一生独身を決意して後悔しないための必要なこと

一生独身を決意して後悔しないための必要なこと

一生独身でいることを決意している方は男女ともに40%近くもいることをご存知でしょうか。付き合ったことがないという二十歳以上の男女も今では珍しくないほどたくさんいますよね。他人に干渉されたくないというのが、最近の傾向ですよね。そのため、一生独身を決意する若い世代も増加傾向になっています。

しかし、一生独身でいることに不安を感じないという方は意外にも少ないようです。これから先の事まで考えたときに、「あのとき、やっぱり・・・」などと思わないように、今のうちから後悔しないための心構えと準備を始めていきましょう。人生のプランは早いうちから練っておくのが一番です。

それでは、一人でも安心して老後まで過ごすための必要なことをお伝えします。



 

一生独身を決意して
後悔しないための必要なこと

 

手に職をしっかりつけておくこと


一生独身で生きていこうと決意しても、生活資金がなければ一人で生きていくのは困難です。長く働ける職につくことが一番望ましいでしょう。しかし、サラリーマンやOLですと定年までは安泰ですが、その後は年金暮らしで何十年も過ごしていかなければいけません。できれば介護士や看護師などの資格があれば、さらに活躍できる場所が増えることが考えられます。

このようにずっと働ける「資格」を持つこともひとつの武器となり、職に困らない人生を送ることができるでしょう。ずっと働ける環境や資格があれば、一人での生活も安心ですよね。そのためにも、早い段階から資格をとってみたりと今後に活かせることを積極的に行っていきましょう。時間も趣味も自由に使えるのが独身のメリットです。

社会的にも、経済的にも安定した職に一生つけることが安心にも自信にもつながります。

 

貯蓄は多ければ多いほど自分のためになる


一生独身でいると決めたとき、やはり一番不安になるのが「老後」のことですよね。老後の面倒をみてくれる人がいなくて、一人寂しくアパートで孤独死・・・なんて寂しい思いはしたくないですし、迷惑をかけたくないですよね。病気になってもお金はかかってしまいます。一生独身と決めても、ある程度の年齢を超えたら周りの人の力を借りて生活しなければいけなくなることもあるでしょう。

老後は老人ホームに入居しようと考えていても、多額の金額が発生することはもう目に見えています。介護が必要になったら一人で生きていくのも困難です。誰の世話にもならないとはいかなくなるのが、老後ですよね。しかし、福祉施設もたくさんありますので、問題はないでしょう。利用するにもお金は必然とかかってしまいますし、仕事ができなくなったとしても、やはりお金は必要です。

「お金は人を裏切らない」と昔から言われているように、貯蓄しておくとこの先何があっても安心です。

 

親、兄弟は唯一の家族


一生独身になっても、保険に入っても「引受人」や引っ越しをしても「保証人」は必要になります。身元保証人が必要になることは、これから先いくつか訪れますよね。友人にお願いすることもありますが、基本的に一生独身の場合は特に親や兄弟といった血縁関係に頼ることになるでしょう。年齢が増すごとに、独身でいるとなにかと不便なのがこの身元保証人です。

一人で生きていこうと決意しても、まったく身内と関わらないとは言い切れません。どんなに貯蓄があったとしても書類上、保証人がいなければ成立できないことも出てくるのです。いくら家族でも、うざったいと感じることはありますよね。気が付いたら親とも距離ができてしまって実家に寄り付かなくなった・・・という方もいることでしょう。せっかくの家族なのにそれでは悲しすぎますよね。

いざというときのためにも、普段から親、兄弟は特に交流しておきましょう。

 

趣味や時間を使って有意義に


一生独身を決意して生きていこうと思った瞬間から、なにかが吹っ切れた感覚になるとよく耳にします。働き盛りの頃は忙しい日々に追われて、自分のことを後回しにしてしまう傾向があるのですが、ふと我に返るとなにも残らない自分自身に気が付いてしまう瞬間が訪れることも・・・。気が付いたときにはすでに独身は自分だけだった・・・というのが現実ですよね。

一生独身でも後悔しないように、忙しい時間の合間を縫って、自分のために趣味やリフレッシュをする時間の確保をしておくことをおすすめします。今しかできないことを後回しにしても、いざやろうと思ったときには体は言うことを聞いてくれませんし、時間の使い方がわからないまま、退屈な人生を送ってしまう可能性があります。後悔しないためには、今ある時間を十分楽しむことです。

貴重な時間を自分磨きのために、上手に使って過ごしましょう。

 

いかがでしたでしょうか。一生独身を貫こうと決める前までは、周囲の声やいろいろな迷い、葛藤があったことでしょう。子供が欲しくなったり、孤独感や寂しさが襲ってくることもあるかもしれません。決心した後に、一緒になりたい存在が現れることもありますので、運命はわからないものです。

しかし、自分のためにやりたいことを後悔しないで突き進んでいく強さは、誰もが羨むことであり簡単に真似できることではありません。親、兄弟、友人、恋人などあなたの周りにはたくさんの仲間がいます。いつも笑顔で過ごしていると、人は自然と集まってくるものです。とことん自分と向き合い、やりたいことを追求しあなたにしかできない充実した日々を過ごしてください。

 

まとめ

一生独身を決意して後悔しないための必要なこと

・看護や介護などの資格も手に職を持つためには有効です
・貯蓄は老後のことを考えてしっかりと蓄えておくと安心です
・両親、兄弟との交流は欠かさずに
・自分のために趣味や休息の時間の有効活用を!

1e3a846cb7248b2ac4977a2a536e3e7c