肌断食の適切なやり方を知って二次トラブルを防ぐ方法

肌断食の適切なやり方を知って二次トラブルを防ぐ方法
しっかりとスキンケアしているつもりなのに、肌トラブルに悩まされることってありますよね。そんな悩みは、肌断食で改善するかもしれません。

有名人や美容家の間で注目されている肌断食。明確な定義はありませんが、一般的には、メイクやスキンケアをやめて、肌本来のはたらきを回復させることを言います。

一定期間何も食べずに体を内側からキレイにする「断食」と同じようなものです。メイクやスキンケアをやめるだけなら誰でもできると思いがちですが、軽い気持ちで始めると、かえって肌にダメージを与えてしまうリスクが伴います。

せっかく肌本来の力を取り戻すのですから、二次トラブルを防いで健康的な美しい肌を取り戻したいですよね。そこで今回は、肌断食の正しいやり方をお伝えします。



 

肌断食の適切なやり方を知って
二次トラブルを防ぐ方法

 

何もつけずぬるま湯だけで洗顔しましょう


朝起きたとき、メイクを落とすとき、入浴時など、洗顔をするときには、洗顔石けんを使いますよね。でも、石けんを使った洗浄は、肌に必要な皮脂を洗い流してしまうため、肌にとっては過剰なケア。

肌断食では、石けんを使わずぬるま湯のみで汚れを落とすのが洗顔の基本なんです。皮脂や汗、ほこりなどの汚れは、石けんを使わなければ落ちないと思っている人もいますが、これらの汚れは水だけでも十分落とせます。

実は、洗顔とは、本来「肌を守るために必要な皮脂を残しつつ、酸化した皮脂や汗、ほこりなどの汚れを落とすこと」。皮脂の分泌が過剰でない限り、石けんを使う必要はありません。

つまり、肌断食の洗顔は、本来の洗顔方法だと言えるんです。肌断食の基本の洗顔は、朝と晩の1日2回、34~37℃ほどのぬるま湯で、できるだけこすらないように洗います。

肌表面の温度は35℃ほどなので、35℃を目安に、優しく洗うことを心がけましょう。オイリー肌の人は、少し念入りに、乾燥肌の人は手早く洗うのがコツ。

鼻の周りなど、皮脂が気になる場合には、気になる部分にだけ、十分に泡立てた純石けんを乗せて洗っても良いでしょう。

 

すべてのスキンケアをやめましょう


洗顔後は、乾燥を防ぐために化粧水や乳液、美容クリームなどをつけますよね。でも、肌断食では、メイクはもちろん、化粧水やクリームなどのスキンケアもしません。

洗顔後のスキンケアは、皮脂の分泌に影響を与えています。洗顔後、何もつけずにいると、肌がつっぱるような感じがしますが、保湿することをやめれば、肌本来の働きを始めるため、皮脂の分泌も正常になり、毛穴の開きや詰まり、ニキビなどの肌トラブルがなくなります。

また、肌断食は、素肌の状態を知ることも目的のひとつ。何もつけない肌が、どんな状態なのかをしっかりと観察することで、肌に合ったスキンケアに変えていくこともできますよ。

 

乾燥が気になる場合はワセリンで保護しましょう


洗顔後、何もつけない状態で、しばらくして肌がしっとりしてくる人は、十分な保湿能力があるということ。逆にどんどんかさつく場合は、うるおいが足りていない証拠です。

肌が乾燥するということは、肌のバリア機能が十分に働いていない状態。つまり、異物が侵入しやすく、炎症などの肌トラブルが起こりやすい状態なので、二次トラブルを防ぐためにも、乾燥が気になる部分に薄くワセリンを塗りましょう。

ワセリンは、化粧水などのように肌に浸透するのではなく、肌表面を覆うことで、肌の水分蒸発を防ぎます。精製度が高いワセリンを選び、顏全体で米粒半分の量を目安に薄く塗ると良いでしょう。肌の様子を見ながら、量や回数を調整してくださいね。

 

自分に合った肌断食法を選びましょう


数日間、肌断食を行っただけでは、その効果を得られるわけではありません。早くて数ヶ月、遅ければ数年もかかるので、自分に合った肌断食法を選ぶと良いでしょう。

【本格的な肌断食】

洗顔の回数を減らす、こすり過ぎを減らす、スキンケア商品をひとつずつ減らすなどして、少しずつ肌に悪いものを減らしていき、最終的にぬるま湯だけの洗顔、ノーメイク、ノースキンケアにしていく肌断食です。これを、長期間続けます。

【週末だけ肌断食】

日焼け止めも塗らないため、外出せずにすむ週末だけ実践する肌断食です。週末だけでも肌を休ませることができるので、月曜の朝には、メイクのノリが良くなっていることに気づくはず。本格的な肌断食に比べ、効果は実感しにくいものの、毎週続けることで徐々に変化が見られます。

【夜だけ肌断食】

朝は、メイクやスキンケアをして、夜はメイクを落とし、スキンケアをしない肌断食です。毎日続けられますが、薄めのメイクを心がけるなどの肌への負担をできるだけ軽くする工夫をすることが成功のカギ。

【クレンジングだけをやめる肌断食】

肌にもっとも負担がかかるクレンジングをやめる肌断食です。クレンジングをやめるので、洗顔料だけで落ちるメイク道具を使うなどの工夫が必要になります。

 

同時に生活習慣も見直しましょう


肌断食中は、肌がデリケートになっています。せっかくの肌断食を成功に導くためにも、同時に食事や睡眠、ストレスにも気を配ることが大切です。

・栄養バランスのとれた食生活を心がける
・十分な睡眠をとる
・ストレスは定期的に解消する

など、いつもより自分に優しい生活を心がけ、肌断食の効果をアップさせましょう。

 

いかがでしたか。毎日スキンケアしているのに、肌が乾燥する、ニキビができやすい、化粧のノリが悪いなどの肌トラブルが起こることってありますよね。

そんなときには、肌の状態をリセットする肌断食をしてみましょう。多くの女性は、毎日メイクをする、クレンジングで落とす、洗顔する、スキンケアをするという一連の流れが習慣化していますが、実はこれ、肌にとっては負担でしかないんです。

洗顔石けんなどを使わずに、ぬるま湯だけで洗顔する、メイクはもちろん、化粧水やクリーム、パックなどのスキンケアをすべてやめるのが肌断食の基本。

とは言え、急に本格的な肌断食をすると、二次トラブルを引き起こすこともあるため、本格的な肌断食をする場合には、徐々にケアを減らすことが大切です。ここにご紹介したことを参考に、自分に合った方法で肌断食をしてみてください。

まとめ

二次トラブルを防ぐ正しい肌断食のやり方とは

・ 何もつけずぬるま湯だけで洗顔しましょう
・ すべてのスキンケアをやめましょう
・ 乾燥が気になる場合はワセリンで保護しましょう
・ 自分に合った肌断食法を選びましょう
・ 同時に生活習慣も見直しましょう

1e3a846cb7248b2ac4977a2a536e3e7c


1e3a846cb7248b2ac4977a2a536e3e7c