、応募書類や面接でアピールしましょう。

 

適切な転職サイトの選定


中高年の転職は、適切な転職サイトに登録をすることが転職成功の大きな鍵となります。採用の条件を細かに指定したいとか、これまでの経験を十分に発揮できるキャリアを積みたいなど、中高年の転職は、若い世代の転職よりも慎重です。

そんな慎重な転職活動を成功させるためには、自分が希望している案件を紹介してくれる転職サイトやエージェントに登録しておく事が大切です。高所得のエグゼクティブに特化した転職サイトや、大企業の案件を豊富に持っている転職サイトなどがおすすめです。

 

いかがでしたか。中高年の転職は、一般的に言われる転職活動や就職活動のコツだけでは成功することが難しい状況です。企業側は、年収が高く、これまでの経験がありすぎる中高年の転職による採用は敬遠することが多いため、必然的に狭き門になってしまうのです。

しかし、これまで積んできた経験や実績を活かして転職を成功せることは、転職する側にとっても採用する企業側にとってもウィン・ウィンになりますから、要は、自分を必要としてくれる企業と出会えればベストなのです。そのためには、出来る限りたくさんの企業を見るようにしましょう。

今回ご紹介したようなポイントを抑えて様々な企業に応募してみることで、自分に会う企業と出会う確率は増えますから、アグレッシブに転職活動をしましょう。

 

まとめ

中高年が転職に成功するためのコツとは

・なるべく多くの企業に応募してチャンスを広げよう
・必要応募書類にプラスして添え状でやる気をアピールしよう
・履歴書は書き方を予習して丁寧な字で書こう
・職務経歴書に書く文字量は多すぎないように抜粋しよう
・マネジメント能力をアピールできるエピソードを用意しよう
・自分にあった転職サイトに登録して確度の高い転職活動をしよう

1e3a846cb7248b2ac4977a2a536e3e7c