目尻のシワが気になる人が試したい、シンプルな5つのケア

目尻のシワが気になる人が試したい、シンプルな5つのケア
目尻のシワ、気になりますよね。おかしなことに思わずくすっと笑ったとき、視界の隅にちらりと鏡が……そしてそこにうつった自分の顔の目尻のシワ!今後一切、人前で笑っちゃだめだと自分に呪文をかけてしまいそうになります。

目尻のシワに限らずシワというものは一度できてしまうと、ちょっとやそっとでは消えたり薄くなったりはしないと考えている方が多いでしょう。

たしかに深く刻み込まれたシワは簡単には消えませんが、できたばかりのシワや表情次第であらわれたり消えたりするシワは日々のスキンケアやちょっとした注意で薄くすることはもちろん、消すことだって可能です。ということで今回は、目尻のシワが気になる方におすすめのシンプルな5つのケアをお伝えします。



 

目尻のシワが気になる人が試したい、
シンプルな5つのケア

 

目尻の乾燥ジワには保湿ケアが大切!こまめに保湿すること


目尻のシワにはいくつか原因がありますが、主な原因の一つが肌の乾燥です。肌が乾燥すると、ちょっとした刺激で肌の表面がぱりっと割れたり亀裂が走ってしまいますよね。

このひび割れや亀裂がシワの原因!目尻や目元の皮膚は薄いので、一度入った亀裂が定着してシワになってしまいやすいのです。

ということで、目尻のシワが気になる方、目尻や目の周りの肌を乾燥させないこと!こまめな保湿ケアを心がけましょう。

目の周りは化粧水やクリームを塗るのを避けてしまいがち、頬や額はきちんと保湿ケアをしているのに、肝心の目尻には全くクリームを塗っていないという方も多いです。クリームが目に入らないように注意しつつも、目尻や目の周りにもきちんとクリームを塗って保湿ケアをしてください。

目に化粧水やクリームが入るのが怖い方は、液だれしにくいかためのテクスチャーのクリームやジェルを使用するとよいですよ。目尻は日中も乾燥します。目尻のシワや乾燥に気付いたら、こまめにクリームを塗って保湿してください。

 

アイメイクのクレンジングはこすらない!優しく落とすこと


目尻のシワの原因の一つが摩擦などの外部からの刺激です。マスカラやアイシャドウを落とすとき、目の周りを強くこすっていませんか?クレンジングの際の摩擦が目尻のシワを作っています。

アイメイクを落とすときは、目尻や目の周りの肌をごしごしこすらないようにしましょう。アイメイクはクレンジング剤をつけた指で優しく撫でながら落としてください。

指でやるとつい力が入ってしまうという方は、綿棒を使用するのがおすすめです。先端にクレンジング剤をつけた綿棒で目元のメイクを落としましょう。

クレンジングは毎日のこと、一回一回の刺激や摩擦は大したものではなくても、小さな刺激が積もり積もれば目尻にシワを作ります。クレンジングの際は、メイクを落としきることと同時に肌に刺激を与えないことを意識してくださいね。

 

目尻の紫外線対策をすること


紫外線が肌の老化やシワを招くことは有名な話!目尻のシワも紫外線が大いに影響しています。ところが、一年を通して念入りな紫外線対策を行っている方でも、ついつい見落としてしまうのが目尻や目の周り!頬や額には何重にも日焼け止めクリームを塗っているのに、目尻や目の周りは塗り残してしまうことが多いのです。

日焼け止めクリームが目に入ると痛いですが、目尻や目の周りを避けては目尻のシワを防ぐことはできません。目に入らないように気を付けながら、目尻や目の周りにもきちんと日焼け止めクリームを塗りましょう。

アルコールなどが入った清涼感のある日焼け止めクリームを目の周りに塗ると目に入っていなくても刺激や痛みを感じることがあります。

目の周りに使用するときは、清涼感のない肌に優しいタイプの日焼け止めクリームを使ってください。こちらも、保湿ケアと同様、テクスチャーの固い日焼け止めクリームを選ぶのがおすすめです。また、サングラスで目尻の日焼けを防いでもよいですよ。

 

蒸しタオルで目の周りを温めること


目の周りの血行が悪くなると、目尻の皮膚の新陳代謝が遅れます。その結果、目尻にできたひび割れや亀裂、シワの元が目尻の皮膚に定着してしまいます。

目尻にシワを作らない・定着させないためには、目の周りの血行をよくして皮膚の新陳代謝を促すことが大切!血行をよくするために、目の周りを温めてください。アイマスクや蒸しタオルがおすすめですが、しやけどには注意してくださいね。

蒸しタオルで目の周りを温めた後は、目の周りを優しくマッサージしてあげましょう。このとき、くれぐれもこすらないように注意すること!クリームを指先につけてからマッサージをすると、摩擦による刺激を防ぎつつ、目の周りの血行をよくすることができます。

 

パソコンやスマホの画面を長時間見ないこと


目を酷使すると、目尻にシワができてしまいます。特に、パソコンやスマホ、テレビなどの画面を長時間見るのはだめ!瞬きも忘れて目を見開いたり、画面の小さな字をよく見ようと目をこらしたり細めたり……目を酷使してしまい、目尻にシワができてしまいます。

パソコンやスマホを使用するときは、1時間に1回10分の休憩を挟むようにしましょう。休憩の間は、遠くの風景を見て目から力を抜いたり、温かいスチームやクリームで目や目尻の保湿をしてください。

このとき、目をぎゅっときつくつむったり、目を手でごしごしとこすらないでくださいね。また、頬杖も禁物!頬杖をつくと、頬の肉が目の方に持ち上げられてしまい、目尻にシワができてしまいます。

 

いかがでしたか。以上が、目尻のシワが気になる方におすすめのシンプルな5つのケアでした。目尻のシワの原因の一つが肌の乾燥です。保湿ケアは目のきわまできちんと行ってください。

保湿ケアだけでなく、紫外線対策も目のきわまで!テクスチャーのかたいクリームを使用すると、目に液がたれてしまう心配がありません。

さらに、摩擦もまた目尻のシワの原因!クレンジングのときは目の周りの皮膚をこすらないように注意してください。クレンジングだけでなく、目をぎゅっとつむったり目をごしごしとこするのもだめですよ。

目を酷使した後や目の周りの血行をよくしたいときには、こすったり力をこめてマッサージをするのではなく、蒸しタオルなどで目元を温めましょう。マッサージをするときは、摩擦防止のクリームを塗ったうえで優しくマッサージしてください。

まとめ

目尻のシワが気になるときは

・ 目尻の乾燥ジワには保湿ケアが大切!こまめに保湿すること
・ アイメイクのクレンジングはこすらない!優しく落とすこと
・ 目尻の紫外線対策をすること
・ 蒸しタオルで目の周りを温めること
・ パソコンやスマホの画面を長時間見ないこと

1e3a846cb7248b2ac4977a2a536e3e7c


1e3a846cb7248b2ac4977a2a536e3e7c