願いが叶う方法を知って人生を好転させるコツ

願いが叶う方法を知って人生を好転させるコツ
願いが叶う方法があるならば教えて欲しい、誰もがそう思うのではないでしょうか。人によって願いは様々。お金持ちになりたい、結婚したい、あの職業に就きたい、有名人になりたい、色々な願いがありますよね。でも、願いを叶えられる人ばかりではありません。

願いが叶う人と、そうではない人には、決定的な差があるのです。願いを諦めた経験がある人は多いでしょうが、それを自分ではなく周りの環境のせいだと思っているのならば要注意。そんなあなたは、新しい願いが生まれても、また諦める羽目になる可能性が高いです。

でも、安心して。願いが叶う方法を知り、実行すれば、全てとは言いませんが、かなりの願いが叶うようになるのです。今回は、願いが叶う方法についてお話します。



 

願いが叶う方法を知って
人生を好転させるコツ

 

まずは願いが叶うために必要な情報を集める


願いが叶う方法を実践する前に、どうすれば願いが叶うのか、願いを叶えるためには何が必要なのか、まずはそれを調べることが大切です。どんなに強く願っても、漠然とした情報では具体的な方法が見つけられません。

何事も、最初にするべきことは情報収集。願いが叶う方法の第一段階は、自分の願いに関わるあらゆる情報を集めることです。

 

願いが叶うためにやるべきことをリスト化する


充分に情報収集をしたら、願いが叶う方法の第二段階に入ります。集めた情報を整理し、願いを叶えるために何をするべきなのかを考え、それをリスト化するのです。物事には順序があります。それは願いが叶う方法も同じ。やみくもに動いても効率が悪く、願いが大きければ大きい程叶えるのは難しくなります。

願いが叶うために何をどの順番でやっていけば良いのか、頭の中で考えるだけではなく、文字にしてリスト化し、いつでも再確認できるようにしましょう。

 

願いが叶うためには、とにかく1に行動2に行動


願いを叶えるためには、とにかく自分から行動しなければ何も始まりません。待っていても、棚から牡丹餅が落ちてくることは稀。願いが叶う方法は、自分が動くことなのです。

願いが叶うために行う情報収集とリスト化も、もちろん行動しているということです。ここまで来たら、リスト化した項目を地道に1つずつ、確実に実行していくのみ。

行動は必ず結果をもたらします。願いを叶えるためには、1に行動2に行動。自分が動けば確実に願いに近づくことができるでしょう。

 

何かと理由を付けて後回しにするのはやめよう


願いが叶う方法は、複雑ではなくとても単純明快、自分が行動することなのですが、それを阻害する思考が人間にはあるのです。その1つが、何かと理由を付けて行動を後回しにしてしまうこと。

「今はとにかく忙しい」「タイミングが悪い」「もっと落ち着いてからじっくり取り組もう」後回しにする理由はいくらでもあります。そして「だから今すぐには行動できない」という結論を出してしまったら、さあ大変。叶うはずの願いも叶わなくなってしまいます。

願いを叶えるのは自分自身。行動しなければ何も始まりません。後回しにするくせは封印し、行動を起こしましょう。やるのは今です。

 

可能性を決めるのは自分。「きっと無理」という思考を捨て去ろう


願いを叶えた人の共通点は、自ら諦めなかったこと。願いを叶えるために行動を続けたことです。

壮大な願い程、叶えようとする前に「きっと無理」と思って行動に移す前に諦めてしまいがちですよね。だけど、例えば宝くじで億万長者になった人は、爪の先ほどの可能性に賭けて宝くじを買ったからこそ当てることができたのです。「1等なんてきっと無理」と買わなければ、僅かだけでもあった可能性はゼロになります。

願いを叶えるためには、諦めないことです。小さな可能性も、行動を続けるうちに少しずつ大きく育っていきます。それを信じて前に進んでいきましょう。

 

願いが叶うためには、時に何かを諦める必要があることを知ろう


人に与えられた時間は1日24時間しかありません。これは誰しもが平等。そして、人には願望がたくさんあります。だけど、1日24時間という中で、あれもしたいこれもしたいと欲張ると、どれも手に入らないことがあります。二兎追う者は一兎をも得ず、です。

もしも願いがたくさんある場合は、その願いを順位づけて、どうしても叶えたいもののために、他の願いを諦めることが必要になる場合があります。大切なのは何を残すか。最も重要な願いを叶えるために、取捨選択しなければならないこともあると覚えておきましょう。

 

それは本当に叶えたい願い?自分に問いかけることも大切


願いを叶える方法、すなわちそれは行動力なのですが、願いを叶えるために行動するというのは、とてつもないパワーが必要です。どうしてもその願いを叶えたいんだという強い気持ちがなければ、モチベーションを保つことは難しくなります。

なので、その願いについての自分の気持ちを確認する意味も込めて、どれだけの苦労をしても、時間と労力を割いてでも叶えたい願いなのかを自分に問いかけてみましょう。

人は迷う生き物です。迷った時は、丁寧に時間をかけて自分に問いかけてください。それが譲れない願いならば、自分の気持ちを再確認することができ、気持ちも新たに、また頑張ろうと前向きになれることでしょう。

 

いかがでしたでしょうか。

自分の願いを叶えることができるのは、自分しかいないのです。他力本願な気持ちは願いを遠ざけるだけ。具体的に何をするべきなのか考える思考力と、どうすればその願いに近づけるのかを組み立てる計画力、そしてそれを行動に移す実行力が、願いが叶う方法なのです。

願いの大小に関わらず、それを叶えられるかどうかは、全て自分が行動するかどうかが左右します。もちろん、どんなに行動し、努力を続けても叶わない願いもあることでしょう。だけど、精一杯やりきった後の挫折は、必ず自分の人生の糧になります。決して無駄にはならないのです。

もしも、今自分の人生がうまくいっていないと感じているのだとしたら、解決する方法を考えて実行してみてください。その過程が何より大切で、幸せになるための方法でもあるのですから。

 

まとめ

願いが叶う方法は

・まずは願いが叶うために必要な情報を集める
・願いが叶うためにやるべきことをリスト化する
・願いが叶うためには、とにかく1に行動2に行動
・何かと理由を付けて後回しにするのはやめよう
・可能性を決めるのは自分。「きっと無理」という思考を捨て去ろう
・願いが叶うためには、時に何かを諦める必要があることを知ろう
・それは本当に叶えたい願い?自分に問いかけることも大切



1e3a846cb7248b2ac4977a2a536e3e7c