お金を貯める方法を学んで1年で目標額を達成するコツ

お金を貯める方法を学んで1年で目標額を達成するコツ
お金を貯める方法を身に着ければ途中で簡単に挫折せず、1年間という期間でも目標額を達成できそうですよね。貯金は漠然とイメージするとなかなか成果がでないもので、金額や期間など具体的なプランを立てて達成しないといけません。

1年と聞くととても長い時間のような気もしますが振り返るとあっという間。時間を有効に過ごせる人ほどお金を貯める方法をうまく実践できるといえるでしょう。でも給料が少ない、毎日の生活がやっとという人も多く、貯金するほど余裕がない状況だと目標額を達成するのはハードルが高くなりそうです。

しかしここで諦めてはだめ。お金を貯める方法はちょっとした心がけと強い意志があれば成功するのです。そこで本日は1年間でゴールを達成できるよう、お金を貯める方法のコツをお伝えします。

毎月いくら貯めるか計画を立てましょう

お金を貯める方法を実践した人で「1年間で100万円貯まった」なんて夢のようなお話を聞ききますが、思い通りに貯蓄額が増えるのは理想ですよね。実際は貯金しようとしてもなかなか余裕がなくて、結局銀行口座の残高はいつまでたっても変わらないまま。

そこでまずは1年間の貯金計画を具体的に立ててましょう。たとえば100万円を1年間で貯めるとすると、ひと月8万4000円貯金しないといけない計算になります。

もしボーナスがある人なら、10万円の貯金を年に2回プラスして毎月6万7000円に減らして12回。これは目標額が100万円の場合なので、ゴールをもう少し低く設定すれば毎月の貯金額も少なくなります。

 

頭で考えずすぐに実践しましょう

お金を貯める方法ってテレビやネットで話題になりますので、興味を持っている人は多いですよね。1年間という期間内で目標額をクリアするには、収入を増やすか節約して支出を減らすかのどちらか以外に方法はありません。

そのうち始めよう、余裕がでるまで待とう、というのは言い訳に過ぎずこれではいつまでたってもお金を貯める方法が実践できないのです。ダイエットと同じで、自分で決断したことは周囲にアピールするとよいプレッシャーになり続けやすくなります。

貯金も同様に家族や親しい人に、1年間の貯金宣言をしてはいかがでしょうか。そうすれば節約生活も周囲が理解してくれますし、なによりも自分のモチベーションにつながります。

 

先取貯金方式でプランを達成しましょう

お金を貯める方法で収入をいきなり増やすのは大変ですよね。多くの人がまず実践するのが節約で、効率的に貯蓄へつながるのは「先取貯金方式」です。毎月給料をもらったらすぐに貯金額を抜いてしまう、もしくは自動積立で勝手に引き落とされて貯める方法。

このお金を貯める方法は、無計画で使ってしまう人に有効で確実に貯金額が増えていきます。でも先取貯金すると生活費が足りなくなったどうしようという不安がありますよね。ここで考えるべき点は、計画の貯金額にいくら不足するのか。

1万円前後なら交際費などを節約すればひねり出せますが、3万円以上になると節約だけだけは追い付かないことも。この場合は貯金計画額を下げるか、バイトで収入を増やすなど根本から見直すとよいでしょう。

 

生活費を節約して貯金額をプラスしましょう 

お金を貯める方法で1年間で目標額をクリアするには、少なからずとも節約意識が必要ですよね。光熱費の節約はさほどの額にはならないかもしれませんが、節約意識を高めるために水の流しっ放しをやめる、電気をこまめに消すといった心がけが重要です。

また携帯電話のプラン変更、生命保険のプラン変更などは数千円の余裕が生まれることもありますので、貯金額にプラスできるでしょう。不要なものは買わない、食事は家でする、交際関連もできるだけ控えること。自分の支出を見直さないと予定通りの貯金プランを続けるのは困難になります。

 

自分に合った副業を探してみましょう 

お金を貯める方法で1年間集中したいという場合は、自分のライフスタイルに合わせて副業をするのもいいですよね。期間限定にすればモチベーションもアップしますし、節約生活だけよりも貯蓄額がどんどん増えていきます。

ダブルワークをする際は本業に影響がでないように注意し、バイト、自宅でできる仕事、オークションでいらないものを売るなど、自分に合った方法を選んでください。

 

やはりお金を貯める方法は頭で考えるのと実践するのではかなりの違いがありますよね。貯金は目的なしに続けると挫折しやすいため、お金が貯まったら大きな買い物をする、投資をするなど、貯金の目的を明確にしてからスタートするとよいでしょう。

1年間で目標額を達成するのは決して楽ではありませんが、貯金は無駄な買い物とは違いますので必ず自分の元に残っているもの。いらない洋服を買って後悔するよりも、楽しく節約しながら銀行口座の残高をチェックする生活のほうが生産性が高いといえますね。

「ちりも積もれば・・」というように貯金額は自分の努力の証です。貯金額がゼロ円だった人が1年間で5万円貯まるだけでも自信につながりますので、まずはスタートが大切なのです。

まとめ

お金を貯める方法で目標を達成するには

・ 毎月いくら貯めるか計画を立てましょう
・ 頭で考えずすぐに実践しましょう
・ 先取貯金方式でプランを達成しましょう
・ 生活費を節約して貯金額をプラスしましょう
・ 自分に合った副業を探してみましょう


連記事