どうしても働きたくない!会社に縛られず生きていく方法

どうしても働きたくない!会社に縛られず生きていく方法
「働きたくない」と考えている人は、たいていの場合「今の会社で働きたくない」場合が多いですよね。つまり、今の仕事がご自分に合っていないということです。

成人した、特に男性であれば仕事自体は一生続けなくてはなりません。それが男の務めだからです。女も出産や育児を避けて通ることはできません。男も同様に、働いて家庭と経済を支える義務があるのです。

しかし会社勤めが性質に合わずに、ストレスをためているという人が多いことも事実です。働くことが嫌なのではなく、サラリーマンが性に合わないという人は、この機に自分に合ったお仕事を探してみてください。「働きたくない」とぼやく以外に、出来ることはたくさんあるのですよ。それでは、会社に縛られなくとも収入を得られる方法をお伝えします。



 

どうしても働きたくない!
会社に縛られず生きていく方法

 

今の会社で働きたくないとき


「働きたくない…」と会社へ向かう足取りが重いとき、その会社はあなたに合っていないのかもしれませんね。「仕事自体をしたくない」という怠けた気持ちというよりは、「今の会社で働きたくない」という気分なのでしょう。

会社は閉鎖社会なので、少ない人数の中に合わない性格の人物がいるだけで、会社に通う気持ちも重たくなります。「働きたくない」と毎朝気が重くなってきたら、転職を考えた方が良いかもしれませんね。ストレスをためこむ前に行動することで、ストレス自体も軽減できます。

 

サラリーマンが性に合わない


サラリーマンが性に合わないという人は、「会社へ行きたくない」「誰かの下で働きたくない」とフラストレーションが募るかもしれませんね。多くの人が会社務めをする日本社会では、奇抜に見えるかもしれません。しかし「誰かの下で働きたくない。自分で会社を回したい」との願いは、別段珍しくもありません。

特に男であれば、人として上に立ちたいという欲求があって当然です。外国では個人企業も珍しくありませんが、日本ではまだまだ不安が大きい選択肢と言えます。しかしサラリーマンが性に合わないという人は、思い切って自分で自由に仕事に取り組める職種を探すことをお薦めします。

 

起業する方法を勉強する


「会社で働きたくない」「自分の会社を起こしたい」と願っても、まずはその方法から学ばなくてはなりません。起業する方法さえ知っておけば、誰でも起業することができますが、職種によって資格と資金が必要になります。それらを全て自分で考え、資格を取得して元手を用意しなくてはなりません。経費や税金の計算も当然自分でやっていくことになります。

企業のためのセミナーを開いている自治体も多いので、セミナーに参加して知識を得る人もいます。また、会社務めをしながら起業をする準備をしたいという人は、通信での起業のための講座を受けることをお薦めします。

起業するまではパワーが要りますが、夢の社長生活のために気持ちを奮い立たせてください。

 

起業した友人の助けになる


「会社で働きたくない」とサラリーマン生活に根を上げていても、自分が社長になって会社を動かすような人材でもないという場合は、起業した友人を訪ねてみてください。気の合う友だちで起業した人がいれば、その会社を手伝って共同経営するという道もあるのです。

また、例えば脱サラしてレストランをやりたいという夢を叶えたいときに、自分で経営をする手腕がないと自己判断したら、経営者にふさわしい友人を探して勧誘すればいいのです。経営者にぴったりの友人をオーナーにし、自分は「店長」として活躍すればいいのです。

嫌な会社務めをするよりも、自分のしたい仕事ができるうえに、面倒な経営や経理面を友人に任せられるというメリットがあります。その代りに、経営者から「お給料」をいただく形になりますが、その点はあらかじめご了承くださいませ。

 

手に職を付ければ会社に務めなくとも良い


普通に考えれば、手に職を付ければ会社に務めなくとも良いのです。昔の日本ならば、「包丁職人」や「三味線職人」や「提灯職人」などの職人が多数存在し、それぞれ独立して仕事をしていました。今は工場のレーンの上でたいていのものが作られてしまうため、職人業はすたれてしまいました。

それでも現代ならではの職人業もいくつか存在します。ケーキ作りのパティシエや、フラワーアレンジメントや歯科技工士など、人気の高い職人業もまだまだ健在です。仕事をとってくる営業力も多少は必要ですが、一度顧客がつけば延々と好きな職人業をしながら生計をたてられます。

 

ネットでのお仕事は収入に波がある


「働きたくない!」という人を釣るために、ネット上で簡単に稼げる方法を紹介しているサイトがあるので、気を付けてください。安易な気持ちでネット収入をあてにすると、稼ぎの少なさに驚くことになりかねません。ネット社会で個人が稼ぐのは、実はとても大変だと言えます。

どうしてもネットで生計をたてたいと願うのであれば、まずは会社を辞めないままに副業として頑張ってみてください。それを数か月続けることで、いつしか本業としてやっていけるめどが立てば、その時にこそ会社を辞めればいいのです。

安易な気持ちで飛びつくほど、ネットでのお仕事は甘くないということを覚えておいてください。

 

さて、どうしても働きたくないという人に、会社に縛られずに生きていく方法を紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

会社を辞めると収入に波が出て、不安定な生き方になると思われます。しかしそれでも会社を飛び出す価値ややりがいはあると信じて、自分の道を突き進んでください。

実際にやってみるとわかるのですが、会社務めのいいところと悪いところが浮き彫りになり、いい人生経験になることだけは間違いなく保証できます。「働きたくない…」などと考えていた自分を忘れるくらい、がむしゃらに働いて有意義な人生になるでしょう。

会社に縛られない自由な働き方をしている人は、多くはないけど少なくもないのです。会社務めの今のあなたが考えるほど狭き門ではないのですよ。最初は会社に籍をおいたまま、副業としてのスタートを検討してください。

 

まとめ

どうしても働きたくない!会社に縛られず生きていく方法


・今の会社で働きたくないときは転職を検討しよう
・サラリーマンが性に合わない人は起業を検討しよう
・起業する方法を勉強する
・起業した友人の助けになることや、友人と共同経営を考えてみる
・手に職を付ければ会社に務めなくとも良い
・ネットでのお仕事は収入に波があるので注意が必要だ

1e3a846cb7248b2ac4977a2a536e3e7c