気づかずにダメな男ばかり選んでしまう理由とは

気づかずにダメな男ばかり選んでしまう理由とは
ダメな男ばかりにどうしてもあたってしまうという悩みを抱いている女性は、自分の運のなさにがっかりですよね。なぜかまともな男がやってこない、前の彼氏とは違うタイプだと思ったのに結局ダメな男だったなんて経験をした方もいると思います。

出会いはとても不思議なもの、こんな人に知り合いたいと思っても現実になることは意外と少ないのです。女性に甘えてばかり、性格が悪い、お金の使い方を知らない、など数えたらきりがないほど色々な欠点を抱えたダメな男。

出会う人は相手から近づいてくるのではなく、時には自分が無意識に引き寄せている場合があります。そこで本日はもっと素敵な人と知り合いたいと願う女性にむけて、なぜかダメな男を選んでしまう理由をお伝えします。

見た目が自分の好みにピッタリ

ダメ男ばかりを選んでしまうのは、人間性や性格を先にチェックせず見た目だけで男性を評価するためです。出会いでとても大切な第一印象が自分のタイプや好みに当てはまる人だと、性格なんてどうでもよくなりすぐに合格点をクリアしてしまいますよね。

外見の魅力は大切ですが、素敵な恋愛関係を築くにはやはりお互いに内面の魅力を理解しないといけません。ダメな男を選ぶつもりなくても、無意識に自分のなかで異性を判断する基準が出来上がっているのです。

外見でインパクトを受けた人じゃないとその先一歩踏み込みこめないというタイプの女性は、ダメ男を選ぶ可能性が高くなるのでご注意ください。

 

母性本能が強くダメな男を守ってあげたい

ダメな男はいつも彼女に甘えてばかりで、しっかりしていない態度が時には可愛く見てしまいますよね。それは母性本能が働くためで可愛がってあげたい、守ってあげたいと無意識のうちに相手を敵から防御してしまうのです。

母性本能をくすぐる男性って世の中に意外と多く存在し、「私がいないとダメになる」と女性が変な責任感を感じてしまうのも特徴といえるでしょう。

母性本能をかきたてる男性は女性に甘えるのが上手で、ついダメと言えずに相手の欲しいものや望むことをやってしまいます。出会ったときにすでにダメな男も母性本能の強い彼女のせいでさらにダメな男になる可能性があります。

 

育つ過程を見届けたいため

恋愛はお互いにひとりの人間として成長する様々な要素があり、自分にないものを持っている人からはとても影響力を受けますよね。「好き」という感情だけでなく信頼関係や価値観なども恋愛相手からこそ学べる点が色々あります。

ダメな男ばかりを選ぶ女性はそんな恋愛の魅力を実感したく、徐々にお互いが成長する過程を見ながら満足するタイプが多いことが特徴。ダメな男が自分の力のおかげで立派な男性として育つ様子を見るとちょっとした自信やプライドにつながるのでしょう。

もっとマシな男と知り合いたいと思っても、結局はダメな男を選びコツコツとプラモデルを作るように完成させたい願望があるのです。

 

ダメな男に好まれる要素を持っている

ダメな男ばかりを選んでいるつもりがなくても、なぜか自分に集まってくるのはダメな男ばかりという場合、それは自分の判断力のせいだけでなく相手から選ばれている可能性もありますよね。

ダメな男といえばだらしない、決断力がない、男らしくない、お金がないなど、そんな自分の欠点を埋めるためにぴったりの女性を求める男性も存在します。

例えばギャンブル好きの男性がお金持ちの女性に近づいたり、気弱な男性が男っぽいサバサバした女性を好むなど、ダメな男が喜ぶ要素がある女性は必然的に相手からアプローチされてしまうのでしょう。

 

仕事よりも恋愛を優先してくれる

ダメな男は仕事でバリバリと活躍するタイプでなく、仕方なく毎日通勤しているような人が多いですよね。一見こんな男は社会的にも評価されず魅力がないように見えますが、仕事をしない反面プライベートを大切にする良さを持っています。

「残業だから今日のデートはキャンセル」ということは一切せず仕事を放置してでも彼女を大切にする人。恋愛体質の女性ならこんな彼氏だといつでも会えるし二人の時間がたくさんあるので、恋人としては魅力的になります。

仕事で忙しいできる男よりもいつも一緒にいられるダメな男、どちらも女性にはメリットがあります。

 

以上のように、ダメな男をどうしても選んでしまうのは「ダメ」なところが逆に魅力に見えているからなのでしょう。自分の彼氏が友達の彼氏よりも劣って見えることはよくありますが、それはすべて自分の価値観で判断しているだけのことです。

ダメな男というレッテルを貼ってしまうと本来の魅力が発揮できない男性もなかにはいるでしょう。どんなにしっかりした女性でも必ず物足りない部分はありますので、お互いにカバーできる関係ならばダメな男でも自分にとっては「イイ男」になっていくのです。

出会いには不思議な縁がありそれを生かすか放棄するかは自分次第ですが、知り合った男性がダメな男だと分かった時はそれでも付き合う価値があるか冷静に判断してみましょう。

まとめ

ダメな男をばかり選ぶ理由とは

・ 見た目が自分の好みにピッタリ
・ 母性本能が強くダメな男を守ってあげたい
・ 育つ過程を見届けたいため
・ ダメな男に好まれる要素を持っている
・ 仕事よりも恋愛を優先してくれる


連記事