脂性肌がさらさらになる、ニキビ化粧水9つの秘密

脂性肌がさらさらになる、ニキビ化粧水9つの秘密
ニキビや脂性肌で化粧水に悩んでいる方は多いですよね。お昼になるともうおでこがテカりっぱなし。夕方までメイクなんて絶対持たない。そして脂性肌ゆえに、大人になってもニキビができやすい!!

もし自分の知らない方法で脂性肌の悩みから脱出している人がいるなら、是非その方法を知りたいと思いますよね。そこで今日は脂性肌がさらさらになる、ニキビ化粧水9つの秘密をお伝えします。知識をつけて脂性肌とうまく付き合っていきましょう!ではご覧ください。



 

脂性肌がさらさらになる
ニキビ化粧水9つの秘密

 

脂性肌になる原因って何?


夏でも冬でも季節関係なくお肌がテカテカしてしまう脂性肌。オイリー肌とも呼ばれている事を知っていますか?皮脂が過剰分泌をしてそれが原因でベタつきやテカリになってしまう肌質を脂性肌と言います。

実は脂性肌は顔だけに見られる症状ではありません。頭皮や背中にも見られる人もいます。一人一人体質が違うので皮脂の分泌量も違ってきますよね。生まれつきだと思っている方も多いのですが誤解があります。

食生活・生活習慣が要因となる場合もあります。間違ったスキンケアをしている事も脂性肌を引き起こすきっかけになってしまうのです。あなたの食生活はどうですか?最近で言えば12月からイベント続きで飲んだり食べたりが多かったのではないでしょうか。

糖分・アルコールは中性脂肪に作り変えられる事は多くのメディアにも取り上げられていますよね。中性脂肪が増える事によって皮脂の分泌量も増えていきます。それだけ食生活が脂性肌に影響してくる事が分かります。

食生活だけ気をつけていればという事でもありません。寝不足やストレス、疲労などホルモンのバランスが崩れる事で皮脂の過剰分泌を促してしまうのです。

原因がわかったところで皆さんが行っている間違った対策を見直していきましょう!

 

間違ったスキンケアは今日でおしまい!


あなたは脂性肌が気になって、気になり過ぎるが故に洗顔料でゴシゴシと顔を洗っていませんか?ストーップ!!その洗顔方法のおかげで更に悪化させているんです。肌は皮脂をある程度必要としています。

過剰な洗顔で必要な皮脂まで落としてしまうとそれを補おうとするので結果皮脂の分泌量を増やす事になってしまいます。とても悪循環ですよね。脂性肌だからといってお肌を乾燥させてしまう事は良くない事が分かりますよね。

じゃあどんな方法で洗顔をすれば良いのかってことになってしまいますが。朝・昼・夜と同じ方法の洗顔方法ではダメなんです。季節によっても洗顔方法は変えなくてはいけません。

冬は特に乾燥しやすい季節ですから最も気をつけなければいけない時期です。朝起きて顔がベタベタしているのが気になりますか?それは寝ている間にお肌が日中に与えられたダメージを治そうとしているためです。

せっかく治そうと出てきた皮脂を朝から洗顔料をつけてゴシゴシ洗ってしまったら朝から毛穴が開いてしまってそこに汚れが溜まってしまい黒ニキビ等の原因にもなってしまいます。

朝の洗顔はぬるま湯で優しくなで洗いをするだけで良いのです。ポイントはぬるま湯です。冷水は毛穴を引き締める効果があります。逆に熱湯は毛穴を開く効果があります。

朝は汚れも少ないのでぬるま湯で軽く落とす程度で大丈夫なのです。問題は夜ですね!朝から帰宅までもちろんお化粧を落とす事はありませんよね。お肌に塗られたファンデーションはたっぷり毛穴を塞いで皮膚呼吸を妨げています。

かと言ってお化粧無しでお仕事や外出するのは困難です。だからこそ夜のスキンケアは重要です。まずはお化粧をしっかり落とす事から始めましょう!お肌に蓄積された汚れはくすみ等の原因にもなりますので毎日の化粧落としは念入りにしてあげましょう。

そして化粧落としをしてからは洗顔料を良く泡立ててなるべく優しく丁寧に洗いましょう!ゴシゴシ洗う必要はここでもありません。泡を上手に使って洗顔しましょう。

 

