離婚後の後悔が消えない人が復縁するための5つの方法

離婚後の後悔が消えない人が復縁するための5つの方法
離婚をしてみたものの、後になって「やっぱり離婚なんかしなきゃよかった」と離婚を後悔することがありますよね。こんなとき、もし相手もまだフリーだったら……復縁の可能性があるかも!?なんて考えてしまうのが人の性です。

「相手もまだ自分に未練があるのでは」という期待も膨らんでしまいますよね。しかし、ここで復縁に向けて突っ走ってはいけません。離婚をしたということは、一度は結婚生活を失敗したということ、この事実を忘れてはいけません。

もしあなたの希望が叶い、復縁を果たしたとしても、「離婚した」という事実を忘れてしまっていたら、また同じ失敗を繰り返すだけです。そこで今日は離婚後の後悔が消えない人が復縁するための5つの方法をお伝えします。



 

離婚後の後悔が消えない人が
復縁するための5つの方法

 

相手の離婚後の暮らしを調べること


離婚を後悔したからといって、あなたの都合だけで復縁することはできません。まずは、相手があなたと復縁できる状態なのかを知ることから始めましょう。相手の現在の暮らしや交際相手の有無を調べます。

相手のブログやSNSを覗いてみる、共通の友達に近況を教えてもらう、思い切って相手に直接連絡をとってみてもよいでしょう。相手の現在の暮らしや交際相手の有無を調べたうえで復縁の可能性があるときには、次の行動にうつります。

 

相手と連絡をとり会ってみること


離婚を後悔するとき、過度に思い出を美しくしすぎていることがあります。ときには、離婚した理由すら忘れて、「昔はよかった」と言っていることもあったりします。

本当に復縁したいのか、ただ感傷的になっているだけなのか、見極めるためには相手と会うのが一番です。相手と連絡をとり、会ってみましょう。もちろん、連絡をとったとき相手が応じてくれなければそれまで、復縁は諦めます。

もし会うことになったときには、自分の中の彼(彼女)と現実の彼(彼女)がちゃんと一致しているか、冷静に見極めてください。

実際に会ってみて、「やっぱり彼(彼女)が好きだ。自分には彼(彼女)しかいない」と思ったときには、離婚を後悔するあなたの気持ちは正解、復縁のために動き出しましょう。

 

相手の自分に対する気持ちを確かめること


あなたが離婚を後悔したとしても、相手にその気持ちがなければ復縁することはできません。あなたに対する相手の気持ちを確かめてみましょう。

このとき、いきなり相手に問い質してはだめ、二人が一度は「離婚」という結論を出したことを忘れてはいけません。まずは相手の好意を取り戻す努力をすることから始めること、デートを重ね相手に好かれる努力をしてください。

さらに、離婚に至った理由を解消することも大切!育児に非協力的だった、浮気癖、金遣いが荒いなど離婚をするにあたっては、それに至る原因があるはずです。

離婚の原因を解決しないままでは、相手はあなたと復縁してみようという気にはなれませんし、復縁したとしても幸せな未来は待っていません。

離婚の原因を解決し、相手に「これなら大丈夫」と思ってもらえるように努力しましょう。そのうえで、自分と復縁する気があるのか、相手に確かめてみます。

 

再婚を焦らないこと


「逃がした魚は大きかった」と痛感すればするほど、もう一度それを手に入れるチャンスが巡ってきたときには、早く自分のものにしようと焦ってしまいます。

離婚に後悔したすえの再婚でも同じこと、相手の気持ちが変わらないうちに早く婚姻届けを出さなきゃという気持ちになってしまいがちです。しかし、これは失敗の元、二度目の結婚を成功させるためには焦ってはいけません。ゆっくりじっくり腰を据え、二人の将来像を、二人でよく話し合いましょう。

将来について、二人の意見ですれ違いがあると、二度目の離婚待ったなしですよ。一度失敗したからこそ焦りは禁物、二人で二度目のスタートを切るまで、万全の準備をしておきましょう。

 

もう一度離婚の原因や経緯を思い出し、自分の気持ちを確かめること


最後に、もう一度離婚の原因や経緯を思い出してみましょう。離婚の際、相手に抱いた不満や不信感はきちんと解消することができましたか?

経済面や介護や看病などの問題で離婚した方、それらの問題は解決できましたか?離婚を後悔する気持ちが大きいとなかなか現実的な問題に目が向かなくなりますが、復縁するときは、もう一度「離婚した」という現実に目を向けてみてください。

離婚の原因は解消できた!今度こそうまくいくはず、というときは復縁しても大丈夫、「よくよく考えたら、相変わらずな二人だし、再婚してもまた傷つけあうだけかも」と心配になったときは、しばらくは再婚せず友人関係や恋人として相手と付き合ってみるのがおすすめです。

 

いかがでしたか。

以上が、離婚後の後悔が消えない人が復縁するための5つの方法でした。離婚後、「やっぱり私にはあの人しかいない」と離婚を後悔したとしても、復縁を焦ってはいけません。

まずは、相手の気持ちや現在の暮らしを調べましょう。もし、相手があなたがいなくても楽しく暮らしているようであれば、悲しいことですが、あなたも相手への未練を断ち切るのがよいでしょう。

もし運よく相手もあなたに未練があり、お互いに復縁したいという気持ちがあったとしても、復縁まではゆっくりじっくり時間をかけて慎重に進みましょう。

同じ失敗を繰り返さないためです。復縁するときは、一度目の離婚の反省を生かして、今度こそ幸せな結婚生活を掴んでください。

 

まとめ

離婚後、復縁するための5つの方法とは

・ 相手の離婚後の暮らしを調べること
・ 相手と連絡をとり会ってみること
・ 相手の自分に対する気持ちを確かめること
・ 再婚を焦らないこと
・ もう一度離婚の原因や経緯を思い出し、自分の気持ちを確かめること

1e3a846cb7248b2ac4977a2a536e3e7c