会話が続かないと落ち込む前に知っておきたい対策法

会話が続かないと落ち込む前に知っておきたい対策法
会話が続かないと、あらゆる場面で苦労しますよね。職場での仕事でも、デートなどのプライベートでも、会話なしで過ごすことは難しいです。緊張することが原因で会話ができないという場合や人間嫌いで人に会うのも嫌だという場合は、会話する能力以前にメンタル面でのクリアすべき問題があります。

しかし、会話が続かない!と落ち込むということは、会話をすることに必要性は感じているということ。少なくとも、会話なんて無駄だとは考えていないはずです。努力しようとする気持ちはあるのですから、ちょっとした方法さえわかれば開けていきます。

そこで今回は、「会話が続かないと落ち込む前に知っておきたい対策法」についてお伝えします。



 

会話が続かないと落ち込む前に
知っておきたい対策法

 

主体的と相対的


会話が続かない時に知っておくと楽になる対策法は、話そうとする内容の性質を把握しておくというのが挙げられます。主体的と相対的ということで説明をしますと、参考までに、これは反対言葉ではありませんが、主体的というのは、言い換えれば、主観的とも言えて、話題を自分本位にするという場合です。

たとえば、歌やドラマをヒットさせるかどうかというショービジネスでも、大勢の人に受け入れてもらうような内容にするか、受け入れてくれる人が少数になってもいいから自分が表現したいものを表現することにこだわるか、という2つのパターンがありますよね。

会話に置き換えると、相手に合わせた話題を提供するのか、自分が言いたいことを話すのか、ということ。相手に合わせるという要素が、「相対的」なので、会話のネタが少ないと会話が続かないのは、当然の結果です。

会話が続かないと落ち込む前にやっておくべきことは、相手が喜びそうな会話のネタを準備することで、会話を充実させることに価値を置きたいなら、日ごろから、このニュースは会話に使えそうだなぁとインプットする感性を磨いておきましょう。

 

質問力を磨く


会話が続かないと悩んでいる方は、質問力を磨きましょう。上手に、質問ができるようになれば、会話の時の沈黙も怖くありませんので、まず、質問をするスタンスについて考えてみましょう。

質問の仕方、役割には、相手が答えやすい質問をする、相手にアドバイスを求めるというパターンがありますが、相手が答えやすい質問をするというのは、返ってくる言葉を予想しながら、質問をするとも言えます。

「どんな音楽が好きですか?」「明日は、何か予定がありますか?」などの質問は、相手が答えやすいですよね。そんなに深く考えなくても、返事をすることができますし、それに対して、相手にアドバイスを求めるというパターンは、相手にとっては、返事をする内容が高度になります。

相手が答えやすい質問をするという場合は、相手が話題を持っていない時には有効的です。相手にアドバイスを求めるというパターンは、相手が話題を持っている時に効果があります。会話が続かないと悩んでいる方は、質問をするパターンの使い分けが必要です。

 

観察力と洞察力を身に付ける


会話が続かない人は、観察力と洞察力がないとも言えますが、実際のところは、緊張していて、周囲を見る余裕がないのかもしれませんね。観察力と洞察力を身に付ければ、空気を読むことにつながりますし、相手をほめるポイントをつかむできるようになり、相手が嫌がっていることを察知することができるようになります。

観察力は、目に見える物事の状態や変化などを客観的に注意深く見ることができる力で、観察力は、簡単に言えば間違い探しが上手になること。たとえば、髪型が昨日とは違うということに気が付く力です。洞察力は、物事を観察して、その本質や、奥底にあるものを見抜く力で、相手の言葉の動機を推察する力です。

 

評価を怖がらない


会話が続かないを克服するために、観察力、洞察力、情報を収集する能力を身に付けたとして、最後には、表現する力、アウトプット力が必要となります。会話は苦手でも、文章を書くという方法でなら、発信することはできるという人は多いです。

SNSやメール、ラインなど、文章ではアウトプットできているので、自分のタイミングで言葉を発することはできているのです。いざ、会話となると、苦手になるのは、発信した内容を瞬時に評価されるから。会話上手になるには、「いいね」をもらえないことにも慣れる必要があるんです。

 

以上、会話が続かないと落ち込む前に知っておきたい対策法についてお伝えしました。情報をインプットする感性を磨くこと、質問力を磨くこと、観察力と洞察力を身に付けること、評価を怖がらないことができるようになると、ほとんどの人と会話を続けることができます。

手始めに、情報をインプットする感性を磨くことから、やってみてください。勉強というスタイルが得意なら、勉強して情報を吸収するのも良いでしょう。もちろん、楽しみながら、情報を収集することもOKです。

小説でも、映画でも、音楽でも、お笑いでも、興味が湧くものに素直に向き合えば、誰かに伝えたくなる話しが蓄積されていきます。人間って、吸収したものが、いっぱいになると、吐き出したくなるようになっているんです。

 

まとめ

会話が続かないと落ち込む前に

●情報をインプットする感性を磨く。
●質問力を磨く。
●観察力と洞察力を身に付ける。
●評価を怖がらない。

1e3a846cb7248b2ac4977a2a536e3e7c