猫背の直し方を学んで、きれいなシルエットを手に入れる秘訣

猫背の直し方を学んで、きれいなシルエットを手に入れる秘訣
猫背の直し方を正しく習得しないと年齢を重ねるごとに体にも負担がかかり、腰痛や肩こりなどが続くのは辛い悩みですよね。姿勢は子供の頃に親に叱られて食事をしたり勉強をした経験があるかと思いますが、毎日無意識にやってしまう猫背は見た目が悪く、実年齢よりも老けてみられる場合もあります。

猫背の直し方を学び今日から気持ちよく胸を張って生活をスタートしてみませんか。背筋がピンと伸びている人は背がすらっと高く見え、とても自信に溢れた印象を受けます。姿勢は人に与える第一印象を左右する場合もありますので、まずは鏡で自分の姿をチェックしてみましょう。

長年続く悪い姿勢はあらゆる面で悪影響となりますので、自分でできる改善方法を始めることが大切です。そこで本日は姿勢が不安な人におすすめの、猫背の直し方についてお伝えします。

 

猫背の直し方を学んで、
きれいなシルエットを手に入れる秘訣

 

正しい姿勢かどうかセルフチェックしてみましょう

猫背の直し方を実践する前にまずは自分の姿勢をチェックして、周囲にどのように見えているか把握しないといけませんよね。自分の姿はなかなか気が付かず姿勢はクセなので知らない間にやってしまいます。

まずは壁に沿って立ち背中をぴったりつけてください。このときに肩とおしりが壁につけばOkですが、背骨が壁にあたる場合は猫背になっている可能性があります。

また鏡に向かい横向きに立ってみましょう。意識せず立った姿がなんとなく背中が丸くなっている、お腹がたるんでしまう場合は背筋がピンと伸びていないサインです。

 

肩甲骨を鍛えるストレッチをしましょう

猫背の直し方は体のあらゆる筋肉がポイントになりますが、そのひとつが肩甲骨であまり普段意識しない部分ですよね。肩こりが激しい時に軽く上下したり肩を前後に動かすことはありますが、肩甲骨部分の筋肉をあえて鍛えることは少ないと思います。

この部分が弱くなっていると自然と上半身が前のめりになってしまうので、猫背の直し方を行うときにぜひ意識したいところです。左右の肩甲骨を背中の真ん中に寄せるようにストレッチしてみましょう。

寄せた状態で10秒間そのままの姿勢を維持して元の位置に戻ります。このストレッチを10回1日3セットを目標に、肩がこる時や長時間パソコンを使う時に行いましょう。

 

姿勢を悪くする習慣を変えましょう

猫背の直し方はどんな時に姿勢が悪くなるのか、自分のクセがでやすいタイミングを知ることが大切ですよね。猫背は常に背中が丸まっている人もいますが、それ以上に特定の作業や動きをするだけ猫背になる人が大変多いといわれています。

そんな姿勢が悪くなる習慣にターゲットを置いて改善していけば、猫背の直し方も効率的になります。例えばパソコン、一日座りっぱなしで前のめりになって画面を見ていると自然と背中が丸くなってしまいます。

またスマホを見る時も画面に顔を近づけたりソファーに寝転がってみるなど、自分のクセを見つけることがポイントです。

 

インナーマッスルを鍛え姿勢を正しましょう

猫背の直し方は原因に合わせてアプローチすると効果が実感しやすく、人それぞれ猫背になる理由は異なります。姿勢が悪くなるのは生活習慣がもっと大きな理由ですが、年齢ともに運動量が減りなんとなく猫背になってしまうことがありますよね。

筋肉量は加齢とともに減少しますので、姿勢に一番影響を与える背中の筋肉を鍛えると真っすぐな姿勢が維持しやすくなります。

しかし猫背は背中の筋肉だけをやみくもに鍛えるだけでは効果がなく、姿勢を維持する土台となるインナーマッスルを鍛えることが大切です。ヨガやウォーキング、ストレッチなどを毎日継続して体幹を意識したエクササイズをプラスしてください。

 

猫背が招くダメージを覚えておきましょう

猫背の直し方は姿勢のクセを直したり、運動するなど色々な方法がありますよね。しかし意外と猫背の本人は背中が丸まっているほうが楽に感じてしまうなんて場合もあります。猫背の直し方をなぜ行うべきなのか、悪い姿勢が健康に与える害を知っておく必要があります。

猫背だとまず胃腸器官に負担がかかり便秘や消化不良を起こし肥満になる可能性が増えます。さらに骨盤に負担がかかるので女性の場合は婦人病のリスクも高くなりますし、血流が悪く体の冷えや老廃物が溜まりやすいとったデメリットもあるのです。

 

いかがでしたか。猫背の直し方を学び綺麗な姿勢を手に入れることで、いつもうつむきがちだった自分にもっと自信がわくようになります。姿勢が悪いとなんとなく元気がないイメージを人に与えますし、若々しい体型からはかけ離れてしまいますよね。

猫背を矯正するためにはできるだけ毎日の生活で意識をしながら、同じ姿勢を続けないようにする点が大切です。猫背を改善するクッションなどもありますので、便利なグッズをプラスするのも良いでしょう。

きれいなシルエットの人は見た目だけでなくいつも前向きで、自然と笑顔もたっぷり溢れています。自分の魅力を引き出すためには気持ちを入れ替えて、背筋をピンと伸ばしてみましょう。いつも誰かに見られると思いながら猫背の直し方を今日から実践してください。

まとめ

猫背の直し方を学ぶ秘訣とは

・ 正しい姿勢かどうかセルフチェックしてみましょう
・ 肩甲骨を鍛えるストレッチをしましょう
・ 姿勢を悪くする習慣を変えましょう
・ インナーマッスルを鍛え姿勢を正しましょう
・ 猫背が招くダメージを覚えておきましょう


連記事