彼氏ときれいに別れる為に押さえておきたい5つのポイント

彼氏ときれいに別れる為に押さえておきたい5つのポイント
どんなに大好きで付き合っていたとしても彼氏と別れる選択をすることもありますよね。情や罪悪感で決断に迷うことがあっても、惰性でズルズル関係を続けても相手に失礼ですし、自分も辛く、お互い前に進めません。

悩み抜いたその後に、この恋を終わらせようと決めたら、うまく行動に移しましょう。別れ方を間違ってしまうと、思わぬトラブルを引き起こしかねません。今までの幸せだった時間までみすみす苦い思い出にかえてしまう必要はないのです。

また、後腐れなく彼氏と別れることは過去を汚さず、明るい未来につながります。これが最後の恋ではないのですから、別れは次に素敵な恋をする前準備とも言えます。そこで、彼氏ときれいに別れる為に押さえておきたいポイントをお伝えします。

 

彼氏ときれいに別れる為に
押さえておきたい5つのポイント

 

別れを察してもらう

彼氏と別れる決心がついたら、徐々に距離をとり、相手に別れを察してもらうことからはじめましょう。具体的にはラインや電話、デートの回数を減らすのが分かりやすく、効果的です。物質的に距離をとることにより、自然とお互いの心の間隔も開いていきます。

なので、別れ話を出した時に相手も受け入れられる態勢が整っている場合が割と案外多いのです。また、彼氏が別れるなんてまったく想定していないのに話を切り出されてしまったら、驚いて冷静さを失いますよね。

感情的な話し合いは売り言葉に買い言葉がさく裂して、うまくまとまりません。ただでさえ、お互いに精神的ダメージを受ける別れ話。事前に可能な限りの配慮と別れやすい状態をつくっておくに越したことはありません。

 

表情を見て話す

きちんと会って話しましょう。相手の表情を見ることで、自分の意を汲んでくれるかどうか分かりますし、交際期間に関わらず、最後の誠意の表れにもなります。気が重いからと言ってラインや電話に逃げてしまうと、相手が気持ちの消化不良を起こして着信拒否やブロックした場合に厄介です。

彼氏が別れるのを納得しないなら、目の前で気持ちを言ってもらった方が対応の仕様があります。あくまで、関係を終わりにする時でも相手あってこそなので、一方的な伝え方は望ましくありません。

たとえ、責められたり、きつい言葉をかけられたとしても、別れを告げる側はある意味、悪役と割り切ることが大事ですよ。

 

確固たる意思を持つ

別れを切り出す方に確固たる意志がないと、別れるに至りません。情に流されたり、罪悪感につけ込まれて考えが揺らいでしまわないように気持ちを強く持ちましょう。今はまだ貫き通す自信がないというのであれば時期を改めるのもひとつの手段です。

一度決めたことを覆すと足元を見られ、彼氏と別れるのに苦労しますが、曖昧な物言いも同様です。未来を含んだ言い方は未練がましいですし、期待を持たせますので、過去形で話を進めましょう。

中途半端な態度は中途半端な結果しか生みません。そして、不用意に人を傷つけますよね。だからこそ、揺るぎない意思は必要なのです。

 

ゆっくり簡潔に言う

別れたい意思と理由をゆっくりと、簡潔に言いましょう。ゆっくりとした話し方を意識することで自分自身が感情的になるのを抑えることができますし、相手を煽ることもありません。また、聞きとりやすさは意志の強さをイメージさせます。

それと、彼氏に別れる理由をとりとめなく話すのは余計に気分を害す可能性があるので避けたいです。好意や褒め言葉ならどれだけ聞いていても嬉しいものですが、なぜ別れたいかを延々とされるのは辛いものがあります。

頭の中で伝えることがまとまらなかったら、ノートに思いをひたすら綴ってみましょう。書くことによって、気づかなかった感情を発見したり、心が落ち着いたりして、気持ちの整理ができますよ。

 

感謝の気持ちを伝える

最後はこれまでの感謝の気持ちを伝えるに限ります。原因の多くが彼氏にあって別れるに至ったとしても、ありがとうで締めましょう。この恋のおかげで笑ったり幸せを感じたり救われることはあったはず。終わりが来た恋が人生に無駄を与えるわけではありませんよね。

そして、その場だけでなく別れた後のことも考えて、傷つけ合うのは避けたいものです。それまで好きだった彼氏へ別れる際に文句や愚痴を言って、すっきりするわけがありません。

胸にしこりが残るような別れ方をすると、自分の意と反して長く引きずってしまいます。ありがとうの言葉で終わりにするのは気持ちよく別れる為でもあり、人と人との関わり合いの中で大切なマナーでもあります。

 

いかがでしたか。人の心は変化するものですが、ふとした瞬間まさかあれほど好きだった彼氏と別れる決断をした自分自身に内心動揺するかもしれません。でも、幸せを望んで別れが必要なら、その判断にくよくよせず確かな意思を持って相手に伝えることが大切ですよね。

告げる方も告げられる方も別れは大きなエネルギーを費やしますし、傷もつきます。その傷を最小限に抑えられるかは事前に状況をある程度察して心構えができているか、誠意のある態度で向き合ったかどうかにもよります。

そして、最後にきちんと感謝の気持ちを伝えられたら、この恋はきれいに終わり、幸せだった思い出となって、お互いに新しい恋をはじめることができるのです。

まとめ

彼氏ときれいに別れる為に押さえておきたいポイントは

・ 別れを察してもらう
・ 表情を見て話す
・ 確固たる意思を持つ
・ ゆっくり簡潔に言う
・ 感謝の気持ちを伝える


連記事