妊婦の運動!安産に向けてやっていいこと・悪いこと

妊婦の運動!安産に向けてやっていいこと・悪いこと

妊婦さんが運動をすると安産になると聞いたことはありませんか。最近ではエアロビクス教室やスイミング、ヨガ教室など妊婦さんを対象にした教室もたくさん開かれるようになってきました。妊娠中でも体調が良ければ、適度な運動は体の調子を整えたり、出産時に必要な筋力がついたりするばかりでなく、日常生活の気分転換やストレス発散に有効とされています。

しかし、これだけ様々な選択肢があると逆にどんな運動をすれば良いのか迷ってしまいますよね。安産にむけて運動をするはずが母体やお腹の赤ちゃんに問題を起こすようでは本末転倒です。今回は安産に向けて妊婦さんがしてよい運動、控えたほうが良い運動についてまとめましたのでお伝えします。妊娠期間の運動を選ぶ際の参考になさってくださいね。



 

妊婦の運動!安産に向けて
やっていいこと・悪いこと

 

無酸素運動は避け、有酸素運動をしましょう


妊婦さんに適した運動は有酸素運動とされています。運動には有酸素運動と無酸素運動があります。有酸素運動とは軽度または中程度の負荷の運動を長時間行うことを指し、エアロビクス、ウォーキング、スイミングなどがこれに当てはまります。一方、無酸素運動とはぐっと息を詰めた状態で高負荷の運動を指し、筋トレや短距離ダッシュなどがこれに当てはまります。

常識的に考えてお腹に赤ちゃんがいる妊婦さんが高負荷の運動をすることは危険を伴いますので避けましょう。ただし負荷が軽いダンベルなどで出産時に必要な筋力をつけることは構いません。その場合は、息を止めたり、お腹に力を入れるような無理は決してしないようにしましょう。

 

一人で気楽にウォーキングをしてみましょう


妊婦さんの運動で一番のお勧めはウォーキングです。妊娠期間中は日によって体調が良かったり優れなかったりとデリケートになります。自分の体調の良い日、体調の良い時間にさほど準備をしなくてもできるのがウォーキングです。

天気の良い日にお散歩することは気分転換やリフレッシュにもなりますので、出産に不安を感じやすい妊婦さんにはもってこいの運動といえるでしょう。ウォーキングをする際は歩きやすい平坦な靴を使用し、決して無理をしないようにしましょう。妊娠中期で体重の増加が気になる場合は30分以上ウォーキングすることによって有酸素運動の効果が得られるでしょう。

 

皆で楽しくヨガやエアロビクスをしてみましょう


一人で過ごすより大勢で過ごすことが好きな方や、マタニティママのお友達を作りたい方はマタニティヨガやマタニティビクスの教室がお勧めです。妊婦さんに適したメニューを指導してくれるので安心して参加することができるでしょう。楽しい音楽に合わせて踊るのが好きな方はマタニティビクスを、ゆったり静かに体をほぐすのが好きな方はマタニティヨガが良いでしょう。

楽しいリズムでママが楽しい気持ちになることはお腹の赤ちゃんの胎教にも良い影響を与えるでしょうし、ゆったりしたヨガで体をほぐすことは精神の安定にも良いとされています。

 

もっと簡単に運動をしたい方はストレッチやマッサージをしましょう


自宅でテレビを見ながら、好きな音楽を聴きながらなど空いた時間に手軽に運動をしたいと考えている方にはストレッチやマッサージがお勧めです。全身のストレッチやマッサージは体の血行を良くし、妊娠期間中に悩まされるむくみの解消にも効果的です。

また、出産までに股関節を柔軟にしておくと安産につながるとされています。股関節が硬いと赤ちゃんがスムーズに出てこられないからです。時間を見つけては股関節のストレッチを行ない、股関節を柔らかくほぐしておきましょう。

 

母体やお腹の赤ちゃんが危険にさらされる運動は控えましょう


筋トレや短距離ダッシュのような無酸素運動の他にも妊婦さんにお勧めできない運動があります。サッカーやバスケットボールなど転倒や衝突の危険があるスポーツは危険ですのでやめましょう。お腹を激しく上下させる縄跳びや、自転車を激しく漕ぐような運動や、長時間プールに入ってお腹を冷やすような運動も控えたほうが良いでしょう。

 

以上、安産に向けて妊婦さんがしてよい運動、控えたほうが良い運動についてまとめてきましたが、いかがでしたでしょうか。妊婦さんの運動は出産時や産後の育児で必要な体力や筋力をつけるのに効果的だったり、出産時に重要になる股関節の柔軟性を養うのに良いとされ広く推奨されています。しかし、妊娠中は精神的にも身体的にもデリケートになりやすいものです。

あれこれ運動をしてはいけないと考えてストレスに感じるのもいけませんし、運動しなければと考えてストレスになるのも良いことではありません。自分が楽しい、やりたいと思える運動を取り入れ楽しみながらすることによってお腹の中の赤ちゃんもママと一緒に楽しい時間を共有できます。生まれる前から赤ちゃんと楽しい時間を共有すれば、ますます赤ちゃんに会える日が楽しみになること間違いなしです。

 

まとめ

妊婦の運動!安産に向けてやっていいこと・悪いこと

・妊婦さんの運動は無酸素運動を避け、有酸素運動をしましょう
・一人で気楽にするのが好きな人はウォーキングをしましょう
・皆でわいわいするのが好きな人はマタニティビクスやマタニティヨガをしましょう
・手軽に運動したい人はストレッチやマッサージをしましょう
・妊婦さんの運動で股関節を柔らかくする運動は重要なので是非取り入れましょう
・妊婦さんや赤ちゃんに危険にさらされる運動は避けましょう

1e3a846cb7248b2ac4977a2a536e3e7c