脂性肌は栄養たっぷり


脂性肌に方に多く見られるのがニキビ。ニキビは毛穴がつまって毛穴に皮脂が溜まってしまい、そこに更に皮脂が分泌されてその皮脂を栄養にしてアクネ菌という菌が増殖してその菌が炎症を起こして化膿したのがニキビです。

でもアクネ菌は誰の肌でも存在する菌なのです。アクネ菌が肌にいるからニキビができるというわけでもありません。問題なのはアクネ菌の栄養源が皮脂ということです。

もう気づいてる人もいるかもしれませんが、脂性肌の人は同時にニキビにも悩んでいるケースが多いのはアクネ菌が皮脂を栄養源としているからなんです。脂性肌に加えてニキビにも悩まされ本当に頭が痛いですよね。

でも逆に考えれば脂性肌を治せばニキビも同時に治るということです。だったらニキビを治す事も脂性肌を治す事に繋がるかもしれないと考えて良いと思います。

 

ニキビを治す方法と脂性肌の関係性


ニキビを治す方法として最も有名なのが化粧水を使う方法ですね。雑誌やテレビでも取り上げられているプロアクティブなど多くのニキビ化粧水が販売されています。もちろんニキビは脂性肌の人だけに見られるものではないので肌質によって選ぶ化粧水は重要です。

ニキビのできる原因についてはお話しましたが、ニキビができるという事はお肌に余分な皮脂が多くあるか食生活や生活習慣、ストレスやホルモンバランスの崩れからも考えられます。

ニキビと脂性肌の原因はとても良く似ているということです。

 

自分に合った化粧水の選び方


化粧水と言っても目的別にたくさんの化粧水があります。肌の乾燥を抑えるための物や潤いを与えるだけではなく美白効果がある物までありますよね。そこで今使っている化粧水は自分の目的に合った化粧水なのかを判断するところからはじめましょう。脂性肌を治したいのに美白効果のある化粧水を使い続けても治りませんよね。

化粧水と一言で言ってもかなりの種類があります。一般的に使用されている化粧水は柔軟化粧水とも言います。化粧水の80%は水でアルコールや保湿成分を加えて化粧水と呼びます。

その他には美白化粧水・植物性化粧水・アルカリ性化粧水・収斂化粧水・拭き取り化粧水などいろいろな種類があります。

そして注目すべきなのがニキビ用化粧水です。ニキビ化粧水の特徴は殺菌作用のある成分が含まれている事です。今使っている化粧水がどの種類の化粧水なのかを確かめましょう。

 

ニキビ化粧水と一般化粧水の使い分け


ニキビ化粧水は他の化粧水には含まれない殺菌作用のある成分が含まれています。その殺菌作用がニキビの原因であるアクネ菌が増えるのを抑えてくれます。ただニキビ化粧水だけを使うのもお肌には良くありません。

そこでシーンによって使い分けることをおすすめします。例えば朝起きてお化粧をする前にはお肌を整えるだけの一般化粧水を使って、寝る前にニキビ化粧水を使う。

 

脂性肌にニキビ化粧水が良い理由


理由としては油分がとても多い脂性肌。ニキビ化粧水は殺菌作用の他に油分を抑える効果もあり、乾燥させてくれる働きがあります。皮脂の過剰分泌を止めてくれるということですね!

 

油分は必要ない!必要なのは水分!


脂性肌は油分は多いけれど水分は少ない人が多いです。なので水分たっぷりの化粧水を使う事によって油分は抑えられて水分は吸収できてサラサラ肌になれちゃいます!

 

知識と根気が脂性肌を治す!


知識と技を覚えたところで後は治したいっていう気持ちと根気よく向き合って治していく努力をしていくことです。続ければきっと成果は現れます!頑張りましょう。

 

いかがでしょう。ここで勉強になったことは是非すぐに実践しましょう。お肌トラブルは一人で悩まず誰かに相談して正しい知識をつけると良いですよ。ニキビとさよならする為に正しく化粧水を使って。明日からサラサラ肌になれるように頑張っていきましょう。

 

今日のまとめ

ニキビに効く化粧水の使い方

脂性肌になる原因を知ろう
間違ったスキンケアは今日でおしまい!
脂性肌はニキビの栄養たっぷりです
ニキビを治す方法と脂性肌の関係性
自分に合った化粧水の選び方
ニキビ化粧水と一般化粧水の使い分け
脂性肌にニキビ化粧水が良い理由
油分は必要ない!必要なのは水分!
知識と根気が脂性肌を治す!

1e3a846cb7248b2ac4977a2a536e3e7c